2018年7月13日「蟹座の日食新月」が到来!新しい自分に出会う

obatea占い
Pocket

2018年7月13日にやってくる「蟹座の新月」は、2018年下半期で記念すべき最初の新月。日本では観測できませんが「部分日食」となる特別な期間でもあります。さらに、2018年7月28日には「皆既月食」が起きるので、7月13日から7月28日は「新しい自分」に出会うチャンスな気がします。

7月13日「蟹座の新月」が到来

  • 新月の時刻:7月13日(木) 11:49
  • ボイドタイム:7月13日(木) 11:49〜7月14日(金) 2:30
  • キーワード:家庭、家族、殻を破る

2018年7月13日は「蟹座の新月」が到来。蟹座の影響で「居心地の良さ」 に導かれていくはず。近くのインテリアショップに立ち寄って、新しい自分に合ったコーディネートを考えてみるだけでも、気持ちや行動に変化が起きてきます。

蟹が脱皮をするように「一皮剥ける」がテーマになってくるので、理想の自分に近づくための努力や行動をすると運気がアップしていきます。ダイエット・肉体改造・健康管理を見直すには良い時期なので、なりたい自分をイメージして歩きだしてみましょう。

前世の意識を受け取る期間へ

蟹座の新月は、自分の「内側」にフォーカスされる時期でもあります。

幸せは人によって様々で「大金」があるから幸せかと言ったらそうでもないです。友達が多い人に「友達いっぱいいてうらやましい」と言うと、決まって「本当の友達はいない」と寂しげに話をしたりするもの。

7月13日からは「自分にとっての幸せ」を探す期間でもあります。なんだかわからないけどモヤモヤな毎日を過ごしている人は、段々と霧(きり)が晴れていき、自分が本当に探していたモノやコトを見つけ出すことができるはずです。

前世から受け取る「幸せ」のヒント

幸せを探す際に大切なキーワードは「前世」です。前世と言うと「霊的な存在」を意識してしまうかもしれませんが、そうではありません。自分の「意思決定をさせるもの」と考えるとわかりやすいです。

例えば「リンゴとミカンのいずれかを食べていい」と2種類の果物を出された時に、「好きな方」を取るはずですよね。でも、トラウマや考え過ぎによって「好きな方」を取られずに誤った判断をした状況だと、人は不満を抱いてしまうのです。

7月13日からは、トラウマや考え過ぎなどで縛られた考え方から脱皮をして「本当に好きなもの」を手に取る訓練をすることが必要です。

リンゴかミカン、味が好きなのか、含まれる栄養が好きなのか、基準は人によって様々ですが、手にとった時に「納得感」が得られているを意識してみてください。リンゴを取って不満を感じていたのであれば、もしかすると本当はミカンが欲しかったのかも。

7月28日「水瓶座の満月」で皆既月食

  • 満月の時刻:7月28日(木) 5:21
  • ボイドタイム:影響なし
  • キーワード:自由、発明、閃き

7月13日「蟹座の新月」を特別にさせているのが、7月28日「水瓶座の満月」で皆既月食が起こることです。

水瓶座の満月は、集団思想から離れるような意味が強いので「蟹座の新月」との繋がりを考えると、7月13日から28日の期間で「自分の幸せを追求して心を素直にしていく」ことが重要だというメッセージ性を感じます。

7月28日までに心を素直にしていけば、これまで考えても思いつかなかったような、幸せに繋がる隠し扉が見つかるでしょう。

7月後半「新しい自分」に出会う

部分日食、皆既月食いずれも「変化」や「再生」を意味しています。古来は「死」を連想させる不吉なものでしたが、現在は「生まれ変わる」という意味合いが強くなってきています。

新しい自分というと、これまでの自分を全て否定するような印象を受ける方もいるかもしれませんが、そうではありません。言うなれば、一種の「メタモルフォーゼ(変形や転身の意味)」で、サナギからチョウになり飛び立つイメージです。

周囲の人との関わりや、テレビドラマなどに衝撃を受けて、学習意欲が急に高まったり、前は好きじゃなかった食べ物を口にできるようになったりと、少し前の自分には考えられなかったことをラクラクとこなすことができるはずです。

