【牡羊座木星期】5月11日に木星の牡羊座入り!世界の価値観&生活様式が変わる

obatea占い
Pocket

5月11日に木星の牡羊座入りし、世界の価値観や生活様式が変わることがありそう。

木星魚座期から木星牡羊座期へ

  • 2021年12月29日:木星の魚座入り
  • 2022年5月11日:木星の牡羊座入り
  • 2022年10月28日:木星の魚座入り
  • 2022年12月20日:木星の牡羊座入り

2022年は幸運の星「木星」が12星座最後の「魚座」と、最初の「牡羊座」を往来するのが特徴的です。木星の動きは、2021年12月29日に魚座入り、2022年5月11日に牡羊座へ移動。10月28日に魚座に戻り、12月20日に牡羊座入りします。

魚座のキーワードは癒し・共感・共有で、温泉旅行や趣味に没頭するなど、自分を癒してあげる時間にすると良い期間です。一方で、木星が「牡羊座入り」すると、革命&革新の流れに突入します。世界の価値観や生活様式が大きく変わっていくことがあるでしょう。

関連記事:
【2022年を占いで大予想】水晶玉子の大予言!恋愛&結婚&仕事&危険日は?

双子座&牡牛座の水星逆行

5月10日から、双子座の水星逆行がスタート。情報やコミュニケーションで問題が発生しやすくなります。体調悪化が起きたり、有名人の破局や恋愛報道もフォーカスされることでしょう。思いが伝わらなかったり、ちょっとした一言で炎上してしまうことがありそう。デマやフェイクニュースで、真実を見失ってしまうことのないように気をつけたいところです。

23日以降は牡牛座での逆行となり、金銭感覚や資金についてすれ違いが起きやすいタイミング。安いと思って買った高額なものが値崩れしてしまうといったこともありそう。慎重な判断を心がけることが大切です。

水星逆行は、復縁チャンス期とも言われています。うまく思いが伝わらず、破局となってしまったパートナーとの縁を再び繋ぐには良い機会です。共通の友人から伝えてもらったり、連絡を取ってみてください。

関連記事:
2022年5月10日~6月3日「双子座の水星逆行」で体調悪化&有名人の破局や恋愛報道も
【水星逆行の影響】恋愛では復縁に追い風、仕事や体調不良&株価への影響も!?

心が乱れやすい季節

五月病とは、医学的な病名ではなく、5月の連休後に憂鬱になる/なんとなく体調が悪い/会社に行きたくないなどの軽いうつ的な気分に見舞われる症状のことをいいます。 以前は若い新入社員や新社会人に多く見られていましたが、現在は転勤や転職、部署異動など新しい環境に変わる中高年の人にも増加しています。

5月は「五月病」という言葉があるように、春の寒暖差や大型連休明けで精神的な疲れが出やすい時期。いつも以上に「心のケア」をすることが重要です。食事のバランス、睡眠不足の解消を意識してみてください。

芸能界には、ダチョウ倶楽部・上島竜兵さんの訃報が届き、心を痛めた方も少なくないと思います。誰にも話せない思い、本人しかわからない苦悩があったのでしょう。芸能人の運勢は、一般人よりも早い流れがあったりします。他人事と思わずに、頑張りすぎないようにしたり、小まめに休養するようにしてみてください。

占い的には、5月は「いつも明るくさっぱりしている人」「友だちを大切にしている人」が運気が乱れやすいです。話を聞くだけでも力になれたりするものなので、落ち込んでいる様子を見たら、声をかけてみてください。

