潜在意識に訴えかける「エンジェルナンバー/ミラーナンバー」の意味と解読方法を解説

Pocket

時計を見ると「4:44」と数字が並ぶと不思議な感覚に。スピリチュアルな世界では、特定の数字の並びを「エンジェルナンバー(Angel Number)」と読んでいます。ここでは、潜在意識に訴えかける暗号とも呼ばれているエンジェルナンバー/ミラーナンバー。その意味と解読方法について解説していきます。

エンジェルナンバーとは

エンジェルナンバーは「天使のメッセージ」と言われています。よく見る数字、ゾロ目、見ると不思議な感覚になる数字……など、潜在意識に訴えかける暗号とも言われ、科学が発達した今でも予兆を知らせるものと信じられています。

様々なエンジェルナンバー

一般的には、同じ数字の並びを「エンジェルナンバー」と呼んでいますが、時々、1221、2332などの「鏡のエンジェルナンバー」もメッセージと受け取る人がいます。数字の並びは様々ですが―見た時に不思議な感覚になる数字―それがエンジェルナンバーです。

エンジェルナンバーの読み解き方

エンジェルナンバーの読み解き方はベースとなる数字、並びによって異なります。エンジェルナンバーに詳しい占い師やスピリチュアル・ライターの方が、ブログやサイトで辞書を作成して公開しているものがあるようです。すぐに意味を知りたい方は、そちらを参考にしてみてください。

ただ、これから解説する「エンジェルナンバーの解読方法の基本」をマスターすれば、辞書を見なくても「使われている数字」を見るだけで、概ねの内容が理解できるようになります。

わざわざ辞書を調べるのが面倒くさい人や、エンジェルからのメッセージが届いた時すぐに意味を知りたい人は、基本のエンジェルナンバーは解読方法を覚えていってくださいね。

エンジェルナンバーの解読方法の基本

  • 0:原点/自由
  • 1:創造/余分
  • 2:冷静/冷酷
  • 3:真実/不満
  • 4:責任/過信
  • 5:援助/倹約
  • 6:楽観/離別
  • 7:前進/暴走
  • 8:達成/失敗
  • 9:模索/孤立

各数字の意味は難しく思えるかもしれませんが、きっと数字のイメージ通りだと思います。すべての意味をきちんと覚えるというよりも、数字を見た時の「感覚」が解読するときに大切なポイントです。

エンジェルは「いつもあなたの味方」

ここで注意なのが、エンジェルナンバーを解読した時に、マイナスに考えてはいけないということ。

マイナスに思えたメッセージは「エンジェルからの警告」ですから、これからマイナスなことが発生しないよう努力するか、どうしても避けられないことは受け止める準備をすることが大切。エンジェルたちは敵ではなく「いつもあなたの味方」ということを心に止めておきましょう。

エンジェルナンバーの意味を解読

基本の解読ワードを覚えれば、天使からのメッセージをカンタンに理解できます。理解せずに辞書の言葉を鵜呑みにすると、心が惑わされてしまいます。基本の解読ワードで読み解くようにすれば、言葉に惑わされず心で感じ取ることができるのです。

エンジェルナンバーは天使の言葉

英語を使う人と話す時は当然「英語」が必要です。それと同じように、天使と話す時は「エンジェルナンバー」で言葉を理解していくと考えます。

英語に慣れていないと、言葉を理解をするために時間が必要ですよね。ただ、ネイティブな人は、英語を聞くと、日本語に訳さなくても、その英文の意味がわかるといいます。エンジェルナンバーも同様で、エンジェルナンバーに慣れれば、すぐに意味がわかり、どんなメッセージを送ってきたのかわかるのです。

慣れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、世の中の飛び交う数字からエンジェルの声を読み解くことができれば、不運から上手に逃れたり受け止めたりすることができるようになると思います。

鏡のエンジェルナンバーの意味

鏡のエンジェルナンバー(別名:ミラーナンバー)は通常のエンジェルナンバーと少し考え方が変わります。

1221、2332、3443……組み合わせは様々ですが、ミラーナンバーをふと時計を見たときや電話番号で見かけることが多くなると、それは「幸運の知らせ」と言われているんです。

ミラーナンバーは、左右の数字をベースのメッセージ中央部分が核心となるメッセージとして読み解きましょう。

ミラーナンバー「1221」の意味と解釈の仕方

例えば、1221の場合、1は「創造/余分」を意味し、2は「冷静/冷酷」を意味します。つまり、直訳すると「創造は冷静に」ですね。状況によって読み解き方は変わりますが「これから自分自身がしたいこと、始めたいと思っていることを、周囲のことは気にせず、冷静にすすめていきなさい」と受け取ることができます。

1221を読み解く時に、マイナスな感情を感じたら直訳は「余分は冷酷に」となり「あなたが始めようとすることに、トラブルや思いやりのないことが発生する」というエンジェルの警告になります。受け止める準備をしていきましょう。

占い師によって様々な解釈が生まれるエンジェルナンバーですが、エンジェルナンバーの解読方法の基本をまずは覚えていくことが大事。そうすれば、惑わされずにエンジェルたちの声が自然と心に届いてくるでしょう。

関連記事:
小林麻耶が資格取得した「数秘術」とは?計算&診断方法を解説

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です