トヨタスポーツ800【UP15】の2Uエンジン

北海道のトヨタスポーツ800…ヨタハチ事情は冬眠時期に入っております。全国的な豪雪なので、北海道に限らずあまり出歩く事はないのではないでしょうか? そんな暇を持て余して車庫の整理を進めていると少しばかり興味深い物が見つかったので、参考資料として、公開してみようと思います。

2Uエンジン

2Uエンジンは3種存在する。

  • 2U…パブリカ800スーパー、パブリカコンバーチブル、ヨタハチ
  • 2U-B…パブリカトラック、バン、ミニエース、ライトバスクーラー用
  • 2U-C…パブリカ800(ベーシックグレード系)

大雑把に味付けが違うと言う感じで捉えてもさほど問題は無いと思います。ちなみに『U』は700ccのエンジン、『4U』はスバル『FA20』のサイオンFR-Sのエンジン名となる(日本ではFA20で公開)

今回の注目点

今回、エンジンの製造刻印、車体で言えば車体番号のようにエンジンにも番号が振ってあります。ただし、エンジン番号と車体番号はヨタハチに限らず一致する事はまずありません。 ネットでそこまで調べ上げてたり現物の写真が掲載されている事もほぼほぼありません。 …ここでもすべての情報を網羅する事は出来ません。一つの参考ページとしての記事になります。 先に説明した「Uエンジン」「2Uエンジン」と「U」以降の数字は連番になっていると言う話から進めています。

所有する2Uエンジン刻印

今回発掘した我が家最古の2Uエンジン(2U277248)。馴染み深い(?)ゼッケン20番の浮谷東次郎仕様のレプリカのヨタハチでは、『2U339603』で、2Uエンジンの中でも初期型と言われている。それをさらに上回る初期型モデルは北海道に流れ着いていた。残念ながらオイルフィラーが無い状態なので、どうしたものか…。

『2U502960』、これはパブリカトラックから採取した物だったと思う。パブリカトラックは二台程書類が無い個体を農家さんより譲り受けていたのでエンジン単体で保管している。

『2U530190』、これもパブリカトラックから採取した物だったと思う。右上にシングルキャブがそのまま取り付けられている状態で保存してるので整備したら使えるハズ。

『2U560256』、今回55周年の帰り道に壊した(?)エンジン。コンディションは良いけどこれはパブリカのエンジン。

『2U588630』、これは55周年前に積んでいたエンジン。オイル交換をするようにエンジンを軽率に交換しています。これもパブリカのエンジンだったと思います。

『2U626031』、これはミニエース(UP100)から摘出された物。今気付いたけど、ボルトの長さがなんかおかしくない?

ここまで6基のエンジンの刻印を写真に収めたのだが、現状で車体に搭載されている2基のエンジンの写真を撮り忘れていました。 しかしながら冬眠の為奥に押し込んでしまい、写真を撮る事が不可能な為、春か夏に時間を作って掲載しようと思います。

2U刻印

この写真を撮る前に『2U〇』…Uの後の一桁目がパブリカ、ヨタハチ、ミニエースで異なる物だと思っていましたが、実際には関係が無いという事が判明しました。 また『U』『2U』エンジン搭載車で連番が続くと『2U626031』はクラブ発表による約63万台の生産台数からみてもほぼほぼ最終型の2Uエンジンと言う可能性もありますね(実際ヨタハチの生産台数が少なく掲載されているので言われてる数値にて計算を当てはめると製造ライン上で最後に出る車と一緒に出たレベルのエンジンとなります) エンジンの刻印一個でもなかなか興味深い事が掘り下げる事ができますね。

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

「トヨタスポーツ800【UP15】の2Uエンジン」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です