劇団ひとりの未来を予言した霊能者「バラート・クラーラ」とは?

祈り
Pocket

ハンガリー・ブダペスト在住の「バラート・クラーラ」は、劇団ひとりが「クラーラおばさん」と慕う霊能者。日本のテレビ出演され知名度が高いようですが、現在でも謎に包まれている部分が多そうです。

未解決・失踪事件を解決に導く霊能力

日本ではあまり馴染みがありませんが、海外では警察が霊能力者に捜査協力をするケースも多いようです。ヨーロッパの内陸国・ハンガリーに在住していた、バラート・クラーラさんも警察に難事件の捜査協力を求められた霊能者の一人でえ、様々な未解決・失踪事件を解決に導く能力を持つ人として地元のメディアにレギュラー出演をしていたようです。

バラート・クラーラさんの霊能力は日本のメディア制作者にも噂が届き、テレビ朝日『奇跡の扉 TVのチカラ』、フジテレビ『爆笑問題☆伝説の天才』など多数のメディアに出演しています。

劇団ひとりの未来を予言的中

バラート・クラーラ「新しい可能性が見えてくるわ。おそらく映画の出演や本の執筆などをして経済的にも安定します。すべてにおいて、成功するでしょう。困難があっても乗り越えていけるタイプ。ただし車の事故や、先のとがった刃物には気をつけて」

日本のメディアに出演したのをきっかけに、日本の芸能人や有名人の未来を予言する機会もあったようです。元グラビアアイドルとして活躍していたタレント・乙葉さんやお笑い芸人・森三中の結婚、劇団ひとりさんの執筆活動などが予言的中したと話題になりました。

バラート・クラーラとは

  • ハンガリーの首都ブダペスト在住の霊能者/占い師
  • 霊能捜査協力依頼を受けるほど高い霊能力を持つ

国の生活保護児として、施設や里親のもとを転々とした幼少期。貧しく愛情もない生活の中、苦労を糧に、かけがえのない能力を開花させていく。そんな彼女には、小さな頃から、成人したら他の人を助けたいという願いが生まれていた。人が正しい道を見つけるための手助けをすることに大きな喜びを感じている。自分の持てる能力を使い、多くの悩める人々の前に、未来への道しるべとなる心の灯かりをともしている。

幼少期から、国の生活保護児として、施設や里親のもとを転々とする日々。貧しく、愛情もない生活を糧に能力が開花されたバラート・クラーラさん。多くの人に手を差し伸べたいという気持ちから、開花した能力を活用していったと言います。2014年4月御逝去後、現在もバラート・クラーラさんに認められた一部の関係者に引き継がれた占術書をもとに人々を救っているようです。

Pocket