関連記事:
【2022年5月の運勢】ゲッターズ飯田の五星三心占いで鑑定する全体運・仕事運・恋愛運
【星ひとみの天星術開運カレンダー】2022年5月の開運日と注意すべき日とは?
【2022年5月の運気予報】牡牛座の新月&蠍座の満月で「収入」に変化が訪れる
【星ひとみの天星術占い2023】天星12タイプでわかる2023年の運勢&2023年予測
【ゲッターズ飯田の占い】2022年絶好調の五星三心タイプ&モヤモヤ解決お悩み別鑑定
【ゲッターズ飯田の2022年五星三心占い】時代が大きく変化する「五黄の寅年」の一年に
【2022年の運勢】ゲッターズ飯田の五星三心占い12タイプ別総合運&ラッキーカラーを鑑定
【星ひとみの2022年占い】運命がわかる天星術12タイプの調べ方&令和4年の運勢
【ゲッターズ飯田の五星三心占い】2022年上半期のタイプ別運勢&3つの開運キーワード
【2022年を占いで大予想】水晶玉子の大予言!恋愛&結婚&仕事&危険日は?
【星ひとみの天星術開運カレンダー】2022年の開運日と注意すべき日とは?
ゲッターズ飯田が認める「歩くパワースポット」SHOCK EYEの開運本が発売

Pocket

冥王星の逆行で「根本的な見直し&本質的な欲求」がスタート!ゴールデンウィークで新たな流れへ

obatea占い
Pocket

4月30日は、生と死や破壊と再生を意味する冥王星が逆行。問題や混乱発生をする中で「根本的な見直し」「本質的な欲求」が発生して、新たな展開を迎えることになりそうです。

過去5年の「冥王星逆行」と社会

  • 2021年4月28日〜10月7日:岸田文雄内閣発足
  • 2020年4月26日〜10月4日:菅義偉内閣発足
  • 2019年4月25日〜10月3日:税制改正
  • 2018年4月23日~10月1日:働き方改革関連法が成立
  • 2017年4月21日〜9月29日:天皇退位を容認

過去5年、冥王星逆行で様々な大きな動きがある期間。

2021年の日本で、9月29日に第27代総裁が誕生。候補は河野太郎ワクチン担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行の4氏。10月4日召集の臨時国会で首相指名選挙を経て首相となり、新内閣が発足に至りました。

2022年は、4月30日から10月9日の期間で冥王星が逆行。政治的な動きもあり、人々の生活も大きく変化していくことでしょう。個人レベルでは「価値観」「生きがい」「働き方」を見直す機会が訪れそう。お金のために働いていた人も「何のために働いているんだっけ……」と、冷静になることがあるかもしれません。

冥王星逆行の注意点

2008年から2023年までの約14年間、山羊座に滞在する冥王星。2023年3月に水瓶座へと移動していきます。2008年といえば、福田首相が辞任し麻生内閣が発足し、アメリカでは大統領選でオバマ氏が当選した年。同年、リーマンショックで、生活は大きく変わることになりました。今年2022年も、4月下旬から10月の間で「一つの区切り」を迎えて、流れが激変していくことを感じるでしょう。

冥王星が逆行することで、気持ちが不安定になってしまいそう。頑固さが出ると「時代に置いていかれる」という感情も出てきそう。ネガティブな感情が膨らんでも「そういう時期だ」と思うようにすると、冷静に対処できるはずです。

ゴールデンウィークで新たな流れへ

  • 水星の牡羊座入り
  • 牡牛座新月(部分日食)
  • 金星の牡羊座入り
  • 木星牡羊座期間へ続く

惑星の逆行や移動に加えて、牡牛座新月が到来。ゴールデンウィークを抜けた頃には「木星牡羊座期間(5/11〜10/27)」に突入していきます。

原点回帰、リセット、ゼロになる……など、自分自身の欲求と向き合ったり、何が本当に欲しいものかを自問自答することになりそう。見失ってきたことを取り戻す、忘れていたことを思い出すということもあるでしょう。

ヒントのカギは、古くからの友人や上司であったり、懐かしいもの、幼少期のアルバムなど「過去」の地図によって導き出されそうな予感です。心から楽しい・面白いと思えるものと触れ合うことで、外の情報に左右されずに大切なモノが見えてくるはず。

今年のゴールデンウィークは「新しい場所」よりも「懐かしい場所」に足を運んでみると、何となくモヤモヤしていたことがスッキリしたり、進むべき道が見えてくるかもしれません。