よく読まれている記事:
【パワースポット属性と相性診断】繭気属性の計算方法とその根拠とは?
【ゲッターズ飯田の五星三心占い】2019年の運勢を鑑定し発表
2018年7月11日は「蠍座の木星順行」でモヤモヤが解消されていく

Pocket

2018年7月11日は「蠍座の木星順行」でモヤモヤが解消されていく

obatea占い
Pocket

7月11日、2018年3月9日から続いていた「木星逆行」が終了。自分の「内面」を磨いていくことに焦点を当てた期間は完了し、今後あらゆることが変化していきます。

3月9日に開始した「蠍座の木星逆行」

蠍座の木星逆行期間は、見過ごしてきたことに一歩踏み込んだ時期。 友人や恋人と「腹を割って話す」時間によって、これまで引っかかっていた胸のつかえが段々と解消されていきました。

置き去りにしてしまった過去や、忘れてしまっていた何かを思い出すこともある時期でもあり、いままで「やりたい」と思っていたことや「やりたい」と思っていたことさえ忘れていたことを思い出し、実現へと向かいはじめる時だったのです。

周囲に対して「変化」を求めるのではなく、自分の「内面」にフォーカスを当ててきた人は、成功への道が見え始めているのかもしれません。

7月11日に「蠍座の木星順行」へ

7月11日、蠍座の木星が順行に入ると、自分が行きたい「目的地」に歩んでいけるようになっていきます。木星逆行で、受け取れなかった幸せギフトを再配達してもらった人は、過去から届いた箱を開けて、そのギフトで新たな旅路をスタートさせるのです。

木星は「幸せの星」「幸運の星」と呼ばれていますが、幸せとは「楽しみ」や「発展」という意味も含まれています。梅雨があけて晴れの日が続くと、これまで我慢してきたことを「やってみたい」という思いが膨らんでいくはずです。

2018年下半期が本格的に開始

仕事で息詰まっていた人や転職を考えていた人は、7月4日頃から空気感が変わってきているはずです。7月4日を栄えに、2018年の終わりや平成の終わりを潜在的に意識しはじめてくるのです。

上半期にイマイチうまくいかなかったと思う人は、下半期に逆転をするチャンス。木星の後押しで、どんどん前に進んでいくことができるでしょう。

開運ポイントは「変化を恐れない」

人間は、一度失敗すると動き出せなくなる生き物。過去のトラウマが邪魔をして、無意識に自分の行動範囲を狭めてしまうのです。

時に「やらないと決めつけていることをあえてやってみる」というのは大切なことで、いつもダイエットのために食べないと決めていたものを「1日だけ食べてみる」といったように、価値観を破壊していくことが大切です。

2018年下半期を充実させるためには、6月からの3ヶ月間は「自分がやりたいことをやる」を目標に、やりたいことリストを書き出し、休みの日に行動してみることをやってみてはいかがでしょうか。

7月13日「蟹座の新月」が到来

  • 新月の時刻:7月13日(木) 11:49
  • ボイドタイム:7月13日(木) 11:49〜7月14日(金) 2:30
  • キーワード:家庭、家族、殻を破る

2018年下半期に初めてやってくる新月が、2018年7月13日に到来する「蟹座の新月」です。

蟹座の影響で「居心地の良さ」を大切にする時期に入ります。家のリフォームや新しい家具の買い付け、模様替えなどを行うことで、良い運気が巡ってきそう。

殻を破るパワーが強くなる期間なので「成長したい」と思えることを願うと叶いやすいです。チャレンジ運がアップして、ダイエットや肉体改造、告白の後押しをしてくれるはず。

関連記事:
【2018年7月の運勢予報】模様替えで「新しい自分」に脱皮する
2018年7月7日「七夕」は願望成就パワーが増幅!良縁を引き寄せて

Pocket

2018年7月7日「七夕」は願望成就パワーが増幅!良縁を引き寄せて

obatea占い
Pocket

7月7日は「織姫様と彦星様が天の川で再会する日」で知られているように、願望成就や恋愛成就のエネルギーが増幅される一日です。手に入れたい幸せを具体的に考えると運気がアップ。

七夕の由来とは

日本をはじめアジアを中心に古来より伝わるお祭り行事「七夕」は、五節句の一つとして知られています。7月7日の夜に、願い事を書いた短冊や飾りと共に、笹の葉に吊るして星に願う習慣が現在でも続いています。

