【星ひとみの占い】天星術「上弦の月タイプ」2021年の運勢

Pocket

星ひとみさんの天星術で「上弦の月タイプ」の基本性格、2021年の運勢を鑑定していきます。

星ひとみの天星術とは

天星術とは、星ひとみさんオリジナルの鑑定方法。中国や日本古来から伝わる「東洋占星術」をベースに考案されており、統計学・人間科学・心理学などの要素が取り入れられているといいます。

天星術タイプ一覧

天星術では、人を3つの天室(月、太陽、地球)に区分していると考え、さらに4つの「時星」に分類。満月上弦の月下弦の月新月山脈大陸朝日真昼夕焼け深夜の「12天星」をベースに、運勢を鑑定します。

天星術タイプの調べ方

自分の天星タイプは以下の記事を参考に調べてみてください。天星タイプは、基本的に一生涯変わることはないので、知っておくと便利です。

関連記事:
【星ひとみの占い】運命がわかる天星術12タイプの調べ方&天星術早見表

2021年はどんな年に?

2021年は「大きな変化の時期」を迎えると言われています。今まであった慣習や伝統が崩れて、壊れていき、新たな常識や価値観が生まれていきます。これから迎える新しい時代を「素直に」「柔軟に」受け入れていくことを意識して、変化に順応していきましょう。

関連記事:
【星ひとみの開運法】2021年は「混迷の年」時代や恋愛観が大きく変化する年に

上弦の月タイプは「月グループ」

上弦の月タイプは、満月・下弦の月・新月と同じ「月の天室(グループ)」に属します。月グループの人は、価値観やプライベートが見えにくい「ミステリアス」な人。不思議で独特な感性の持ち主で、神秘的な魅力や妖艶なイメージです。時にはクールな印象を持たれてしまうこともありますが、本来はとても優しく、愛情が豊かで繊細な性格でしょう。

関連記事:
【星ひとみの占い】運命がわかる天星術! 天室「月グループ」の特徴
【星ひとみの占い】運命がわかる天星術! 天室「地球グループ」の特徴
【星ひとみの占い】運命がわかる天星術! 天室「太陽グループ」の特徴

天星術「上弦の月タイプ」の基本性格

ファッションセンスや美意識が高い、無邪気で頑固な性格。

美しさを感じとる感覚が優れているので、感性や独創性を活かせる仕事が向いています。純粋な心の持ち主ですが、頑固になりすぎるのが玉にきず。警戒心がとても強く、疑心暗鬼で用心深い。ガードが固く、慎重になりやすい性格です。

恋愛面では、遊び人の友達に影響されると浮気や不倫に走り出す可能性が。面倒な関係は好まないので、本命との関係を重視します。

上弦の月タイプの芸能人&有名人

  • プロバスケットボール選手・五十嵐圭
  • 大沢たかお
  • 生田斗真
  • GACKT
  • 香川照之
  • ムロツヨシ
  • 田村淳
  • 指原莉乃
  • SixTONES・松村北斗

天星術「上弦の月」2021年の総合運

上弦の月タイプの2021年は、これまで叶わなかった願いが実現していく時期です。目標が明確で努力を続けてきたものについては、結果となって表れてきます。

恋愛、結婚、出世、転職、起業、貯金、投資など、大きな決断・スタートするに適している年でもあるので、優柔不断にならなければ、スムーズに話が進むはずです。

天星術「上弦の月タイプ」2021年の恋愛運

恋愛は「悲しい別れ」がある暗示ですが、それは不要な縁だと思って、気持ちを切り替えていくと良いでしょう。お互いに無理している関係でなければ、結婚や将来に向けて展開がありそうです。

出会いを求めている人は、リラクゼーションやマッサージ、エステで自分磨きをすると良いでしょう。パワースポット、温泉、ひとり旅で、エナジーチャージをすると、前向きな気持ちになって、自然と人と会う機会が増えていくでしょう。

天星術「上弦の月タイプ」の恋愛相性

  • 満月タイプ:癒してくれる
  • 大陸タイプ:良い刺激をくれる

上弦の月タイプは、同じ月グループの「満月タイプ」や地球グループの「大陸タイプ」が良い相性です。

自分を癒してくれる「満月タイプ」、良い刺激をくれる「大陸タイプ」とは、深い関係になりやすい傾向があります。

天星術「上弦の月タイプ」2021年の結婚運

大人になりきれないと結婚運は遠のきます。良い運気の中にいても「決断」が出来ないため、チャンスを逃してしまいがち。

焦って結婚すると失敗しやすいですが、心に決めた相手が見つかったなら、一歩踏み出す勇気を持つことが大事でしょう。

天星術「上弦の月」の婚期

  • 2021年:決断の年(決星)
  • 2023年:モテ期(天星)
  • 2026年:結婚運(金星)