関連記事:
【2022年4月後半の運気予報】天秤座の満月の意味&願い事が叶うスピリチュアルウィッシュ
【2022年5月の運気予報】牡牛座の新月&蠍座の満月で「収入」に変化が訪れる
【星ひとみの天星術開運カレンダー】2022年5月の開運日と注意すべき日とは?
【星ひとみの天星術開運カレンダー】2022年の開運日と注意すべき日とは?
【ゲッターズ飯田の2022年五星三心占い】時代が大きく変化する「五黄の寅年」の一年に
【2022年の妊活風水】シウマ流の開運数字「24」で子宝運アップ
【星ひとみの2022年占い】運命がわかる天星術12タイプの調べ方&令和4年の運勢
【2022年の運勢】ゲッターズ飯田の五星三心占い12タイプ別総合運&ラッキーカラーを鑑定
【2022年ラッキーカラー】五星三心占い12タイプ別の開運色は? 財布や手帳で運気アップ
【突然ですが占ってもいいですか?】番組の主題歌&挿入歌・全BGMプレイリスト一覧まとめ
【ゲッターズ飯田の4年前の予言が的中】東京都知事選で現職の小池百合子が勝利する
【星ひとみの天星術占い2023】天星12タイプでわかる2023年の運勢&2023年予測

姉妹サイトの関連記事:
2022年の満月・新月・ボイドタイムカレンダー

Pocket

2022年4月17日は「天秤座の満月」で心のつながりを再認識する

obatea占い
Pocket

2022年4月17日に「天秤座の満月」が到来。出会いが増えて、対話をする機会が自然と増えるかも。また、社会的な動きもありそう。

4月11日に新型コロナ「XE」

厚生労働省は新型コロナのオミクロン株のうち、感染力が高いとされる「XE」と呼ばれるウイルスが国内の検疫で初めて確認されたと発表。国内で感染が広がる「BA.2」系統よりも感染力が高い可能性があるとして、危機感が高まっています。

4月11日といえば、水星が牡牛座へ移動し、これまでスピード感や直感的に物事を捉えていたことが、より現実味を帯びてくるような流れ。そして、15日から火星が水瓶座から魚座へ移動。理論だけではなく「感覚」も大事になってくる時期になってきます。

感染力が強い「XE」の流行が始まっても、2020年4月「緊急事態宣言」のような協力はできるような雰囲気ではなく、本来であれば強制力が必要な決断も、現在は「わかっているけど」と違う選択を迫られることになるでしょう。

コロナ慣れ、我慢の限界……など、2年前の状況とはかなり違う形で、ゴールデンウィークを迎えることになりそうです。

2022年4月17日「天秤座の満月」で社会も動く

4月後半に入ると「天秤座の満月(ピンクムーン)」が到来。個人レベルで言えば、出会いが増えて、対話をする機会が自然と増えるかも。社会が変化していくタイミングでもあるので、働き方に対する議論がなされそう。

政府が、ワクチン接種済みの人向けに割引サービスを検討中。名称も「GoToイベント」から「ワクワクイベント(イベントワクワク割)」とするとしています。ゴールデンウィークに向けて、議論が活発になっていきそうです。

2022年04月30日「冥王星の逆行」で改革へ

2022年から2023年に向けて、自分改革が始まるのが30日の「冥王星の逆行」です。個人の生き方だけではなく、社会の変化へ順応していくことが求められそう。逆行は10月9日まで続き、秋まで大きなテーマとして残ることになります。

4月末は、新社会人たちが、早くも「なんとなく仕事が嫌になった」と言い出しそうな時期。昭和生まれの古臭いやり方に嫌気がさしてくるかもしれません。今年は独立心・個性が重視されるので、働き方についても「もっと自由でもいいよね」「もっと人それぞれでいいよね」という価値観が重視されていく感じです。

