ジャニーズWEST・桐山照史が黒柳徹子と共演!ゲッターズ飯田の占い的中

Pocket

2018年秋、ジャニーズWEST・桐山照史さんが舞台「ライオンのあとで」で黒柳徹子さんと共演することが発覚。発表を聞いたファンの間では、1月に放送されたラジオ番組「レコメン」で、ゲッターズ飯田さんが「役者の仕事がくる」と鑑定していたことを思い出し「的中した」と話題になっているようです。

黒柳徹子と「桐山照史」が共演へ

黒柳徹子さんが主演を務める舞台「ライオンのあとで」に、ジャニーズWEST・桐山照史さんが大抜擢。NHKドラマ「あさが来た」や、音楽劇「マリウス」など、演技力に定評のある桐山照史さんは、今回の出演決定に意気込みを見せていました。

今回の舞台は、黒柳徹子さんの思い入れが強い作品で、21年ぶりの上演となるもの。桐山照史さんの演技力が製作陣の目に留まっての決定だったと各メディアで伝えられています。

桐山照史の2018年運勢が的中

2018年1月に放送された、ジャニーズWEST 桐山照史・中間淳太がパーソナリティーをつとめるラジオ番組「レコメン」では、今回の大抜擢をゲッターズ飯田さんが予言するような一幕があり、ファンの間で噂になっています。

桐山照史の性格は「役者向き」

ゲッターズ飯田「やはり役者が向いてますね」

まず基本的な性格を占ったゲッターズ飯田さんは「やはり役者が向いていますね」とコメント。桐山照史さんは生まれながらにして、役者の才能があったことがわかります。もちろん努力なくして才能は花開きませんが、今回の抜擢は運命だったのかもしれません。

鑑定では「真面目な割に人の話は聞かない」と指摘される場面もありましたが「探求心がある」「臆病なのに刺激を求める」など、総合的に役者向きの性格であるとゲッターズ飯田さんからお墨付きをもらっていました。

予言的中「大きな仕事が来る」

  • 2018年に大きな(役者の)仕事がくる
  • 役者以外の仕事で夏頃にくる
  • 映画、大河、CMがくる可能性も
  • 33歳以降に(さらに)花が開くので頑張り時

ゲッターズ飯田「2018年の仕事で何かしら大きなことが来ます」

桐山照史さんの2018年は「絶好調です」と絶賛するゲッターズ飯田さん。さらに、今回の配役の話が来るのを知っていたかのように「大きな仕事がきます」とコメントしていました。

今回、予言的中となった「大きな仕事が来る」ですが、さらに気になるのは夏以降に「映画、大河、CMがくる可能性も」という鑑定。黒柳徹子さんとの共演ということで注目が集まっているので、今後さらなる飛躍で予言的中しそうな予感です。

ゲッターズ飯田とは

芸能界最強占い師としての呼び声も高い、今注目されている占い師。目元を隠すような赤いマスクとハンチング帽にスーツ姿がトレードマーク。

1999年からお笑いコンビ「ゲッターズ」として活動していたが、2005年に解散。その後は作家・放送作家・タレント・占い師(ディスティニーナビゲーター)として、雑誌、ラジオ、TV、インターネットテレビ等、幅広い分野で活躍中。TV番組『笑っていいとも!』『バイキング』『お願い!ランキング』等、他にも多数出演。構成作家としては現在『久保みねヒャダこじらせナイト』に参加しており、『最強運芸能人決定戦。(フジテレビ系)』『笑っていいとも!』の構成も手がけていた。

「人の紹介でしか直接占いを行わない」という他の占い師と一線を画すスタンスが評判を呼び、これまでに占った芸能人、業界人の数は4万人以上に。

著書には『ボーダーを着る女は95%モテない!』『モテる人はダイエットをしない。』『モンスターハンター モンスター占い』『ゲッターズ飯田のいろんなマンガを勝手に占ってみました。』『ゲッターズ飯田の開運ブック』『ゲッターズ飯田の運命を変える言葉』『金持ち風水』など。また、『週刊プレイボーイ』『東京ウォーカー』『女性自身』でコラムや占いページを連載中。

スマートフォン占いサイト:
ゲッターズ飯田の占い
ゲッターズ飯田の姓名判断

関連記事:
ゲッターズ飯田による「禁断のSMAP占い」が解散後話題に
今井翼の舞台、代役に「桐山照史」大抜擢!ゲッターズ飯田の予言的中

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です