【NCP50系】シートの流用と細かな違い

今でこそ、社外メーカーの取り付け車輌一覧を覗いてみると、プロボックス/サクシードと言う車輌項目が出てくる訳ですが、初期にはヴィッツRSのシートが流用出来る!60系イストのシートが流用出来ると一喜一憂していた時代があったのですよ。 そして時は流れて2021年原点回帰の移植作業の話をここでするのです。

グレードによる差

左がエクストラパッケージリミテッド、右がサクシードULのシート。 ヘッドレスト別体の物に関してはクッション性能は変わりません。表面のカバーの触り心地に変化を感じるだけになります。シートカバーを付ける方ならリミテッドシートにわざわざ交換する必要もないかも。同程度の中古シートならリミテッドの方が高値で取引される事が多いです。何もカバーを取り付けずリミテッドシートを堪能したいと言う人だけにおススメするお話です。

取り外しに関して

警告灯の配線は運転席、助手席共についているので手前からコネクタで外す。

シート後方は気持ち程度のカバーが取り付けられている。先程の画像にあるようにフロント側はボルト剥き出しなのになぜ後部だけカバーを付けたのか…。 一応後席に人が乗った時に引っ掛からないようにした配慮なのだろうか?

シートベルトの受け側は14mmで取り外す事が出来る。ただ今回はプロボックスからサクシードに載せ換えるだけなので、作業としては必要が無い。逆にヴィッツに積む、イストに積むとなる場合に必要な作業となる。

交換が完了すると、ドアの内張りに違和感を感じてしまいますね。やはり内張りも交換しないとちぐはぐ感が出てしまいますがまた後日そちらの作業を行いたいと思います。

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です