起源は中国からの伝来した「星伝説」が始まり。日本で七夕の慣習が続く要因としては、古事記に記載される「棚機女(たなばたつめ)」の信仰があったためと言われています。

棚機女とは、機械で織物を作る女性のこと。当時は、天から舞い降りる水神様に捧げる織物を「けがれ」を知らない女性が小屋にこもって作り上げる習慣があったそうです。

星伝説に登場する「織姫」と「棚機女」が似ているため、日本でも「七夕」のし風習が受け入れられてきたのでしょう。

夏の大三角形で運気をアップロード

織姫と彦星は、天の川をはさんで向かい合うように位置する裁縫を司る琴座のベガ・織女星、農業を司る鷲座のアルタイル・牽牛星がモデルとなっています。そして、二人のために橋をかけた鳥「カササギ」、現在は白鳥座で最も明るい恒星「デネブ」と共に夏の大三角形を夜空に描いています。

一方、月は「牡羊座の下弦の月」で、牡羊座から牡牛座に突入。牡羊座・牡牛座の影響で「足元を固める」という運気の波が「夏の大三角形」と共に、恋愛や新しい縁に向けて歩き出す人の後押しをしてくれそう。

夜は大好きな音楽鑑賞をするなど、ゆったりとした気持ちで心の整理をする時間にすると「心のアップロード」できます。嫌なこと、不安を考えずに、自分が好きなことを考えて。どうしても嫌なことが思い浮かぶ人は、紙に書き出して丸めて捨てる。また、実際に行かなくてもいいので旅行計画を立てるのもオススメです。

7月7日は「手に入れたい幸せ」を具体化

開運のヒントは「手に入れたい幸せを具体化する」です。

最近、幸せを手にするには「何かを得ようとする」よりも「何かを失おうとする」方が早い気がしています。悪習慣を一つ「やめる」だけで、運命の歯車は回り始めます。小さな歯車でも、大きな歯車に繋がっており、いずれ運命を大きく変えていくのです。成功者の運命変化を紐解くと、きっかけは本当に些細なアイディアなことも多いのが現実。

手に入れたい幸せを具体的に考えてみて、その幸せを得ている自分が「手にしていないもの」に気づいてみませんか。

関連記事:
【2018年7月の運勢予報】模様替えで「新しい自分」に脱皮する

Pocket

2018年7月6日「牡羊座の下弦の月」が未来に光を照らす

obatea占い
Pocket

様々なことを「整えていく」期間に7月。7月6日には「牡羊座の下弦の月」が巡ってきます。今の自分を見つめ直すと、下弦の月は未来にそっと照らしてくれるでしょう。

7月は隠していた問題の大掃除

7月に入ると、様々なことを「整えていく」期間になっていきます。

6月28日に訪れた「山羊座の満月」が、7月に入る直線に「現実の厳しさ」を押してくれた期間。どうやってもうまくいかないことに気づいたり、問題のあぶり出されたりと、大きな壁が突然現れて「もう無理だ」と思ってしまう人も多かったかも。ただ、夏至の「太陽エネルギー」によって、ジメッとしながらも心の安定は保つことはできていたはず。

7月6日の「牡羊座の下弦の月」が巡ってきたことで、散らかった部屋を片付け始めるように「やっぱり、やるしかない」という気持ちが沸き起こることでしょう。

7月6日に「未来予想図」を作ろう

牡羊座の下弦の月は、今の自分を見つめ直して、新しい自分へ変わっていくきっかけとなる出来事が待っています。例えば、街中ですれ違った人の素敵なファッションを見て「自分も、もう少し大人になりたい」と思うなど、ほんの小さなきっかけで歯車が動きだします。

きっかけは何でもよくて、自分も未来について紅茶を飲みながら少し考えて見ても良いでしょう。5年後、10年後、自分が何をしたいかを考えると、自ずと今やるべきことが見えてくるはずです。

7月7日「七夕」で願望成就

7月6日の翌日「七夕」には、願望成就しやすいといわれる期間に入ります。そのため「自分の未来」に目を向けて、手に入れたい幸せを具体的に考えると良いです。漠然と「幸せになりたい」ではなく、どうやれば自分が幸せになれるかを考えてみると良いでしょう。

