コンバージョン率を上げるための具体的な改善方法5選

Pocket

アルノー・ブース氏が公開したエントリー「5 Reasons Why Your Website Is Not Converting(コンバージョンしない5つの理由)」から学ぶ、コンバージョン率を上げるための改善方法を考えてみました。

コンバージョンを上げる方法とは

たくさんのトラフィックがあるのにも関わらず、コンバージョンに繋がらないケースで悩んでいるマーケターが多いのが現状。上部に訴求文言、その下部にリンクを貼るというのが一般的ですが、よりコンバージョンを向上させるためにはどのような手法があるかを知っておくことが大切です。

コンバージョンへの導線を改善することで、集客からの獲得効率が良くなり、売上向上に繋げることができます。

コンバージョン率を把握する

コンバージョンをアップさせようと思った時、当然ながら「コンバージョン率」の把握をする必要があります。現状、コンバージョン率がどのような数値になっているのかを調査します。

Google Analyticsで分析

コンバージョン率を調べるには、あらかじめ「Google Analytics」を正しくサイトに導入し、ユーザーがアクションするポイントを追従するような設定をしておく必要があります。ユーザーの動きを分析し、どのような流入経路からやってきて、どんなコンテンツを見て、何をしているのかを丁寧に見ていきましょう。

コンバージョン率の基準とは

理想のコンバージョン率は2〜3%前後だと言われています。コンバージョン率が2%以下の場合は、何だかの問題がある可能性がありますので修正が必要です。

コンバージョン率を上げる改善方法

  1. モバイルUXを改善する
  2. CTAを設置する
  3. ユーザーの不満を解決する
  4. ターゲットを明確にする
  5. サイト表示を高速化する

1.モバイルUXを改善する

  • 大きく見やすい文字を使う
  • 段落は短くする
  • リンクを確実にタップできるようにする
  • フレーズで促す行動は1つにする

これからの時代「モバイル・フレンドリー」は必須。もしすでに対応済みでも、レスポンシブWebデザインが充分であるか見直してみると良いかもしれません。

デザインがしっかりとしていないと、コンバージョン率の減少に繋がってしまうため、見やすいデザイン、コンテンツのレイアウトなどの工夫をして、モバイルでのブラジング体験を快適にしていきましょう。

定期的にサイトをチェックすることが重要といえます。できれば友人や家族などからフィードバックをもらいサイト改善に役立てていきましょう。何が足りないかを何度も見直して、問題を対処していくと良いです。

2.CTAを設置する

  • 明確で簡潔に行動を促す
  • 目立つ場所に設置する
  • 具体的で魅力的な見せる

サイトは魅力的でクオリティの高いコンテンツでユーザーフレンドリーにすることができますが、シンプルでわかりやすい「CTA(call to action)」を設置しなければコンバージョンはしません。潜在ユーザーは購買行動をするためには「意味付け」と「きっかけ作り」がする必要があり、その役割が「CTA」です。

ユーザに行動を促す時は「明確で簡潔に」「目立つように」「具体的で魅力的に」を意識してクリエティブを作ります。また、ユーザーに“行動させたいこと”を正確に伝えるための全情報を提供するようにします。明白で適切な「行動を促すフレーズ」作成した後、全ページの目立つ場所に配置していきます。

何を販売するにしても、上記を準備できていればコンバージョンは容易になるはずです。

3.ユーザーの不満を解決する

  • ユーザーヒヤリングで問題を改善
  • 有用ではない情報を提供をやめる
  • ナビゲーションをわかりやすくする
  • 多すぎる広告やポップアップをなくす
  • サイトの見た目を改善する

コンバージョンの機会損失理由として「ユーザーをイライラさせる」という可能性があります。数値分析をして「直帰率が高い」場合は、コンテンツが魅力的ではないと判断してください。

直帰率が高い場合は、ユーザーに「簡単なアンケート」などで直接聞くのが有効です。ヒートマップを使えば、ユーザーの行動プロセスを分析できますが、できればダイレクトにヒヤリングを行った方が良いです。

ユーザーのイライラは、システムで言う「エラー」と同じなので、問題を早急に把握し改善することがコンバージョンに繋がっていきます。

4.ターゲットを明確にする

ウェブサイトには「大衆性を持たせる」ことが必須。多くのウェブサイトは“全ての人”を喜ばせようとしますが、そうすることはできません。

間違ったターゲティングで作られたコンテンツは、コンバージョン率の悪化させます。キャッチコピー、ブランディング、マーケティング、サイトデザインはニッチに訴えるべきです。

市場調査を行い、適切なターゲティングにしていくことを心がけましょう。

5.サイト表示を高速化する

  • モバイルに最適化する
  • リンク切れをなくす
  • キャッシュ表示する
  • コードを整える
  • 画像を最適化する
  • FlashとJavaは使わない
  • 高速なホスティングを導入

ウェブサイト改善で「サイト表示の高速化」は重要視されてきています。サイトの読み込みが遅いと、訪問ユーザーは離脱し、再び訪問することはありません。

Googleが提供している「Page Speed Insights」を使用して、サイト速度を確認。サイトの読み込みが3秒以上の場合は、改善した方が良いです。

サイト分析を重ねる

  • トラッキング設定をする
  • 経路のレビューをする

サイトがコンバージョンに至らないのは「分析をしていない」が一つの理由です。サイト運営者が「推測」するだけでは、サイトの進歩は止まってしまうので、分析を続けていくことが大切です。

今回まとめた「コンバージョン率を上げるための具体的な改善方法5選」は、コンバージョン率を高めるための出発点に過ぎません。サイトがコンバージョン率を向上させる方法は多くありますが、上記の5つの方法は、ほとんどのサイトで不足している一般的です。

それぞれのサイトやビジネスに合わせて、参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA