【見学2022】小樽クラシックカー博覧会 Vol.2

懐かしアイテム

Twitterでまったく同じアングルで撮っていたフォロワーさんが居ましたが、各フォグ、電球式字光ナンバーの独特の厚み。今ではLED化されて薄型になっていますが、こういった部分も拘りが二極化してますね。当時風にするか、現行風に仕上げて乗るか好きな方を貫けば良いんです。

Z、Z、ゼェッッット~

日本車らしくない(?)スラっとした鼻。この車の特徴ですね。新しいフェアレディZも血筋が生きている感がしてとても興味深い。

ワイド&ローでその存在感はただただカッコイイ。こちらのZのオーナーさんは元々ヨタハチに乗っていて交流があったのですが、拘りがなかなか強い人です。 …クラシックカー乗りは大体拘りが強い人多い気がします。

ハコスカ

スカイラインも今回はいつもより台数が少ない印象がありました。この角々したボディやっぱかっこいいんですよね。たまにハコスカの近くに寄っては「オーナー面」するように立つのですが(?)、全然僕には似合わないのを実感しております。 近しい所でハコスカ好きの部屋の管理人さんは実際にお会いした事がありますが、「ハコスカ乗り」ってのが車が無くてもその雰囲気があったりします。 …そもそも僕は日産車全般似合わない事で有名です。

27レビン

オレンジ色に輝くレビン。モスグリーンも好きですが自分はオレンジで乗りたいなと思って昔々、当時乗っていた101レビンを試しにオレンジで部分的に塗って失敗して再度白に全塗装したと言う過去を思い出します。若い頃に貯金が出来ていれば今の人生も少しは違ったのかも? 今ではヨタハチ直すので精一杯です。ヨタハチにはゆりかごから墓場まで頑張ってもらいます。

S800クーペ、ホンダ Z、カローラとここら辺は小西自動車繋がりで並んでいるようです。どれも綺麗に乗られていて青空の中光っていました。

created by Rinker
¥1,210 (2023/02/04 21:04:09時点 楽天市場調べ-詳細)

 

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です