【NCP13】ヴィッツRS、納車整備完了

しばらくお預かりしていた初代のヴィッツRSですが、一個やると違う所もNGな個所が多々見つかり、一区切りがつき納車可能となりました。今回は総集編(?)になります。

入庫から完成まで

そもそも初めはブレーキの鳴きが始まりの場所でした。今回は4輪すべてにO/Hを実施し、一緒にとバックプレートの交換を実施。

ヴィッツRSのブレーキ整備を含む忘備録

最終的にマフラーの塗り分けはこのようにし、車輛に取り付け。

外した純正マフラーはなかなかくたびれていました。

折角なので、応急タイヤ保管部にジャッキを当てられ変形した物をたたき出して定位置に戻す作業。トランクの応急タイヤ位置も元通りになったのトランクの収まりもよくなりで、防腐を兼ねて近辺を塗装する事にしました。

装着後、社外感はほぼ無いですがとても落ち着いた感じが出たので満足です。

社外マフラーは塗装しよう

今回はこちらで選定すると言う事で、安価に抑える為に社外品に変える方向で進めました。自分の車なら選びたい放題なのですが、人の車だとなかなか選定が難しいですね(使い方、音量などなど)

 

入庫時はこのようにくすんで見えるヘッドライトでしたが、研磨+ウレタンクリア塗装しました。

接触を起こしてフレーム側のステーが変形していた為、出来るだけの範囲で板金を行い、左右のチリもマシになる程度まで回復。部品交換は金銭的理由で行えない為、ガタツキは極力無くなる程度の修理。ヘッドライトを綺麗にした事で、見栄えも実用も良くなったかと思います。

グリルも少しくすみがあったので、綺麗に洗いウレタンクリアを塗布。

ミラー収納のギアに不具合が出ていたので内部ユニットを交換。塗装をしない方向で作業を進めていたのでプラスチック部は車体に最初からついていた物をそのまま使用した。

運転席のドアノブは使用頻度が高い訳で、傷が多かったのでウレタンクリア塗布。

Vit’zRSの純正アンテナは細長い物がついていたのだが、劣化で折れてしまっていたので、今時の(?)短くて太いアンテナに交換。ラジオはほとんど使わないとの事なので折れてても気にならなかったとか…。でもこちらは気になるんです(笑)

作業内容一覧

  1. ブレーキO/H+フルード交換
  2. バックプレート交換
  3. アンダーコート塗布
  4. ヘッドライト研磨
  5. ドアミラー内部モーター交換
  6. 各所ウレタン塗装
  7. マフラー交換
  8. スペアタイヤ部補修
  9. フロントバンパー取り付け部補修
  10. ラジオアンテナ交換
  11. インナーフェンダーカバーの補修

今回の内容は塗装の項目が多かったり、ある部品を上手く補修する作業が多く手間取りました。…正直外に遊びに行ってる時間も長い訳ですが一つ仕事が終わったので、次に入ってくる車輛の準備を始めたいと思います。

投稿者:

激団くりおね

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です