2023年「どんな年?何が起きる?」最強占い師の運勢鑑定&大予言

obatea占い

2023年「どんな年?何が起きる?」気になる最強占い師の運勢鑑定&大予言をまとめてみました

占い師オバティの2023年占いトピック

  • 木星移動&逆行による変化
  • 火星の移動で「議論&論争」
  • 2023年「革命」が起こる

木星移動&逆行による変化

2022年下半期は魚座&牡羊座で揺らぐ

2022年5月11日に牡羊座へ移動した木星が、10月28日に魚座に戻り、12月20日に牡羊座入りします。魚座のキーワードは癒し・共感・共有で、温泉旅行や趣味に没頭するなど、自分を癒してあげる時間にすると良い期間です。一方で、木星に「牡羊座入り」すると、新規立ち上げが展開してくるので流れになり、空気感が一気に変わるかもしれません。

火星の移動で「議論&論争」

議論が活発化してバトル勃発!?

2022年下半期のキーワード「コミュニケーションと戦い」が重なり、議論や論争が巻き起こりそうな流れに突入。日本の政治、ウクライナ侵攻、コロナ対策、円安……様々な課題に向けて、話し合いが活発になりそう。

2023年「革命」が起こる

根こそぎぐぐっと引っこ抜く

2023年は「根こそぎ変わる」みたいなことが起きそう。多くの占い師が「革命が起こる」といった言葉でそれを表現しています。古い価値観から新しい価値観を受け入れる心構えを、2022年下半期を過ごす中でつくっていくといいのかも。

関連記事:
【2022年下半期の運気予報】運命のターニングポイント&三大トピックス

ゲッターズ飯田の五星三心占い&コロナ予言

2023年は「春に世界が終わる」

2023年は、春頃に「コロナの終息」が期待される年。アフターコロナではなく、コロナネクストのような気配もあり、インフルエンザの流行、サル痘ウイルスなど、新たな脅威やリスクも気になるところでしょう。

2023年に世界が終わる

コロナより危険な未知のウイルス

2023年は、2022年を土台にさらなるステップをする年。ゲッターズ飯田さんは「コロナよりも危険な未知のウイルスが全世界を襲います」としており、コロナは本番でなく新たな時代への準備だったことを示唆しているのです。

春に世界が終わるという言葉は「地球滅亡」ではなく、時代の一区切りとなり、違った流れに入って行くことを意味しているのでしょう。

恋愛&結婚ブームが到来

恋愛&結婚をしたい人たちが急増するかも

卯年(うさぎ)は、子沢山(子孫繁栄)の象徴とされており、2023年は“恋愛&結婚をしたい人たちが急増するかも”。過去の恋愛や固定観念にとらわれず、積極的に動いて見てください。コロナ禍でなかなか恋愛できなかった人も、気持ちを切り替えて行動していくと良いでしょう。ただし、望まぬ妊娠や性感染症のリスクも増える傾向があるようなので、注意しましょう。

おひとり様&ソロ活が増加

ソロでも極められる遊びを見つけて

数年前だと“友だちがいない寂しい人”という認識もあった「おひとり様」ですが、2023年に運気が上がる鳳凰座は、一人で過ごすのが好きなタイプ。その流れで、自分のリズムを大切にしたり、少数派の人たちの声が広まったりすることがありそう。「普通」とか「常識」に縛られなくなり、気持ちが楽になっていきそう。一人で出来る趣味や楽しみを増やしていくと良いかもしれません。

知的好奇心&向上心を高める

資格試験などの地道な勉強に向いている年

落ち着きのある時期でも、ダラダラ生活するのはもってのほか。知的好奇心や向上心、探究心を高めて、コツコツと勉強してみてください。少しでも興味をもったものは徹底的に調べてみると良いでしょう。

平和と安定の時代へ

自分のセンスや楽しみを追求して

戦争や暴力から解放されやすい一年。穏やかな生活が戻ってきて「平和の大切さ」を実感することがありそうです。人の目を気にするよりも自分軸を大切にしていきましょう。

クリエイティブ&トレンドな時代

生活に変化をつけていく

五星三心では鳳凰座と共に、インディアン座も運気上昇中。インディアン座のキーワードは、クリエイティブや新しい体制づくり。新しいトレンドをキャッチして、フットワークを軽くしていくと、チャンスが巡ってくるかもしれません。

ロングより短めの髪がモテる

鳳凰座の人には、短めのヘアスタイルが人気です。肩ぐらいまでの長さにするとモテ度アップ。ロングの人は、暗い印象にならないように工夫しましょう。人気運を狙うならセミロングがおすすめです。

