純正ステアリングの話【赤いヨタハチ再生記】

広告を見ていく

最近だとスキャンダル系の雑誌がメインで芸能に疎い人故「どちらさまの下話ですか?」って事が多い。新聞で車の本の情報を知る事も多々あった記憶が少しある。岡崎宏司氏は2022年9月も現役で自動車評論家をしている。 wikiにもこの本が著作のリストには入ってない。読みにくいが「いざと言う時のスピンターン」の文字があるがそんないざと言う時は免許を取ってから数回しかない。

山海堂と言う出版会社は2007年に無くなっている。それでも15年前の話。ギャランGTOの文字がある辺り、まだまだレース出たての一年生辺りの紹介がされていたのかもしれない。(ギャランGTOは1970年より発売)

黒沢元治氏はレーシングドライバー、自動車評論家と活躍し、今は現役でYoutubeで動画も投稿している(ガンさんチャンネル)。 『女のコはデパートの下着試着室で何をする!?』って試着じゃないんですか!? 可愛いコちゃんとかもう時代の文章が笑いを誘います。

MG5、名前は知っていたのですが、イギリス製スポーツカー『MG』と「Modern Gentlemen(現代の紳士)」、「ベタベタしない」「テカテカ光らない」「ソフトに仕上げる」「栄養を与える」「簡単に洗い落ちる」の5要素でMG5と言うのを知ったのは今である。新聞に書いてある価格から現在の価格は随分変わりましたね。

created by Rinker
資生堂
¥2,221 (2022/11/29 22:00:52時点 Amazon調べ-詳細)

番組表を見て驚いたのが、このステアリング自体、北海道にあったやつだったんですね。STV、HBC、HTBと道民には馴染みある文字が並びますね。ここを見てる人だと、この番号で言う人まだ結構居そうですよね。

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です