2020年4月8日「天秤座の満月」で協力体制が強化される暗示

Pocket

2020年4月8日、天秤座の満月を迎えると、必死に掴んでいたことから解放されて、新たな旅立ちが始まります。一方でコミュニケーションが強化されて「協力体制」という暗示も。大きく物事が変化していく起点となるタイミングです。

新しい時代への入り口

これまでの流れとしては、12月末に「新型コロナウイルス 」が広がりはじめ、瞬く間に世界へと感染していきました。毎日が戦争のように暗く、先が見えない不安を誰しもが抱えています。

ただ、マイナスなことばかりではありません。人間の活動が停止したことで、大気汚染の問題がわずかながら改善に向かっていたり、新しい経済活動を模索する人々も出始めたり、家から出ずにどうやって楽しもうかという発想も生まれています。きっと、数年後、今の状況を振り返った時に「新しい時代の入り口だった」と感じる人も多いでしょう。

48日「天秤座の満月」にターニングポイント

大きな起点は4月末から5月にかけてですが、4月8日前後に大きな動きが予想されています。天秤座の満月(スーパーピンクムーン)によって、コミュニケーションが活発化し、大きな一歩を踏み出す流れがきます。

満月の到来で、これまでしがみついていたものから離れる可能性も。手を繋いでいた大切な人も、ある出来事によって、突然の別れが訪れることがあります。悲しみと共に、なぜか解放された気分にもなるので、心がざわめくでしょう。

社会的には「決断」や「エンターテイメント」というキーワードが浮上しています。有名アーティストによる動きが活発になって、人々を動かすメッセージを発信する流れです。現代社会で言えば、歌や踊り、または絵画や動画などでしょうか。新型コロナウイルスによって沈んだ気持ちが、一気に華やかな状況へと変化する……そんなイメージです。

形あるものから精神の世界へ

ものに固執しないというのは数年前から訪れていましたが、2020年から本格的に「形から精神へ」世界が変化していくでしょう。科学技術が発展する中で「占い」などの形がないものに注目が集まります。キャッシュレス、ペーパーレスもこれから需要が高まってくるでしょう。

ウィズコロナの時代へ

感染症が落ち着いた状況になっても、これから「ウィズコロナ」の時代へ突入していきます。インフルエンザのように、ウイルスと共存する必要が出てくるのです。そのために、社会や企業が動き出していくので、時代や状況の変化に適応していかなければなりません。

春分ゲートで2つに区分された世界で、それぞれの生活をしていく。閉ざされた扉はもう二度と開くことはなく、ウィズコロナという「新しい世界」に踏み入れた人々のみが、次の時代を築きあげていくのです。

2021年に向けて運気が変化する

2020年も4ヶ月が経ち、少し気が早いですが、あと数ヶ月もすれば2021年の運気の影響を受けてきます。

2020年前半は「集団」がフォーカスされる一方で、秋頃になると「個人」にスポットライトが当たります。フリーランスや自営業など、大企業に頼らない生活の仕方にシフトするような流れ。それは「新型コロナウイルス」だけではなく、運気的な流れが「頑固な職人」「クリエイター」「フリーランス」「旅人」がメインになってくる年になるからです。

2020年上半期は「集団」の協力が必要

集団というのは、今の時代を読むと「協力して課題を解決する」という心を一つにすることが重要という価値観のこと。新型コロナウイルスを収束させていくために、みんなで協力しようという気持ちが大事。集団が考える「正しさ」に従って動くことで、幸運をつかむことができます。

2020年下半期は「個人」のセンス

下半期に入ると、経済活動や個人レベルの生活が問題になってくるので、それぞれの価値観を大切にして、どのように前進していくかを考える必要が出てきます。2021年は、自分の技術やセンス磨き、一歩一歩の努力を出来る人が幸運をつかみます。また「信頼」が重視される年にもなるので、誠実な対応がより大切になってきます。ぜひ意識してみてください。

関連記事:
【2020年4月の運気予報】天秤座の満月&牡牛座の新月で変化と順応が鍵
【ゲッターズ飯田の占い】新型コロナウイルスは5月に区切りを迎える

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です