関連記事:
【ゲッターズ飯田の2023年五星三心占い】時代が大きく飛躍する「癸卯」の年へ
【2023年ラッキーカラー】五星三心占い12タイプ別の開運色は? 財布や下着で運気アップ
【2023年にコロナ収束】ゲッターズ飯田「さらに長引く可能性がある」と予言も
書籍『ゲッターズ飯田五星三心占い2023年版』が9月2日に発売決定!表紙はラッキーカラー
渡部篤郎が22年ぶりの大河出演決定!ゲッターズ飯田の占いが的中と話題に

星ひとみの2023年占い&芸能人鑑定

2023年は「闘いの時代の集大成」

  • 広瀬すず:恋愛がグチャグチャになる
  • 水野美紀:2023年に海外運
  • 岸優太:2023年は“岸優太の時代”
  • 馬淵優佳:2023年に大きな決断をする
  • 伊達みきお:病気になる可能性も

星ひとみさんの占いによれば、これまで好調に思えていたことが急展開を迎えたり、努力を続けていた人が表舞台に立つようなこともありそう。

広瀬すずの恋愛がグチャグチャになる

恋愛がグッチャグチャ

広瀬すずさんは「恋愛がグチャグチャになる」という予言がされています。要注意人物は「東京タワー近辺に住む男」「タワーマンションに住む人」「お金を持っている人」と言う面々。騙されてしまうと、その後の人生にも悪影響がありそうです。

関連記事:
【星ひとみの天星術】広瀬すずを鑑定、2023年「東京タワー近辺に住む男」に注意

岸優太の時代&伊達みきおの病気

岸優太の時代が来る

King&Princeの岸優太さんについては「岸優太の時代が来る」と予言。さらなる活躍が期待されています。一方で、サンドウィッチマン・伊達みきおさんは「病気になる可能性も」と、健康に不安が出てくることが指摘されています。

関連記事:
【星ひとみの天星術】岸優太は「2023年に時代が来る&メチャクチャモテる」
【星ひとみの天星術占い2023】天星12タイプでわかる2023年の運勢&2023年予測
書籍『星ひとみの天星術2023』10月30日にシリーズ12冊発売!初の12天星別の年間運気本
【星ひとみの姓名判断】星ひとみに占ってもらう方法&鑑定受付と口コミ評価

水晶玉子の2023年占い&世相予言

2023年は「大事なものを“取り戻す”」

  • オリエンタル占星術:井宿(せいしゅく)の年
  • 2023年の干支:癸卯(みずのとう)
  • 西洋占星術:木星が牡羊座から牡牛座へ

占術家・水晶玉子さんは、様々な占術で2023年を分析。

オリエンタル占星術「井宿の年」

コツコツと小さな積み重ねが必要

2023年は、オリエンタル占星術で「井宿の年」。井戸から水を汲むように、水脈を探して“深掘り”し、大事なものを取り戻すような一年になりそう。大きく動いていくというよりも、コツコツと小さな積み重ねが必要になってきます。

十干十二支「癸卯」

一つのサイクルが終わっていく

干支は、十干十二支で「癸卯」。癸(水の弟)は、十干の一番最後で陰の水の気で、壬(みずのえ)が海・河・湖に例えられるのに対して、雨・雫・霧といったイメージ。一つのサイクルが終わっていく時期だと考えられます。また、卯(うさぎ)は、小さくかわいい印象ですが、強い繁殖力があることが知られています。結婚や出産が増えたり、弱い者が団結し大きな者を倒していくといったことが起きるかもしれません。

西洋占星術「木星が牡牛座へ」

終わりと始まりがテーマに

西洋占星術では、幸運の星・木星が牡羊座から牡牛座へ。試練の星・土星が、水瓶座から魚座へと移動します。最初と最後の星座が動くことから「終わりと始まり」がテーマになってきそうです。さらに言うと、2024年~2026年は、破壊と再生の星・冥王星、癒しと幻想の星・海王星、改革の星・天王星が、次々に移動していくため、全く違う価値観が生まれて、新しい世界が広がると考えられます。

関連記事:
【水晶玉子のオリエンタル占星術】開運暦2023を発売へ!激動の年をサバイバルする方法とは

石井ゆかりの2023年占い&星の動き

2023年は「大物が動く」

  • 火星が双子座に長期滞在(8/20 – 2023/3/25)
  • 牡牛座火星・天王星 90度 水瓶座土星
  • 牡羊座木星→魚座木星(10/28-12/20だけ)
  • 蠍座日食(10/25)、牡牛座月食(11/8)

火星が双子座に、8月20日から長い期間滞在。戦いの星がコミュニケーションの星座に滞在するため、議論や論破がキーワードとなり、古来では「論争」としても扱われていました。さらに、牡羊座に木星が滞在するので、大切なことを論争されていく、戦争に関するコミュニケーションやビジネスがピックアップされていく流れになる可能性も。

