【見学2019】WAKO’S CAP 第3戦 -JPSC-プロサク選手権in十勝⑤

MSGアクティブ号

モータースポーツガレージアクティブのサクシード。スーパーゴッズ棒シリーズでプロサクオーナーでは有名。プロボックス/サクシードは特に荷物の積み下ろしを考えて開口部が広い。そこに補強を入れてあげればしっかりする。 頭の中では良くわかっているけどそれをメイクトライで形にしているのはとても参考になりました。

例えばAピラーバー。荷物を積む関係上ロールバーを組む事が出来ないとなると比較的気軽に取り付ける事が出来る気がする。そしてこの段階でAT車だと言う事を知る。

Bピラーバーも装備されている。予備知識無い状態で車輛の走行状態を見ているとカチッカチッとスマートに見えた秘密はここだろうか?

ヘッドも綺麗に塗装されている。アッパーサポート、天使のNEJIを装着。細かい所まで見ていくと本当に時間が足りない。補強を施すならまず車体下部からと言うお話がとても参考になりました。

ボンネット裏に装備されていたのは、NCP13ヴィッツRS TRDターボ純正ボンネットエアダクトと思われる。しかしこの車両にはターボは装着されていない。 なぜついているのか?エンジンルームの冷却効果上昇?または補器ベルト冷却導入? …ターボ換装への下準備?ちょっと気になるパーツだ。 そしてBピラーバーの紹介で写っている荷物を見てわかるかと思いますが、そのまま自走で苫小牧フェリーターミナルまで去って行きました。遠征お疲れ様です。

投稿者:

激団くりおね

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

「【見学2019】WAKO’S CAP 第3戦 -JPSC-プロサク選手権in十勝⑤」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です