あれから一年…北海道胆振東部地震を体感して。

北海道胆振東部地震から一年が経った。道内統計史上初となる震度7を厚真町で観測した大きな地震。もちろん自身でも初めて体験した自然災害、出来れば人生では味わいたくない体験だが、またいつ来るかわからない対策への参考資料として書き留めておく。

台風一過との格闘

実は2018年9月5日、台風21号が北海道を通過していたのですが、ご近所さんの車庫の屋根が飛び、電線が切れたらしく電力会社の広報車が近郊をアナウンスしていた。我が家近郊では実は『ブラックアウト』前からすでに停電が発生していた。復旧したのは2018年9月5日の18時頃だったと記憶している。

北海道胆振東部地震発生

03:08地震発生(公表は2018年9月6日AM 3:07)。 良い子はすでに寝ている時間だが、ガラスのハート、豆腐メンタルの僕は、9月5日の停電で体調バランスを崩していたので起きていた。いや電力が無いと出来ない作業に没頭していたともいう。危機を感じ居間の方へ移動する。

03:10 停電

9月5日の停電により頑張っていてくれたスズキの発電機を労わる為に、メンテナンス予定だったが、再度発電して頂く事になる。頑張れ超頑張れ。この時ばかりは頼もしく思える。 とりあえずインバーター発電機では無いが、TVと冷蔵庫を稼働させる為に使用。

04:37 TVにて道内の情報を調べる

まだまだ暗い中、液状化現象があるなどのまともな情報や、動物園から動物が逃げたなどのデマなどが飛び交う。先に言ったように、TVは発電機により稼働している。

06:00 開店のセコマがシャッター閉まったまま。

コンビニと言えば24時間営業のイメージが強いだろうが、セコマ(セイコーマート)は6:00-24:00など、各店舗によって異なる。普段は6:00前に開いてるシャッターも閉じたままになっている。

06:20 頑張ろうと言う気持ちになる

名塚佳織さん(@nazukakaori)よりエールを頂く。ヲタクちょろい。何気ない事でも気分が少し落ちていたので少し軽くなった気がします。

08:00 多くのコンビニでシャッターが閉まったまま。 定時出社。

停電と共に、電話回線が不通になっており仕事があるのか無いのかも実際わからない。とりあえず向かう事にした。家に居てもよかったのだが、「いつもと違う事」をする不安を払拭したいのか、会社へ向かう。

08:30 休業解散

仕事では電力を使わないと作業が出来ないので休業と言う事で業務連絡のみで解散となった。すべての業務は翌日以降と言う事になった。

09:30 コンビニのシャッターが開く

停電は継続している為、冷凍庫が機能していない。アイス等の無料配布が行われる。レジも現金のみの受付となっている。電池・水を求める人が多い。 セコマオリジナルのワサビラーメンが売れ残るが、個人的に普通に買えるのが嬉しいのだが、食欲が一切ない。

投稿者:

激団くりおね

北海道を拠点に全国展開してる Garage激の総合支配人 スローカーライフアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です