牡牛座に滞在する戦いの星「火星」と天王星は「革命」が影響。水瓶座土星とバキバキな角度「90度」をとり“古いものと新しいものがぶつかり合う”ようなイメージに。ウクライナ侵攻が今の時代とは思えない「古い戦争だ」という声もあり、古い価値観と新しい価値観が戦っていくことが起きそう。

木星が牡羊座に滞在、10月28日から12月20日は「魚座」に移動。終わりの星座と始まりの星座が混ざり合い、新しい方向性に向かっていくことになりそう。

2023年は「大物が動く」という流れに突入。冥王星の影響で2008年頃くらいの流れが終わりを迎え、土星の影響で2020年頃からの流れに終止符が打たれることになりそう。

近いタイミングで起こる、10月25日の蠍座日食と11月8日の牡牛座月食。大事なことが始まったり、実ったり、満ちる流れになりそう。蠍座・牡牛座は「それは誰のものか?」が問い直すようなタイミングになり、世界が驚くようなことになるかもしれません。

12星座の2022年下半期トピック

  • 牡羊座:翼の生えた靴を履いて、12年の1回の大転機を翔る
  • 牡牛座:意気地をたてるための、生命力に満ちた選択
  • 双子座:荒ぶる衝動、熱い思いをひたむきに生きる時
  • 蟹座:大活躍の季節、新旧の感情が入れ替わる
  • 獅子座:新しい世界の発見と、人間的成長と
  • 乙女座:経験のすべてを懸けられる、勝負時
  • 天秤座:人との関わりが、別世界への扉になる
  • 蠍座:他者や自分を、本当の意味で助けること
  • 射手座:愛とクリエイティビティを生きる、ということ
  • 山羊座:人をケアすること、自分をケアすること
  • 水瓶座:愛のために出かけていく、勇敢な季節
  • 魚座:夢のお城を作ること、幸福に生き抜くこと

関連記事:
石井ゆかりが語る「2022年下半期の星の時間」時代の流れと12星座の運勢とは?

木下レオンの2023年運勢&転機

2023年は「大きく成長できる飛躍の年」

  • 十二支は卯:活発に伸び行く
  • 帝王占術:大きな飛躍の年

卯は「茂(しげる)」の意味

卯という漢字は「茂る」を意味しますバイ

2023年の干支は「卯(うさぎ)年」です。漢書・律暦志によれば「冒」、史記・律書によると「茂」の意味。若葉が茂ってきた状態や草木が地面をはっていく様子が表されています。生い茂る=活発に伸び行くことができる一年にすることができそうです。

卯年は大きく飛躍できる年

兎のようにチカッパ飛躍できる年になる

ウサギというのは、全身を使って跳ねる動物。今まで積み重ねた経験や技術を存分に使うことで、大きく成長できる飛躍の年となるでしょう。先祖や両親に感謝することで、背中を押してもらえるはず。

関連記事:
【木下レオンの吉方位の旅ガイド】浄化&開運で最強運を手に入れる開運本が発売へ
【突然ですが占ってもいいですか?】木下レオンに占ってもらう方法!経歴&プロフィールまとめ


石井ゆかりが語る「2022年下半期の星の時間」時代の流れと12星座の運勢とは?

obatea占い

フィガロジャポン8月号「占いで整える2022」の袋綴じ付録「2022年下半期 石井ゆかり星占いスペシャル。」を執筆した石井ゆかりさんによるオンラインイベントを6月20日に開催。2022年下半期のキーワードやターニングポイント、12星座それぞれのトピックについて語ります。

フィガロジャポン2022年8月号

時代がゆっくりと変わり、それに合わせて人々の生活に以前とは異なる風が吹き始めているいま。現在の世界で起こっていることから2022年後半~23年を予想し、よりよく暮らしを整えるメッセージを届けます。天星術の星ひとみ、数字占いのシウマ、数秘術のAZ、西洋占星術の猫星ラピス、風水の李家幽竹が、心と身体、家、仕事など、具体的な「整え秘策」を語ります。自己のエスプリと向き合う学びであるインド占星術は本誌初登場!

