【NCP50系】シートの流用と細かな違い

ワゴン/バンの違い

シートバックロックストライカーと言われる背面を固定する金具なのですが、ワゴンとバンでは形状が違います。こちらはバンモデルになります。

そしてこちらがワゴンモデルのシートバックロックストライカーになります。単体で見てみると、以下のようになります。

ボディ側のボルト位置を合わせた状態で上から写真を撮るとロックされる位置が前方(写真左を前方として撮影しています)でロックされる事がわかります。これはバンは「荷台に荷物を積む」と言う前提で作られているので、背面が直角に近い方向で固定されるようになっていて、ワゴンでは逆に「シートに人が座る」前提で背面に角度を付けて座り心地を優先しています。 ほんのちょっとの差ですが少しのドライブでもこの違いは身体に来ますので、縁があれば、部品交換をしても良いかもしれません。

ちなみにですが、バンモデルの直立背面タイプのは160系でも使われている現役部品になります。 …と言う事は160系のバンを自家用で使われている人は50系ワゴン用を流用出来るという事ですね。ブームですからこの情報は必要かも?

  • 【72601-52240】 リアシートバックロックストライカ(右)
  • 【72602-52120】 リアシートバックロックストライカ(左)

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です