【見学2019】WAKO’S CAP 第3戦 -JPSC-プロサク選手権in十勝⑤

Jump off/P-FINE号

今回の優勝車。シンプルに営業車、フロントから見ると、牽引フックとフレッシュエアを取り込むダクトがついている程度で速そうに見えない?いえいえ、商用車ってのはノーマル然としたプロボックス、サクシードの方が速いって右車線を見てればおわかりいただけるだろう。

後ろから見ると砲弾マフラーがついて程よく車高が下がっている。僕の「程よく」の基準は街乗りが苦にならない程度のダウン量の事を言う。タイヤ性能、サスペンション性能を生かすべく(?)少しフェンダーは弄っている様子。

この画像だけを検索サイトなどから発見した場合なんて事はないだろう。

フェンダーまで写してこそ、この凄み。プロボックス/サクシードでのブレーキ流用と言えばヴィッツRSが有名、ここで少し説明すると160系(後期)でもブレーキは一回り大きくなっているが、50系とナックル-サスペンションとの繋ぎに問題がある。50系はボルト位置が(|)の状態で、160系はボルト位置(/)の状態になるのでポンでは付かない。 そしてここをよく見られてる方の一部には「画像コラージュでしょ?」って疑われそうなので、お問い合わせは下記参照でお願いします。

投稿者:

激団くりおね

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

「【見学2019】WAKO’S CAP 第3戦 -JPSC-プロサク選手権in十勝⑤」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です