フィガロジャポン2022年8月号は、人気占いによる2022年後半〜2023年の運勢鑑定特集。天星術の星ひとみ、数字占いのシウマ、数秘術のAZ、西洋占星術の猫星ラピス、風水の李家幽竹が、心と身体、家、仕事など、具体的な「整え秘策」を語ります。

袋綴じ付録では「2022年下半期 石井ゆかり星占いスペシャル。」と題して、これからやってくる転機について語っています。

石井ゆかりと語る2022年下半期の星の時間

声のみで出演した石井ゆかりさんは、手書きのホロスコープで2022年下半期について解説していきます。手始めに、イベント開始時(2022年6月20日20時)の星で、今回のイベントがどのように始まり、そして終わっていくのかを鑑定。

ホロスコープで、東京の星空(世の中)には星が一つもなく、大地の中(心の内側)に星が点在している状況。昼のイベントであれば、空に太陽が登り、火星や水星その周りを取り囲んでいる形になりますが、今回は夜のイベントというもあり違った雰囲気になると説明。今回のイベントでは「より自分ごとにして考えるといい」とアドバイスをしていました。

続いて、最近ニュースになっている「惑星直列」についてもホロスコープで解説。星占いで使う惑星が見られる可能性が高いとしていました。

2022年下半期の星の動き&キーワード

  • 火星が双子座に長期滞在(8/20 – 2023/3/25)
  • 牡牛座火星・天王星 90度 水瓶座土星
  • 牡羊座木星→魚座木星(10/28-12/20だけ)
  • 蠍座日食(10/25)、牡牛座月食(11/8)

火星が双子座に、8月20日から長い期間滞在。戦いの星がコミュニケーションの星座に滞在するため、議論や論破がキーワードとなり、古来では「論争」としても扱われていました。さらに、牡羊座に木星が滞在するので、大切なことを論争されていく、戦争に関するコミュニケーションやビジネスがピックアップされていく流れになる可能性も。

牡牛座に滞在する戦いの星「火星」と天王星は「革命」が影響。水瓶座土星とバキバキな角度「90度」をとり“古いものと新しいものがぶつかり合う”ようなイメージに。ウクライナ侵攻が今の時代とは思えない「古い戦争だ」という声もあり、古い価値観と新しい価値観が戦っていくことが起きそう。

木星が牡羊座に滞在、10月28日から12月20日は「魚座」に移動。終わりの星座と始まりの星座が混ざり合い、新しい方向性に向かっていくことになりそう。

2023年は「大物が動く」という流れに突入。冥王星の影響で2008年頃くらいの流れが終わりを迎え、土星の影響で2020年頃からの流れに終止符が打たれることになりそう。

近いタイミングで起こる、10月25日の蠍座日食と11月8日の牡牛座月食。大事なことが始まったり、実ったり、満ちる流れになりそう。蠍座・牡牛座は「それは誰のものか?」が問い直すようなタイミングになり、世界が驚くようなことになるかもしれません。

12星座それぞれのトピック

  • 牡羊座:翼の生えた靴を履いて、12年の1回の大転機を翔る
  • 牡牛座:意気地をたてるための、生命力に満ちた選択
  • 双子座:荒ぶる衝動、熱い思いをひたむきに生きる時
  • 蟹座:大活躍の季節、新旧の感情が入れ替わる
  • 獅子座:新しい世界の発見と、人間的成長と
  • 乙女座:経験のすべてを懸けられる、勝負時
  • 天秤座:人との関わりが、別世界への扉になる
  • 蠍座:他者や自分を、本当の意味で助けること
  • 射手座:愛とクリエイティビティを生きる、ということ
  • 山羊座:人をケアすること、自分をケアすること
  • 水瓶座:愛のために出かけていく、勇敢な季節
  • 魚座:夢のお城を作ること、幸福に生き抜くこと

石井ゆかりとは

ライター。星占いの記事やエッセイなどを執筆、「12星座シリーズ」(WAVE出版)は120万部のベストセラーに。 Twitterのフォロワー数は30万を越える。著書多数。

占星術師、著作家として活躍する石井ゆかりさんは、星占いの記事やエッセイなどを執筆し、「12星座シリーズ」(WAVE出版)は120万部のベストセラーに。

関連記事:
【石井ゆかりがTwitterアカウント終了】体力的・時間的を理由に、LINEやnoteは継続へ
【2022年下半期の運勢】ゲッターズ飯田の五星三心占いで鑑定する全体運・仕事運・恋愛運・金運
2022年下半期「しいたけ占い」6月20日に配信決定! 今年は先行配信なし
【星ひとみの天星術占い2023】天星12タイプでわかる2023年の運勢&2023年予測
【2022年の星占い】癒し&創造の一年!下半期は驚くスピード感に
【2023年にコロナ収束】ゲッターズ飯田「さらに長引く可能性がある」と予言も


【2020年下半期の運気予報】 あと半年、2020年後半はどうなる?

obatea占い

2020年の早くも半分が過ぎ、毎年恒例の2021年へと続く「2020年下半期の運勢」について分析。しいたけ.さんの「しいたけ占い」、石井ゆかりさんの星占いなども次々と出揃ってきました。今年はダイナミックな変革が起き不安が増大する日々。2020年下半期の運勢をまとめましたので、参考にしてみてください。

