【星ひとみの天星術占い】満月タイプ2022年の総合運「個性が輝く一年に」

Pocket

星ひとみの天星術占いで、満月タイプ2022年の総合運を鑑定。

星ひとみの天星術とは

新時代、コロナウイルス拡大と共に登場した新生占い師。テレビで独自の占いを披露して、瞬く間に人気を獲得してきた星ひとみさん。パーソナルで心と過去に深くダイブする「天星術占い」は、常に変化させていっていると言います。

運気は「良い悪い」「吉凶」「裏表」など様々な捉え方がある中、星ひとみ流は「光と闇」で、アップダウンも含めて人生として捉えて、幸運へと導いています。独自の目線で統計学・人間科学・心理学を組み合わせて、人の運勢を鑑定しています。

天星術の3つのグループと12タイプ

天星術は、生まれた年月から導き出された数字に、生まれた日の数を足し合わせた天星数から、天星グループ(月・地球・太陽)に分け、さらに4つの天星タイプに分類されます。

神秘的で魅力的な波動を持つ愛情豊かな月グループには、満月、上弦の月、下弦の月、新月。現実主義的でバランス感覚を持つ地球グループには、空、山脈、大陸、海。そして、自由と個性が輝く冒険者の太陽グループには、朝日、真昼、夕焼け、深夜と分けられます。

同じグループでも少しずつ考え方や「アイデンティティー」が異なり、各々で相性や関係性が違ってきます。そのため、恋愛・結婚・ソウルメイト探しに役立てやすい分類となっているのです。

関連記事:
【星ひとみの占い】運命がわかる天星術! 天室「月グループ」の特徴
【星ひとみの占い】運命がわかる天星術! 天室「地球グループ」の特徴
【星ひとみの占い】運命がわかる天星術! 天室「太陽グループ」の特徴

天星タイプの調べ方

自分の天星タイプは以下の記事を参考に調べてみてください。天星タイプは、基本的に一生涯変わることはないので、知っておくと便利です。

【星ひとみの占い】運命がわかる天星術12タイプの調べ方&天星術早見表
【星ひとみの2022年占い】運命がわかる天星術12タイプの調べ方&姓名判断の診断方法

月グループと天星数

  • 満月(4、10、33、39、45)
  • 上弦の月(11、17、32、38)
  • 下弦の月(2、3、8、41、47)
  • 新月(14、20、23、26、29、36)

地球グループと天星数

  • 空(6、43、49、54、55、60)
  • 山脈(9、15、16、34、40、46)
  • 大陸(1、5、50、53、56、59)
  • 海(51、52、57、58)

太陽グループと天星数

  • 朝日(21、22、27、28)
  • 真昼(7、42、44、48)
  • 夕焼け(12、18、31、37)
  • 深夜(13、19、24、25、30、35)

2022年は「変化の年」

星ひとみの天星術で2021年は「変化が大事」というキーワードでしたが、2022年も引き続き、大きな変化の流れに中にあるようです。

2021年について、星ひとみさんはテレビや雑誌などで「柔軟に変化を受け入れる年」と語っていましたが、2022年は「人との繋がりを持ちながら、個性を発揮していく時代」になるのではないかと予想します。

関連記事:
【星ひとみの天星術占い】2021年下半期は「しなやかさ」がテーマに
【星ひとみの天星術占い】2021年下半期の恋愛運「新時代の恋の見つけ方」

天星術「満月タイプ」の性格と特徴

想像力が豊かである一方で、現実主義者な一面があるロマンチスト。

愛情が深く、ロマンチストな天星術「満月」タイプ。マイペースに見えて、気づかい屋なので、疲れてしまうこともしばしば。

クリエイティブの星、才能の星があるので、写真家やアニメーター、デザイナーなどの仕事が天職になりやすいタイプです。性格は、周囲に気を使える優しさを持っているでしょう。ロマンチックな一面を持っていますが「現実主義者」の星が入っているので、持ち前の分析力で、理論的に物作りをする事ができます。

天星術「満月タイプ」の恋愛傾向

恋人は「結婚できるかどうか」で判断する

恋愛においては、好意を抱くとロマンチックになりやすく、好き嫌いがはっきり出やすい傾向があります。友人・親友・恋人を分けており、付き合う人は「結婚できるかどうか」で判断する傾向があるはず。結婚を意識してはいるものの、決断を先延ばしにする所があるので、婚期を逃す星も持っています。女運男運はあまり良くなく、過去のトラウマがある人は、相手を信用できない事もあるでしょう。恋人がいても、寂しさが募ると浮気や不倫に走ることもあり、相手に飽きると、陰ながら次の相手を探すタイプでもあります。

天星術「満月タイプ」の2022年総合運

2022年は、個性や魅力が輝きやすい一年になりそうです。夏頃は疲れが出やすいので、ゆっくり休むようにすると良いでしょう。

昨年2021年は「再出発の年」「人生の上昇期」の年。再開、再挑戦、再発見……すでに出会った人、一度諦めてしまったこと、やりかけていることに向き合うことも多かったのではないでしょうか。きちんと目標を定めて努力を続けた人は、2022年に大きく花ひらくことでしょう。

恋愛・結婚・仕事で、結果が出やすい一年。思わぬところで運命の人と出会い、スピード婚をする可能性もありそうです。

関連記事:
【星ひとみの天星術占い】満月タイプ2021年下半期の恋愛運「急展開で電撃婚も」

天星術の開祖・星ひとみとは

元グラビアアイドルの星ひとみさんは、巫女の血筋を持つ天星術の開祖。タレント活動の傍ら行なっていた占いが共演者やスタッフの間で話題に。東洋占星術・統計学・心理学・人間科学などから独自の占術「天星術」を編み出し、これまでの鑑定実績は2万人以上。結婚時期やバンドの解散やブレイク時期などを的中させています。また、石田純一さんと東尾理子さんの結婚、カジサックさんの子供を命名、山田裕貴さんもTwitterでラブコールを送るなど、芸能人や有名人の間でも注目されている凄腕占い師です。

星ひとみに直接鑑定してもらう方法&予約方法

星ひとみさんのお店は、台東区上野にある「占いサロン Star Eye’s」で鑑定を行なっています。占い予約については、星ひとみさんのブログで案内されています。ただ、天星術・姓名判断など様々な占術を使用して占っていきますので、一日で行える鑑定の人数が限られており、予約が困難な状態が続いています。

公式占いサイトなどの直接鑑定キャンペーンでも可能性はありますが、人数が少ないため難しい状況です。

関連記事:
【星ひとみの姓名判断】星ひとみに占ってもらう方法&鑑定受付と口コミ評価
【星ひとみの2022年占い】運命がわかる天星術12タイプの調べ方&令和4年の運勢
【ゲッターズ飯田の2022年五星三心占い】時代が大きく変化する「五黄の寅年」の一年に
【2022年ラッキーカラー】五星三心占い12タイプ別の開運色は? 財布や手帳で運気アップ
【2022年の運勢】ゲッターズ飯田の五星三心占い12タイプ別総合運&ラッキーカラーを鑑定
ゲッターズ飯田「2022年3月にコロナ収束」過去の予言が現実味を帯びる

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です