【2018年下半期ゲッターズ飯田の占い】蠍座(さそり座)の運勢

Pocket

2018年6月15日、お笑いコンビ・アンジャッシュ渡部健さんがパーソナリティーを務めるラジオ番組「GOLD LUSH」で、ゲッターズ飯田さんが「2018年下半期の12星座運勢ランキング」を発表。12星座運勢をそれぞれ深掘って独自解説していきます。

蠍座:2018年下半期運勢

勉強の時期に入るので、自分の不慣れや弱点をしっかりと分析して、学んでおくといいです。普段は観ないような映画とか、音楽も少し変わったものでいいので、変化を楽しんでみるといいです。

運勢の変化についていけない可能性がありますが、恋愛運は好調。不慣れだと思っても変化することを楽しめば、良い運気に乗れます。

蠍座:2018年下半期の仕事運

2018年下半期の仕事運は、少し落ち着きそう。勉強の時期に入るので、不慣れだと感じることも増えそう。自分の弱点を知ることで運気が上昇していきます。普段は観ない映画や音楽に触れると、良い気分転換になりそう。

一人で抱え込むことが多い蠍座。これまでは何とか切り抜けることができたかもしれませんが、2018年下半期は「一人ではできないこと」を知ることになりそう。協力者やサポートしてくれる人が周囲にいることに気づけば、運が安定していきます。

蠍座:2018年下半期の恋愛運

2018年下半期の恋愛運は「不器用でいい」がテーマ。蠍座は、相手の気持ちや空気を察してあげる器用さがあるものの、相手にも高度なコミュニケーションを求めてしまうため、恋愛ではうまくいかないケースが多いです。

高度なコミュニケーションの持ち主なので、言葉にすることは不器用。2018年下半期は不器用でいいから「言葉にする」ということが大事です。

蠍座:2018年下半期の結婚運

2018年下半期の結婚運は「低迷期」に入るので、相手のペースに任せると運気の流れがうまくいきます。婚活中の人は、自分の直すべき点が見つかって、前進することができそう。

ゲッターズ飯田とは

芸能界最強占い師としての呼び声も高い、今注目されている占い師。目元を隠すような赤いマスクとハンチング帽にスーツ姿がトレードマーク。

ゲッターズ飯田さんは、1975年4月4日で「銀のインディアン」タイプ。芸能界最強占い師としての呼び声も高い占い師。赤いマスクとハンチング帽にスーツ姿で、テレビやラジオ番組やトークライブなども行うことから「占い師タレント」とされることも多いのですが占いはかなりの本格派である印象。

ゲッターズ飯田の略歴

  • 1975年4月4日:静岡県磐田市に誕生
  • 1999年:お笑いコンビ・ゲッターズを結成
  • 2005年4月:お笑いコンビ・ゲッターズを解散
  • 2009年8月:公式携帯占いサイトをオープン
  • 2011年9月:書籍『ボーダーを着る女は95%モテない!』を出版
  • 2013年06月18日:株式会社Gオフィスを設立

日本福祉大学を卒業したのち、名古屋吉本4期生に。1999年から2005年4月の間、津村英世(つむらひでよ)さんとお笑いコンビ・ゲッターズとして活動しており、現在の芸名は元々結成していたお笑いコンビの名前が由来となっているようですね。コンビ解散後は、作家、放送作家、タレント、占い師とマルチな活動を行っていましたが、2013年6月に「株式会社Gオフィス」を二番弟子兼マネージャーの中込(なかごめ)さんと設立後、占い師としての活動を本格化しメディアに多数出演しています。

関連記事:
【ゲッターズ飯田の占い】2018年下半期の12星座運勢ランキングを発表

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です