2020年上半期と下半期の違い

2020年下半期は、上半期とは違った形で大きな変化を感じる

2020年上半期はダイナミックな時代変化が発生した時期。新型コロナウイルスによる肺炎流行は、長い歴史の中でも衝撃的な出来事だったと言えるでしょう。

2020年は数百年に一度の「大変革期」とされており、時代が二分化される「春分ゲート」とも言われていました。2020年の時代変化は「上半期」だけでは終わらず「下半期」からさらに加速するような流れになってきます。そのため、2020年下半期は、上半期とは違った形で大きな変化を感じると思います。

2020年上半期の流れ「破壊と創造」

1月には時代の集大成と共に「創造と破壊」という流れがあり、過去の清算が必要な時期に。3月の春分には日本でも感染が広がり、4月に緊急事態宣言、5月で大きな節目に。6月には完全に時代変化を感じた……といった流れ。

月や星の動きを見ても、3月の宇宙元旦(春分ゲート)に向けて人々の意識が変化。早い人では、1月からその意識が芽生え、遅くても5月、6月には意識変化は完了していったと見えます。

新型コロナウイルスで多くの人の命が亡くなり悲しい側面はありつつも、環境や動物、社会システムにおいては「欠点」や不要なものが炙り出された形となり、人類が大きな一歩を踏み出す後押ししたような感覚さえあります。

マイナスはありつつも、自粛生活の中で「プラス」を発見できた人は、2020年下半期から大きく躍進することが出来るはず。それが所謂「春分ゲート」のカギで、これから大きく世界は二分化されていくのです。

関連記事:
【ゲッターズ飯田の令和2年占い】2020年上半期の運勢を五星三心のタイプ別に発表
【ゲッターズ飯田の占い】新型コロナウイルスは5月に区切りを迎える

2020年下半期の流れ「個人の時代へ」

2020年下半期になると、社会全体が「集団意識」から「個人の意識」に移行していきます。チームプレーから個人プレーがフォーカスされるのです。

自粛期間中は「みんなで」「一緒に」と言う集合意識がテーマとなっていましたが、リモートワークの普及や自粛明けの影響で、個人としてどう生きていくかが重要視されていきます。

個人の時代と言っても「自分勝手な行動」という意味ではなく、人々が自立する中で、家族や結婚に関する概念が解放され、また新たな価値観や意識が生まれていくようなイメージです。

全体の流れとしては、6月、7月、8月は日本全体の運気が落ち、事故や災害が増えるので注意が必要で、12月も大きめ話題が世間を騒がします。2020年、2021年と我慢や忍耐の時代は続きますが、コツコツと努力すれば、2022年から2023年頃には華やかなことが待っていますので、時代の流れを読んで、自分が出来ることを淡々とこなしていきましょう。

オバティの2020年下半期星占い

obatea占いオリジナル「2020年下半期占い」を鑑定。12星座の総合運・恋愛運・仕事運をホロスコープから読み解き、運勢の流れを解説しています。

【2020年下半期の運勢】12星座の総合運・恋愛運・仕事運を鑑定!

ゲッターズ飯田の2020年下半期占い

ゲッターズ飯田さんの占いでは2020年下半期は「庶民」がフォーカスされる年に。ゴージャスな物よりも節約料理や財テク、身近なお店や人に注目が集まるような流れです。ゲッターズ飯田さんは「一般人やマイノリティーな人が人気者になる」と予言しています。

五星三心のタイプ別の2020年下半期の運勢

2020年6月になると「2021年」の運気が影響。お盆をすぎた頃から運気が段々と変化。ゲッターズ飯田さんの五星三心占いで、未来を占ってみましょう。

【ゲッターズ飯田の令和2年占い】2020年下半期の運勢を五星三心のタイプ別に発表

2020年下半期「さらなる変化」

ゲッターズ飯田さんの占いで、2020年下半期、新型コロナウイルスの収束や緊急事態宣言解除の時期についての予言が的中。過去に、アフターコロナの世界についても語っていました。

【ゲッターズ飯田の占い】2020年下半期を鑑定「緊急事態宣言解除」予言的中か

ぷりあでぃす玲奈の2020年下半期占い

ゲッターズ飯田の一番弟子・ぷりあでぃす玲奈さんが、2020年「12星座別運勢ランキング」を発表。王様のブランチで紹介されていた、12星座別の2020年運勢をご紹介します。

ぷりあでぃす玲奈の2020年「12星座別運勢ランキング」を発表!

琉球風水志・シウマの2020年下半期占い

新感覚バラエティー番組「突然ですが占ってもいいですか?」に出演し注目を集める琉球風水志・シウマの2020年占い。

【琉球風水志・シウマの占い】2020年のラッキーナンバー&ラッキーカラーを発表

しいたけ.の2020年下半期占い

毎年恒例のしいたけ占いですが、「2020年下半期の運勢」も無料で公開へ!