七夕は「織姫様と彦星様が天の川で再会する日」として知られており、恋愛のイメージがありますが、人生を良い方向に導いてくれる人を引き寄せてくれる日でもあります。きっかけは些細なものなので、見逃さないよう注意してください。

7月は「模様替え」で運気アップ

太陽星座が蟹座へ移動したことで「家庭」や「インテリア」が開運のポイントに。模様替えなどを行って、心地よい暮らしを目指しましょう。

恋愛運の鍵は、水回り、ベッド周辺を念入りにすること。浄水器やミネラルウォーターなどで体にきれいな水を取り込むことも良いでしょう。

関連記事:
【2018年7月の運勢予報】模様替えで「新しい自分」に脱皮する

Pocket

2018年6月28日「山羊座の満月」が理想と現実の境界線を明確にする

obatea占い
Pocket

夏至の期間まっただ中の6月28日。6月の満月は「ストロベリームーン」と呼ばれ、恋愛に良い効果をもたらすと言われています。一方で、山羊座は「現実性」を訴えてくる暗示。これまでフワフワと妄想ばかりしていた人も、一気に現実を知ることが増えていきそうです。

6月28日「山羊座の満月」が示す現実

6月28日、夏至の期間で到来する「山羊座の満月(ストロベリームーン)」は、現実性を求めてくる満月です。

描いていた漠然とした夢から「課題」へ落とし込み、一歩前進していく流れになりそう。夢は夢のままでも楽しいですが、夢を現実にするための努力もまた人生の楽しみであるはず。理想と現実のギャップで苦しむこともありますが、現実を受け入れた先にある「何でもない些細な幸せ」を感じることができるでしょう。

ただ、人間関係はよりシビアに移行しそう。人の細かい部分が気になってしまい、勢いあまって指摘してしまうと関係性が悪化することもあるので、伝え方は慎重に。

6月21日から3ヶ月は、現実を受け止めつつも「自分がやりたいこと」に力をそそぐと、納得いく結果を手に入れることができるはずです。

ストロベリームーンと土星の急接近

6月28日は、夏の天体ショーが始まる日でもあります。満月(ストロベリームーン)と土星が急接近して、様々なシーンで「責任」を求められることがありそう。

今までの言動や「過去」を回収し、自ら処理していくようなイメージ。小さな「不満のツブ」を一つずつ潰していく作業は忍耐が必要。停滞感を感じるかもしれませんが、苦手意識にとらわれずに「心の整理」をしていきましょう。

恋愛においても少しずつ変化を感じるはず。カップルでストロベリームーンを見ると「恋が長続きする」という噂も。蟹座の影響があるので、オシャレなバーなどよりも「家庭的」な雰囲気がある場所で、将来を語ると良いかもしれません。

ただし、火星逆行が始まったので「感情のゆらぎ」には注意。感情的な話をするよりも、現実的な話をすることが良いでしょう。

7月は隠していた問題の大掃除

7月に入ると、様々なことを「整えていく」期間になっていきます。

6月28日は、ジメッとした気持ちから明るさを取り戻すことができてくる時期なので、太陽エネルギーでパワーチャージをしておきましょう。

太陽星座が蟹座へ移動しているので「家庭」や「インテリア」が開運のポイントに。模様替えなどを行って、心地よい暮らしを目指しましょう。

関連記事:
2018年6月21日は夏至の開始!住環境を整えて「やりたいこと」をする
【2018年7月の運勢予報】模様替えで「新しい自分」に脱皮する

Pocket

2018年6月27日「水瓶座の火星逆行」が心をザワザワさせる

obatea占い
Pocket

2018年6月27日は、宇多田ヒカルさんが「First Love」から19年を経て「初恋」発売し、未成年女性と飲酒したとして活動自粛したNEWSの小山慶一郎さんが復帰するなど、多くの「再出発」を意味するような一日になる気がしました。同じくして、水瓶座に位置している火星が逆行を開始しており、様々な変化が生じそう。

水瓶座で「火星逆行」発生

6月27日、水瓶座に位置していた火星が逆行を開始。天体の軌道とは反対の方向へ進行していくように見える「火星逆行」が、心をザワザワさせることでしょう。

野心と情熱が空回りする

火星逆行の影響は「周囲の人より頭一つ飛び出したい」という欲求が空回りすることで、スムーズな行動を制限するような流れになることを暗示しています。人からの信頼を落とし、自信を失うこともあるようです。少し長いですが、8月27日に順行へ戻り、夏が終わる頃には「心の成長」を感じるはずです。

