ピクシスエポック、フロアマットの互換性

ただ、純正フロアマットを付ける。そんなくだらない事だけを書く僕ではない。これを書くには意味がある。そして自分への戒めの意が含まれる内容となっている。

【事の経緯】

2020年2月16日に車を契約したのですが、その車には純正のフロアマットは装着されておりませんでした。昨今の自動車は純正でフロアマット+フロアマットフック(ベースフック)でズレ防止が付いているのですが、買った車は社外汎用品で寸法もちょっと合っていない感じでした。 そこで契約書を書きつつ、純正フロアマットをネットで探し、契約書が書き終わる頃にはすべての手配を終了させていました。 そのながら作業が仇になり、LA310(初代)と言う型式の車を買ったのに、フロアマットはLA350(2代目)の物を買ってました。 この間違いに気付いたのは、3月に入り、納車日が確定し、任意保険の切り替えの為コピーを送って貰った時でした。 自分の手違いであり、返品も出来るが申し訳ない。 じゃあ同じピクシスエポックならワンチャン形状近いかも?と思い取り付ける事に。

【助手席フロアマット】

助手席は割と問題なく汎用品に比べると落ち着きも良い感じになっています。これがこの型式純正品と言われても違和感はないレベルかも。ちなみに純正でもズレ防止のフック等は存在しないので落ち着きのあるポイントを探す自由度は高い。

【後席フロアマット】

後席のフロアマットはどうだろうか?と合わせてみると、こちらも特に違和感を感じることなく収まりました。 初代、二代目共に設定が無いのですが、フロアトンネル(真ん中の凸部分)にマットの設定が無いのが不満です。 ここは後に納車時についてた汎用品の物をフロアトンネル部だけを使用します。 フル乗車は恐らく無いでしょうが、汚れるのが嫌なので…。

【運転席フロアマット】

LA310用とLA350用では大きな差としては、手前に写る「PIXISのタグ」の所が真っ直ぐ後方に向かっているか向かっていないか、ブレーキペダル左側で切れ目が有るか無いかが目立ちます(ヒールパッド辺りまで裂けている形状)。 しかしながらこちらもそこまで違和感を感じる事はありませんでした。…むしろ310用より350用の方が有能なのでは?と思う位。 しかしLA310用と350用ではフロアマットベースフックの形状が違うと言う事でドア側しか使えないようです。次からはベースフックの検証をしてみます。

投稿者:

激団くりおね

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です