世界的な流行やトレンドに敏感な人に情報発信をする新世代WEBマガジン『VOGUE GIRL』で、共感の声が多い占い師しいたけ.による「しいたけ占い」の「2020年下半期の運勢」が6月22日に公開です。尚、公式LINEアカウントの友だち登録者は、6月19日に先行配信。

2020年下半期「しいたけ占い」6月22日に配信決定! LINE友だち限定で先行配信も

石井ゆかりの2020年下半期占い

12星座シリーズが大ベストセラーとなった石井ゆかりさん。Twitterの更新を終了し、SNS上ではファンからは「潔い」「気持ちいい」と賞賛の声も多数寄せられていました。

2020年下半期については、公式ブログで「2020年下半期占いもリリースされました」と告知。公式占いサイト「石井ゆかりの星読み」、恋愛×占いメディア「ココロニプロロ」、2020年6月20日発売の雑誌「フィガロジャポン」の袋とじで読めるので、チェックしてみてください。

尚、公式占いサイト「石井ゆかりの星読み」、恋愛×占いメディア「ココロニプロロ」では、各星座総論と仕事や恋愛などのテーマ別で詳細に書かれており、フィガロの袋とじには総論と「全体の空模様」について書かれています。

【石井ゆかりがTwitterアカウント終了】体力的・時間的を理由に、LINEやnoteは継続へ

水晶玉子の2020年下半期占い

水晶玉子さんは、様々なメディアや雑誌で「2020年下半期」について鑑定。ダウンタウンDX、LINE占いでは2020年の運勢のランキングを発表。SNSでは、2021年に向けてアドバイスを送っていました。

2020年の運勢ランキング

2020年1月9日放送の「ダウンタウンDX」に、占い師・水晶玉子さんが登場。2020年の「芸能界2020最強運ランキング!」と題して、最も運の良い出演者を発表していました。第1位は「山羊座×O型」で、長く積み重ねてきたことが大きく実を結ぶ大躍進の年に。

【ダウンタウンDX】水晶玉子の「芸能界2020最強運ランキング」トップ48の全解説

血液型×干支×星座で占う2020年

2020年1月1日、LINE株式会社が提供する占いサービス「LINE占い」で、血液型と生年月日(干支・星座)から全576位中の運勢順位がわかる『水晶玉子の2020年開運ランキング』を発表。

【LINE占い】2020年最強運ランキング!血液型×干支×星座で占う『水晶玉子の2020年開運ランキング』を発表

2021年に向けてアドバイス

新型コロナウイルス感染症について、占術研究家の水晶玉子さんが予言が的中。水晶玉子さんはSNSで、2021年に向けてアドバイスを送っていました。

【水晶玉子の占いが的中】新型コロナウイルス感染症との遭遇で「人々の意識が刷新される」

2020年下半期占い雑誌

【水晶玉子の2020年下半期占い】今年も後半戦!幸運を引き寄せる雑誌まとめ

関連記事:
【水晶玉子のオリエンタル占星術】開運暦2020を発売!幸運を呼ぶ365日メッセージつき

細木数子の2020年下半期占い

2020年は「庚子」で、六星占術で言えば「水星プラス」の年。新しい時代の幕開けで、驚くような展開となりそう。植物に例えれば、新しい芽を出し成長していくような段階。これまで溜め込んでいたエネルギーが開花に向けて進んでいくでしょう。これまでの努力が目に見えてくるような局面となります。

六星占術では、2020年は「水星プラス」の年。占いでは「新しい時代の幕開けで、驚くような展開となりそう」と鑑定し、的中していました。

関連記事:
【細木数子の六星占術占い】2020年の運勢を鑑定し発表!

関連記事:
【パワースポット属性と相性診断】繭気属性の計算方法とその根拠とは?
子年の2020年は京都の大豊神社へ!狛ねずみが鎮座する大黒社に開運祈願
【突然ですが占ってもいいですか?】岡井浄幸が顔相鑑定「金運の上がる鼻」を解説
【2020年9月の運気予報】魚座の満月&乙女座の新月で「過去を捨てワガママになる」
【中園ミホ&しいたけ占いのしいたけ. 】スペシャル対談に学ぶ「運と占い」


【石井ゆかりがTwitterアカウント終了】体力的・時間的を理由に、LINEやnoteは継続へ

obatea占い

2020年5月16日、石井ゆかりさんが、体力的・時間的を理由に、Twitterアカウント終了を宣言、翌日には更新が停止します。10年以上続いていたTwitterを終了することに、ファンからは悲しみと感謝の声で溢れました。