恋愛では、心のままに「アピール」をしすぎると、相手から引かれてしまうことがありそう。少し一歩下がるくらいが、気持ちが通じ合えるかもしれません。

8月13日に山羊座へ突入

8月13日、火星逆行は水瓶座から山羊座へ突入。8月27日、山羊座で順行に戻ります。キーワードは「感情のコントロール」をすることが必要になりそう。恋愛や仕事でトラブルが発生しやすい時なので、慎重に行動しましょう。

山羊座の期間に入ると「頑固さ」や「変なこだわり」がエネルギーとして強く生み出されていきます。そのため、独断で動くより協調性を心がけた行動を意識することが重要です。別の言い方をすれば「相手のペースに合わせる」ということでしょうか。

お金の使い方に注意が必要

夏は散財する季節でもありますが、逆行中は落ち着いて行動する必要があります。というのも、お金の使い方がいつもよりも低迷しやすい時期に入ります。趣味や遊びばかりに消費してしまうと、後からツケが回ってくるので気をつけて。

難しい注文をしてしまうと、堅実に行動しすぎて「ケチケチ」してしまうのも注意。例えば、安い価格にひかれてバーゲンでいらないものを買う、冠婚葬祭や友人の誕生日代をケチってしまう、食費の節約で体調を崩すなどはNGです。

必要経費、逆行中の予算は現実的な範囲で決めることで、無駄な出費を減らすことができます。お金を使うときに「消費」ではなく、未来への「投資」だと思えるものかどうかを考えてみてください。

6月27日を起点に、考え方や価値観が少しずつ変化していきます。それは火星逆行だけではなく、2019年の運勢が影響し始めるから。2018年下半期の運勢を知って、あと半年間をどう楽しむかを思い浮かべてみてはいかがでしょうか。

関連記事:
【2018年7月の運勢予報】模様替えで「新しい自分」に脱皮する
【ゲッターズ飯田の五星三心占い】2018年下半期の運勢を発表
【ゲッターズ飯田の占い】2018年下半期の12星座運勢ランキングを発表
【ゲッターズ飯田の風水】2018年下半期の五星三心ラッキーカラー

Pocket

【2018年7月の運勢予報】模様替えで「新しい自分」に脱皮する

obatea占い
Pocket

2018年下半期が始まる7月。人々は「感情のねじれ」で始まった6月を乗り越え、大きな転換を迎える2019年に向かう時期に突入します。上半期は辛いと感じた人も、運命が大きく動いて驚くほどの「逆転」を遂げるでしょう。

7月は隠していた問題の大掃除

7月はいうなれば、様々なことを「整えていく」期間となります。

6月28日の「山羊座の満月」に影響を受けて始まる7月。山羊座が訴えかけているのは「現実」で、7月に入っても運勢の流れはよりシビアになっていきます。これまでタンスの奥にしまいこんで放おっておいた問題が表面化し、人生の改善が求められるはず。現実というのは厳しいものだけではなく「夢が現実になる」というご褒美も待ち受けています。これまでの努力が実る人も多くいるでしょう。

7月6日まで継続する、6月21日から始まった「サマーソルスティス(夏至)」は、ジメッとした気持ちから明るさを取り戻すことができます。長引いていた重だるい心を、太陽エネルギーによって軽くするチャンス。

6月21日に、太陽星座が蟹座へ移動したことで「家庭」や「インテリア」が開運のポイントに。模様替えなどを行って、心地よい暮らしを目指しましょう。

7月7日「七夕」で願望成就

7月7日は「織姫様と彦星様が天の川で再会する日」で知られているように、願望成就や恋愛成就のエネルギーが増幅される日です。縁というのは恋愛だけではなく、人生を良い方向に導いてくれる人との出会いも促してくれます。

7月7日前後は「自分の未来」に目を向けて、手に入れたい幸せを具体的に考えると良さそう。漠然と「幸せになりたい」ではなく、どうやれば自分が幸せになれるかを考えてみると良いでしょう。

