【E90】BMW 320i エンジンオイル&オイルフィルター交換

どの車でも切っても切れない縁である日常メンテナンス。その中でもオイル交換は特に重要な項目であると僕は思ってます。 例えば冷却水が少ないとオーバーヒートを起こしたり空調が利かなかったりもあるが、エンジンを載せ換えるまでの故障にはなりにくい。エンジンオイルはエンジン不具合に直結する物と考えているからです。

エンジンオイル

先に話したのは極論的な物なので、水物(冷却水、オイルetc)はマメに見た方が良いのはもちろんなのだが、今回はエンジンオイル&オイルフィルターに特化した僕の覚書になるのでそこに注目して書き綴っている。 しかしこの手の内容にある「全合成が云々、硬さ云々、メーカー云々」の話は基本的にしない。 その手の話はギアオイル並に粘々した論争が巻き起こるからだ。

各確認と交換部品、工具の調達

E90の320iエンジン型式は「N46B20B」と「N43B20A」が存在する。国産車で言えば前期型後期型でエンジンが変わっているという事になる。 ともにオイル量は4.25L(フィルター同時交換時)となっている。 エンジン型式の数字が小さい方が後期型になる。 しかしN46の前期型エンジンは2004年から2015年まで製造がされているがN43の後期型は2006年から2013年製造と、面白いのがN43(後期型エンジン)より生産年数の終わりが長いと言うのも不思議な話だ。

オイルフィルタレンチも用意した。車に何かするとなると工具は欠かせない。これ以降BMWに縁が無かろうが、工具は有って損する物でもない。

オイル交換の目安(独自)

BMWはネットで調べてみると丁度このE90型辺りから開発されたとされるロングライフオイルの導入がされている(2002年-)。その名の通り、従来では1年10,000キロの交換頻度が、2年2~30,000キロと延長された物が採用されている。 と言ってもこれは純正オイル+ドイツでの使用と言う条件が入っての話だと思う。 ドイツは札幌より北に位置し、最高気温は年間を通して低く寒暖差が激しいとは言えない。少なくとも北海道の夏の30℃超えから冬の-30℃度の気温差60℃などの話はそうそう出てこない。 湿度に関してもそうだ。 ドイツでは年間通して70%位に対して日本では30%前後の上下幅がある。梅雨やら冬季の乾燥注意報がある事から見ても気候がイコールになってるとは言えない。 とは言えオイルを見て交換時期を把握出来るかと言うとそうもいかない。 E90型になるとオイルレベルゲージが存在しないが、室内にてセンサーからの情報を元に交換するのがもっとも良いのかもしれない。

もちろんオイルコンディションは目に見えないが、オイル量だけは教えてくれる。日本車に比べればオイルを燃焼する傾向にあるので、minまで落ちると「1L補充してください」と言う表記が出る。そこがオイル交換する時期だと判断しておけば良いかなと思う。 今回は前オーナー交換時から丁度5,000km辺りだった。しかし5,000kmでオイルが1L消費しているのか怪しいところである。ちなみに上でイメージとして掲載したのはオイル交換後、アイドリングして5分頃の写真だ。

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です