石井ゆかりがTwitter終了のお知らせ

【本アカウント終了のお知らせ】 いつもご愛読ありがとうございます。もう10年以上になりました本アカウントですが、明日5月17日(日)をもちまして終了させて頂きます。理由は、体力的・時間的に、毎朝の更新やご質問へのリプライなどを回していくことが難しくなってきたからです。

5月16日に「明日5月17日(日)をもちまして終了させて頂きます」と、Twitter終了のお知らせ。理由については、毎朝の更新や質問へのリプライが「体力的・時間的に」と難しくなってきたためと語っています。

石井ゆかりの占いコンテンツは継続へ

楽しみにして下さっていた皆様には、誠に申し訳ありません。ただ、毎日の占いは、すでにLINEブログで前日21時、無料メルマガで前日22時、公式LINEアカウントで毎朝7時にそれぞれ配信しております。全て無料で継続しますので、引き続き日々の占いは、お楽しみ頂けます。

Twitterは終了するものの、毎日の占いについては、LINEブログ(前日21時)、無料メルマガ(前日22時)、公式LINEアカウント(毎朝7時)の無料配信は継続されると告知されています。

週報などへのご質問は(週報も『石井ゆかりの星読み』のコンテンツなので)『石井ゆかりの星読み』読者様は、星読みのサポートへお寄せ頂ければと思います。 note、インスタなど、不定期更新のものはこれからも続けて参ります。これまでご愛読、本当にありがとうございました!

今後について、石井ゆかりの星読みの読者については「星読みのサポート」で質問は受付け、note、インスタ(Instagram)など、不定期更新のものは引き続き更新を続けるとお知らせしていました。

ファンの反応「今までありがとう」

ファン「今までありがとうございました」

ファンからは「大事な日課でした」「今までありがとうございました」「LINEで引き続き楽しませていただきます」「お疲れさまでした」と労をねぎらうコメントが多く寄せられています。

石井ゆかりとは

ライター。星占いの記事やエッセイなどを執筆、「12星座シリーズ」(WAVE出版)は120万部のベストセラーに。 Twitterのフォロワー数は30万を越える。著書多数。

占星術師、著作家として活躍する石井ゆかりさんは、星占いの記事やエッセイなどを執筆し、「12星座シリーズ」(WAVE出版)は120万部のベストセラーに。

関連記事:
【2020年5月の運気予報】蠍座の満月&双子座の新月で「収入」に変化が訪れる
【2020年5月後半の運気予報】過去を捨て「新時代に一歩を踏み出す」転換期となる
【ゲッターズ飯田の占い】新型コロナウイルスは5月に区切りを迎える
【琉球風水志・シウマの占い】2020年5月のラッキーナンバー&ラッキーカラーを提案
ぷりあでぃす玲奈の2020年「12星座別運勢ランキング」を発表!
【水晶玉子の2020年占い】占い特集が充実!幸運を引き寄せる雑誌まとめ


【水晶玉子の2020年占い】占い特集が充実!幸運を引き寄せる雑誌まとめ


雑誌業界では「2020年の運勢」に関する特集が増えてきました。有名雑誌に引っ張りだこの水晶玉子さんが掲載されている雑誌をまとめてみました。雑誌によって使用している占術や内容を書き分けているので、自分にあった占いが掲載されている雑誌を選ぶと良いですよ。

PHPスペシャル|PHP研究所

PHP研究所の「PHPスペシャル 2020年1月増刊号:2020年前半 あなたの運勢」では、天中殺占いで「2020年の仕事運」を執筆。

2020年の春からブルーの翼の人(日干:51から60)が年運の天中殺になり、天中殺中のイエローの翼の人(日干:1から10)の人は、12月3、4日が最後の「トリプル天中殺の日」となるそうです。

ハーパーズバザー|ハースト婦人画報社

ハーパーズバザー(Harper’s BAZAAR)は、世界最古の女性向けファッション雑誌で、1867年にニューヨークで創刊。世界で発売されているので、知性を磨き輝きたい女性に愛されている雑誌の一つでしょう。

ハーパーズバザー(2020年 01・02月合併号)に、石井ゆかりさんと水晶玉子さんの2020年の星の動きなどについて語った対談記事を掲載。水晶玉子さんはツイッターで「初対面でしたが、とても楽しい対談でした」と語っています。対談中の裏エピソードは、石井さんが「ババロア」を、水晶玉子さんは「巨大なモンブラン」をいただいたそうですが、しゃべりすぎて全部は食べられなかったんだとか。

青春と読書|集英社

青春と読書は、集英社の新刊情報や人気作家の連載小説、エッセイ、対談などが掲載されている月刊誌。

青春と読書(2019年12月号)に、「オリエンタル占星術開運暦2020」を通して、2020年のことを語ったインタビュー記事を掲載。水晶玉子さんは「2020年のことは、語っても語っても語りきれない感じがします」とツイッターでコメントしています。