効果絶大!横浜媽祖廟の「良縁祭」

7月7日、横浜中華街の「横浜媽祖廟」では、縁結びの神様「月下老人(げっかろうじん)」に良縁を祈願する「良縁祭」が行われます。お近くの人はぜひ足を運んでみてください(参加申し込み期限は7月4日まで)。授けてくれる「赤い糸」を手首に巻けば、ベストパートナーへと導いてくれると言います。

7月11日で完了「蠍座の木星逆行」

7月11日、2018年3月9日から続いていた「木星逆行」が終了。自分の「内面」を磨いていくことに焦点を当てた期間は完了し、今後あらゆることが変化していきます。自分が行きたい「目的地」に歩んでいけるでしょう。

サマーソルスティスの期間で、模様替えをした人は経験が活きる時。部屋のインテリアを考える時に「予算」や「方向性」を決めるのと同じで、人生も予算や現実を受け止めて形を作っていくもの。

部屋が散らかっている人は、人間関係や仕事も散らかりがち。7月11日を迎えた時、部屋が整理整頓できていないなら、水回りくらいはきちんと掃除しましょう。気持ちが少しスッキリして行動的になれるはず。

7月13日「蟹座の新月」が到来

  • 新月の時刻:7月13日(木) 11:49
  • ボイドタイム:7月13日(木) 11:49〜7月14日(金) 2:30
  • キーワード:家庭、家族、殻を破る

2018年7月13日は「蟹座の新月」が到来。蟹座の影響で「居心地の良さ」を求める傾向があります。独身の人は、動物園やデパートで見かけたファミリーにいつもより感情を激しく動かされそう。

殻を破るパワーが強くなる期間なので「成長したい」と思えることを願うと叶いやすいです。チャレンジ運がアップして、ダイエットや肉体改造、告白の後押しをしてくれるはず。

7月28日「水瓶座の満月」

  • 満月の時刻:7月28日(土) 5:21
  • キーワード:誤解、勘違い、頑固

2018年7月28日は、月末を迎えると人間関係も整理されていきそう。誤解や勘違いが多かった人も、自分の頑固な気持ちを捨てれば、スッキリとした気分になれるでしょう。

7月はとにかく自分がやりたいことにフォーカス。部屋の整理整頓、模様替えを行うと、例年より夏を楽しむことができるはずですよ。身内の人と旅行も吉。

Pocket

2018年6月21日は夏至の開始!住環境を整えて「やりたいこと」をする

obatea占い
Pocket

2018年6月21日から「サマーソルスティス(夏至)」が開始。西洋占星術では、巨蟹宮(蟹座)の始まる日でもあります。自分が抑えていた「やりたいこと」が膨らんで行動的になる期間に入り、これまで閉じこもっていた人も「夏の明るさ」を取り戻すことができるはず。

6月21日「ジュセリーノの予言」の日

2018年6月21日といえば「ジュセリーノの予言」が話題になっています。予言は、夢で未来を見通せるという「ジュセリーノ」という男性が「日本の大地震が来る」というもので、2008年に発売された書籍「続・未来からの警告(たま出版)」に「東海地方でマグニチュード10.6という強い地震が起き、1000人以上、もしくは100万人もの人が死亡する」と書かれています。

ジュセリーノの予言と、本震の2日前に「前震」が起きた2016年の「熊本地震」の経験から、6月19日発生した「大阪地震」も「前震」である可能性があるとネット上で話題になっています。

一部専門家は予言を完全否定

ただ、一部専門家からは「ジュセリーノの予言」を否定する動きも。過去の予言の多くはハズレており、信ぴょう性がないと結論づけています。また、気象庁も「南海トラフ巨大地震」との関連性がないと見解を述べているおり、不安を感じすぎなくても大丈夫そう。

とはいえ、地震はいつ来るかわからないので、準備はしておくのが良いでしょう。

夏至はエネルギー変化の時期🌅

6月21日から「サマーソルスティス(夏至)」が開始。西洋占星術では、巨蟹宮(蟹座)の始まる日でもあります。スピリチュアルな観点で言うと「エネルギー変化」が起きる時期に入るため、宇宙パワーがシフトしていきます。