これは不思議なのですが、自由であればあるほど、ルールやマナーは厳しくなってくもの。「最近のテレビはつまらない」と言われるのは、全ての人に配慮するようになったから。革新的で面白いと思えるデザインのファッションが一般向けしないように、大衆化されたものは「つまらないもの」になってしまうのです。ただ、そんな「つまらなさ」の中から面白みをどう作っていくかが、今後は重要になってくるのでしょう。

昔は良かったなんて思わずに「どう未来を良くしていこうか」と前向きに考えて「新しい価値観」を作っていくことが必要なのかもしれません。

関連記事:
【星ひとみの天星術開運カレンダー】2022年4月の開運日と注意すべき日とは?
【2023年にコロナ収束】ゲッターズ飯田「さらに長引く可能性がある」と予言も
【2022年の星占い】癒し&創造の一年!下半期は驚くスピード感に
【ダウンタウンDX】水晶玉子の「芸能界2022最強運ランキング」トップ48の全解説
【ゲッターズ飯田の2022年五星三心占い】時代が大きく変化する「五黄の寅年」の一年に
【2022年の妊活風水】シウマ流の開運数字「24」で子宝運アップ
【星ひとみの2022年占い】運命がわかる天星術12タイプの調べ方&令和4年の運勢
【2022年の運勢】ゲッターズ飯田の五星三心占い12タイプ別総合運&ラッキーカラーを鑑定
【2022年ラッキーカラー】五星三心占い12タイプ別の開運色は? 財布や手帳で運気アップ
【2022年の春から始める運気アップ術】福山雅治が参拝&結婚で話題の西野神社!金運&健康運のラッキーカラーを紹介
【ゲッターズ飯田の占い】2022年の家庭運!夫婦親子運&子どもの運気を上げる方法
【ゲッターズ飯田の占い】12タイプ別ラッキースポットを発表【五星三心占い】
【星ひとみの天星術開運カレンダー】2022年の開運日と注意すべき日とは?

姉妹サイトの関連記事:
2022年の満月・新月・ボイドタイムカレンダー

Pocket

2022年3月3日は「魚座の新月」アートに触れてリフレッシュを

obatea占い
Pocket

3月3日は「魚座の新月」が到来します。音楽やアートに触れるとリフレッシュできそう。また、神秘や幻想の世界との縁が強くなるので、パワースポットに足を運んでみるのもおすすめ。いつも以上に、エネルギーが感じられるでしょう。

2022年3月3日の「魚座の新月」

3月3日は「魚座の新月」が到来。運命のクリーニングが始まり、心と体をリセットすることが大切になってきます。

長めの入浴やストレッチで体をほぐし、音楽や芸術で心をマッサージすると、運勢が安定するでしょう。停滞感がある人も、月後半に向けて流れが変わっていくので、焦らないで今やれることを進めてみてください。

春分の日「宇宙元旦」で変化

2022年の春分の日は、3月21日。その頃から「陰から陽へ」と流れが変わり、拡大や発展をしていくことになるはず。魚座の新月を迎える頃は「前進をする準備期間」と考えて、心の筋トレを開始すると良いと思います。

ここ数年は、コロナ期間ということもあり「体験」や「感動」が少なくなっている人も多いはず。なので、音楽やアートに触れる機会を意識的に増やして、整えていきましょう。最近ではサウナブームで「ととのった」という言葉をよく聞きまし、キャンプも流行しています。汗をかく・人と触れ合う・自然を感じるみたいなことを無意識に求めているのかもしれません。いずれにも共通するのが「モノ」ではなく「コト」だったりします。感じる・思う・絆……など、物質ではないことが価値として高まっているのでしょう。

春分は「宇宙元旦」と言われて、運気も新しくスタートしていく時期です。今までうまくいっていた人がガクッとスピードが止まるなんてこともありますし、反対に闇のトンネルを抜けられる人も出てきます。サイクルの終わりと始まり、そんなことを感じられる時期になって行きそうです。

関連記事:
【2022年3月の運気予報】運命のクリーニング&リコンストラクション月間へ

Pocket