なお、この雑誌は取扱いが少ないので、大手書店でも置いてないケースが多いようです。ジュンク堂でゲットしたという報告ありです。上記で紹介している書籍は、インタビュー記事の元となった「オリエンタル占星術開運暦2020」です。

Cancam|小学館

Camcamは、20代中心の月刊誌。フェミニンなファッション誌という印象です。

Camcam(2020年1月号)では、これまでWebのみでしか公開されていなかった占術「新ペルシャン占星術」を初出し。雑誌では、占術の解説や2020年の運勢を鑑定できます。タイプ別の「2020年のスペシャルデイ」も。

ELLE|アシェット・フィリパッキ・メディア

ELLEは、1945年に創刊された、フランスを本国とする女性ファッション雑誌で、海外セレブやビューティーなどの情報を掲載。

エル・ジャポン(1月号)の占い特集では「大きな運気の節目である2020年とその後の世界のこと」を解説。「FORTUNE TELLING 2020年開運占い」には、水晶玉子さんだけではなく、鏡リュウジさん、ストーン姉妹、季家幽竹さんなど様々な先生が西洋や東洋さまざまな占術で未来を大予測しています。

メンズノンノ|集英社

集英社の男性ファッション雑誌「MEN’S NON-NO(メンズノンノ)」は、女性ファッション誌「non-no」の男性版として創刊されたもの。流行に敏感な男性や、最近ではメンズノンノ専属モデルの情報誌という立ち位置も。

2019年12月号の「メンズノンノ」には、昨年に引き続き「セックス占い」が掲載されています。「なんで私に?」と少し戸惑いながら、この時期の運気と相性を中心に執筆したそうです。

sweet特別編集 占いBOOK 2020|宝島社

sweet特別編集 占いBOOK 2020には「運景」の気タイプによる相性占いが掲載されています。気になる人や友人・知人との相性をセルフ鑑定できます。

相性も運も引き寄せる! すごいオリエンタル占星術|講談社

こちらは雑誌ではなく書籍となりますが、2018年に発売したい「すごいオリエンタル占星術」が重版。水晶玉子さんは「27宿別の取説のような1冊です。いろいろな人の27宿別の性格を知りたいと思ったら、この1冊を」としています。

自分の運勢だけではなく、家族や友達、会社の仲間を占ってみると面白そう。例えば、一見「苦手」だと思っていた上司が実は相性が良かったなんて発見があるかも。

水晶玉子とは

占術研究家 西洋・東洋の枠を超え多様な占いを研究、執筆。「ビビット!」「ダウンタウンDX」他、TVやラジオに出演。数々の有名人を占い、結婚、妊娠など的中させ話題に。空海が伝えた宿曜経を元にした「オリエンタル占星術」は”魔のウィーク”など毎日の運勢が怖いほど当たる!と大人気。『水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦』はシリーズ累計30万部突破!! 開運ヒントがいっぱいの自伝的エッセイ『いいことばかり起きる女になる!』もロングセラーに。『SPUR』『MENS’NON-NO』『CLASSY.』など雑誌連載や占い特集、「マンダリン占星術」などの占いサイトも好評。

水晶玉子さんは「MENS’S NON-NO」「SPUR」「an an」など数々のファッション雑誌に占いを提供していますが、実は「占い師」ではなく「占術家」なんですよね。占い師の多くは、四柱推命・九星気学など東洋系の占術や12星座で知られる西洋系の占術を習得して占いをしますが、水晶玉子さんの場合は東洋と西洋の垣根を越えて、オリジナル占術を生み出すほどあらゆる占術を熟知しているという点がすごい所。ゲッターズ飯田さんの占いも、もともとは水晶玉子さんの占術データを活用いると番組でも語っていました。

関連記事:
【水晶玉子のオリエンタル占星術】2020年は経済が大変化!2019年下半期&年末の過ごし方とは
【細木数子の六星占術占い】2020年の運勢を鑑定し発表!
【水晶玉子のオリエンタル占星術】開運暦2020を発売!幸運を呼ぶ365日メッセージつき
水晶玉子が「2019年上半期の恋愛運ベスト5」を発表!3位は牡羊座、1位は?
【水晶玉子の書籍】婚期や今後の幸運がわかる「水晶玉子の寿ゾーン」発売開始
スマートニュースに「占い」チャンネルが登場!水晶玉子の占いも
新・SMAPが「新しい地図」で再始動!水晶玉子の予言が的中へ
2019年の復縁・片思い・恋の願いを叶える「波動修正」とは
【アッコにおまかせ】2019年下半期「星座×干支」強運ランキング