夏至の日からの過ごし方

  • 夏至の期間:6月21日〜7月6日
  • キーワード:家、家庭、献身、暴飲暴食

2018年の「夏至」は、6月21日から小暑(しょうしょ)までの期間となります。昼の時間が最も長く、夜が最も短くなる日なので、一年で最も「太陽エネルギー」が溢れる日。地域によっては、豊作祈願や不老長寿を願うなどの意味で、タコ、いちじく、小麦餅などを食べる風習があるようです。

夏至は、太陽星座が蟹座へ移動するタイミングでもあるので、インテリアデザインや家庭料理に注目が集まります。長く使った家具を修理する、汚くなったカーペットやカーテンを買い替えるなどすると、良い気の流れになりそう。部屋をきれいに掃除し、整理整頓して住環境を整えましょう。

6月28日「山羊座の満月」は現実を見る

夏至の期間にある6月28日には「山羊座の満月(ストロベリームーン)」が到来。その影響で「忍耐」が必要な時期に。人々が冷静さを取り戻し、あらゆることに「現実性」を求められます。問題を解決するための「理想」と「現実」のギャップに驚きつつも、一歩ずつ着実に進んでいく必要があります。人の細かい部分が気になってしまい、勢いあまって指摘してしまうと人間関係が崩れてしまう危険性もあるので、伝え方には充分注意を。

6月21日から3ヶ月は、現実を受け止めつつも「自分がやりたいこと」に力をそそぐと、納得いく結果を手に入れることができるはずです。

関連記事:
【ゲッターズ飯田の五星三心占い】2018年下半期の運勢を発表
【2018年6月の運勢予報】梅雨入りの心は「プチ旅行」でリフレッシュを

Pocket

2018年6月14日は双子座の新月!プチ旅行で思いが伝わる👥🔮💫

obatea占い
Pocket

2018年6月14日には「双子座の新月」がやってきます。風のようにフットワークが軽く、知的好奇心が旺盛な双子座の影響を受けて、新しい情報を取り入れやすい時期に突入。初対面の人との出会い、自分の才能に気づくなど、発見が起きやすくなりそうです。

6月14日「双子座の新月」が到来

  • 新月の時刻:6月14日(木) 4:43
  • ボイドタイム:6月14日(木) 4:44~16:21
  • キーワード:調和、選択、決断、情報処理、知的好奇心

6月14日に到来する「双子座の新月」は、双子座の影響で様々な「情報伝達」が起きやすい時。新規プロジェクトの立ち上げ、技術の発展、サービスの発表などのニュースも耳に飛び込んでくるでしょう。これまで止まっていたことが、少しずつ動き出すように思えるはず。

一方で、6月14日から「情報」に惑わされてしまう人も多くなる時期。悪意のある言葉で不安を感じてしまったら、少し過敏になりすぎだと気を紛らわせることが大事です。

コミュニケーション運が上昇👥

新しい自分の可能性を見つけることができ、初対面の人と交流する時期もありそうです。学校や会社で知ってはいたけど話したことのない人を、食事に誘ってみると、楽しい交流ができます。

プチ旅行で運気アップ✈

旅行やイベントの計画をするには良い時期。行った先でインスピレーションが高まり、仕事や恋愛に良い影響をもたらしてくれますよ。近隣や日帰りでもいいので、温泉や大きめの公園に出かけるとフレッシュな気持ちになれそう。

恋人とのデートも問題ありませんが「非日常」や「新しさ」をテーマにすると、相手の新たな一面を垣間見ることができます。

トレンド情報をチェック📱

新サービスの発売日発表が多い時期なので、トレンド情報をチェックすると、耳寄りな情報が得られそう。新サービスに刺激を受けて、これまでになかった斬新なアイディアが思い浮かぶかも。

新月のお願い作法🌚

  • 新月になったら、48時間以内にお願いごとを書きます
  • ボンドタイムを避ける方が良いとされています
  • お願いごとは2件以上、10件以内にする
  • 手書きでお願いごとを好きな紙に書き下ろす
  • 願いは「自分を変える」ことにする

双子座は、コミュニケーション力の向上やスムーズな交渉を助けてくれる星です。あなたが何かを誰かに伝えるにはとても適した期間となるので「告白がうまくいくように」や「あの人の気持ちがわかるように」といった、人との関わりを深くするような願い事が叶いやすいと言われています。

願い事をお作法に従って紙に書き、パワーウィッシュしてみてください。ただ、ボンドタイムはあなたの願い事にノイズが入りやすいと言われていますので、できるだけ避けることをオススメします。