2021年に「決断」と出ており、ここを逃すと2023年、2026年が結婚に適している時期です。特に2026年は、運気が最高潮となるので、必ずチャンスが舞い込んできます。

天星術「上弦の月タイプ」2021年の仕事運

自分に合った職業を選ぶと良いでしょう。長く続けていて「転職」を考えているなら、選択を間違わないように気をつけましょう。

出世や昇格で、他人に厳しくなる傾向があります。日頃から言葉づかい、ふるまいに気をつけることが大事でしょう。

天星術「上弦の月タイプ」2021年の金運

上弦の月タイプは「玉の輿の星」「相続の星」があるので、結婚によって財をなす人も多いです。お金を手にしても、私利私欲で散財しては運気が下がってしまいます。どう使えば、人が喜ぶのかを考えてみると良いでしょう。

天星術「上弦の月タイプ」2021年の健康運

気にし過ぎや考え過ぎが病気に繋がりそうな運気。定期的に休みを取って、エステやマッサージ、汗をかくくらいの軽い運動をすると、回避できます。

脳の病気、高血圧、狭心症、心筋梗塞、不整脈、肩凝り、肩関節症、ドライアイ、緑内障、肺疾患、胃もたれ、胸焼けなどに注意が必要です。

天星術「上弦の月タイプ」2021年の開運行動

着ていない服、年齢に見合わない服は思い切って捨てるようにして、ミニマリストまでいかなくても、部屋をすっきりとさせてみてください。

財布をそろそろ変えようかなと思っている人は「白い長財布」がおすすめです。目上の人が、あなたの可能性を見出してくれる流れになって、出世やリーダーに指名されることがあるかも。

天星術「上弦の月タイプ」2021年のラッキーカラー

2021年は、これまで叶わなかった願いが実現していく時期で、ラッキーカラーは「橙色」です。橙色は、元気をくれるビタミンカラーで、ポジティブな気分にさせてくれるでしょう。

天星数「11」の上弦の月タイプ

本来、自由人で明るい性格の持ち主。繊細なところがあり、周囲を優先してしまうところがあります。人に振り回されて、疲れてしまうタイプ。損得勘定で動き過ぎるのをやめると、視野が広がって、運気の流れが良くなるでしょう。

毎年、夏から秋に季節が変わる頃は運気低迷に思えますが、2月、4月、12月は運気は追い風になり、行動的になれるでしょう。

天星数「17」の上弦の月タイプ

無邪気な性格で、人から好かれて、恨まれることは少ないでしょう。優しい言葉づかいに惹かれる気質があり、騙されやすいところがあります。甘い話や誘惑にはくれぐれも注意しましょう。

毎年、8月、9月は運気が低迷しますが、2月、4月、12月は運気は追い風に。

天星数「32」の上弦の月タイプ

サバサバした性格ですが、気分屋なところがあるので集中力が続かなところがあります。励ましてくれる明るい友人が近くにいると、モチベーションを継続することが出来ます。甘い言葉だけではなく、耳に痛い話をしてくれる人を大切にすると良いでしょう。

毎年、4月、5月は運気が低迷しますが、1月、10月、8月は運気がスムーズになります。

天星数「38」の上弦の月タイプ

自分が正しいと思い過ぎるところがあるので、他人と打ち解けるに時間が必要なタイプかもしれません。年下や同い年よりも、目上の人や先輩から学ぶことが多いので、一緒にいる時間を増やすと良いでしょう。

毎年、新年度からゴールデンウィークにかけては運気が低迷しがち。ただ、1月、10月、8月は、物事が円滑に動いていくでしょう。

天星術の開祖・星ひとみとは

元グラビアアイドルの星ひとみさんは、巫女の血筋を持つ天星術の開祖。タレント活動の傍ら行なっていた占いが共演者やスタッフの間で話題に。東洋占星術・統計学・心理学・人間科学などから独自の占術「天星術」を編み出し、これまでの鑑定実績は2万人以上。結婚時期やバンドの解散やブレイク時期などを的中させています。また、石田純一さんと東尾理子さんの結婚、カジサックさんの子供を命名、山田裕貴さんもTwitterでラブコールを送るなど、芸能人や有名人の間でも注目されている凄腕占い師です。

星ひとみに直接鑑定してもらう方法&予約方法

星ひとみさんのお店は、台東区上野にある「占いサロン Star Eye’s」で鑑定を行なっています。占い予約については、星ひとみさんのブログで案内されています。ただ、天星術・姓名判断など様々な占術を使用して占っていきますので、一日で行える鑑定の人数が限られており、予約が困難な状態が続いています。

公式占いサイトなどの直接鑑定キャンペーンでも可能性はありますが、人数が少ないため難しい状況です。

関連記事:
【星ひとみの姓名判断】星ひとみに占ってもらう方法&鑑定受付と口コミ評価

関連記事

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です