7月11日まで続く「木星逆行」が影響💫 

2018年3月9日から 7月11日という長い期間に渡り「木星逆行」が続いており、6月も引き続き影響しています。人間関係で「自由になりたい」と感じる時期ですが、飛び出すのはもう少し先の方が良いでしょう。現時点では、周囲に要求するのではなく、自分の「内面」を磨いていくことに焦点を当てて。

転職を考えている人は、周囲に対する不満なのか、自分の成長のためなのかをしっかり見極めることが大事。周囲に期待するのを少し抑えて成長しようと考えると、運気が良い方向に進みます。

2018年下半期は大逆転のチャンス

2018年下半期が始まると、運勢が大きく変化していきます。2018年上半期に「あまりうまくいかなかった」と思う人は、後半から大逆転のチャンス。反対に、これまで順調だった人は調子に乗らずに少し慎重な行動を心がけましょう。

関連記事:
【ゲッターズ飯田の五星三心占い】2018年下半期の運勢を発表
【2018年6月の運勢予報】梅雨入りの心は「プチ旅行」でリフレッシュを

Pocket

【2018年6月の運勢予報】梅雨入りの心は「プチ旅行」でリフレッシュを

obatea占い
Pocket

2018年6月は、5月29日に訪れた「射手座の満月」の影響を大きく受けてスタート。周囲との「感情のねじれ」によって、不安定な気持ちになった人もいるかもしれません。

6月1日からは、絡まった糸がゆるみ、解決の方向へ軌道修正される期間に突入。後半は、多くの人が「倹約モード」に入りそう。後半は、ストロベリームーンの影響で、恋愛に「リアリティー」を感じる機会が来るはず。友人がふとした瞬間に漏らした本音が、今後の人生で大切な鍵となります。

5月29日「射手座の満月」が到来

些細な暴言が引き金となって、波紋をもたらした「射手座の満月」が完了。何が問題かさえも見えないまま闇雲に走っていた人も、6月には明確な課題が見えはじめていく時。

天王星の移動で価値観が大きく変動を迎え「日大アメフト問題」のように、これまで耐え忍んできたことを逆転するような出来事も起きました。大きな組織が大改革されると、組織に属する人の価値観も変貌していくでしょう。

6月1日は、月と土星のコンジャクション。感情が抑圧されて、自分の考えが制限されてしまうことがあるかも。不安な気持ちは割り切って、コツコツと「やれることをやる」が大切。

関連記事:
2018年5月29日は射手座の満月!人間関係で「感情のねじれ」に注意

6月14日「双子座の新月」は旅行計画を

6月中旬になると、様々な“コミュニケーション”が行われます。新プロジェクトの発表やニュースが飛び交い、未来への大きな一歩を踏み出すはず。また、撒いていたことも忘れていた「小さな種」が地面から芽を出すので、新しい自分の可能性を見つけることができるでしょう。

交流を増やしやすい時期なので、旅行やイベントの計画をするには良いでしょう。人との交流でインスピレーションが高まり、仕事や恋愛に良い影響をもたらしてくれます。

6月28日「山羊座の満月」は現実を見る

6月後半〜7月に入ると「山羊座の満月」が影響し「忍耐」が必要な時期になりそう。人々が冷静さを取り戻し、あらゆることに「現実性」を求められます。問題を解決するための「理想」と「現実」のギャップに驚きつつも、一歩ずつ着実に進んでいく必要があります。

人の細かい部分が気になってしまい、勢いあまって指摘してしまうと人間関係が崩れてしまう危険性も。伝え方には充分注意を。

7月11日まで続く「木星逆行」

2018年3月9日から 7月11日という長い期間に渡り「木星逆行」が続いており、6月も影響があります。人間関係で「自由になりたい」と感じる時期ですが、飛び出すのはもう少し先の方が良いでしょう。現時点では、周囲に要求するのではなく、自分の「内面」を磨いていくことに焦点を当てて。

2018年下半期は大逆転のチャンス

2018年下半期が始まると、運勢が大きく変化していくことを感じるはず。2018年上半期にあまりうまくいかなかったと思う人は、後半から大逆転のチャンスです。

関連記事:
【ゲッターズ飯田の五星三心占い】2018年下半期の運勢を発表

Pocket