【チャネリング】誰でも簡単にできる「幸運を引き寄せる方法」とは?

Pocket

チャネリングという言葉をご存知でしょうか。スピリチュアルな説明だと「前世や宇宙からメッセージを受け取る方法」と何だか怪しげですが、科学的な観点から見るとまた違った解釈ができるような気がしました。

宇宙からのメッセージを受け取ることで、待ち受けている不運を回避するだけではなく、本来の幸福な自分の姿を取り戻すことができるはずです。

チャネリングとは📩

チャネリングとは「霊的存在・宇宙など神秘的な存在と交信すること」で、1980年代の「ニューエイジ運動」の頃から使われ始めた言葉だと言われています。

ラジオや無線の周波数を合わせると、同じ周波数の情報を受け取ることができるように、人間の意識を霊的な存在にチャンネルを合わせることで、今必要な情報を受け取ることができるのがチャネリングです。

チャネリング能力に長けた「ヒーラー」によって、前世の記憶や宇宙から情報を受取るのが一般的ですが、自分自身で行う「セルフチャネリング」でも高次の存在から情報を受信することが可能です。

セルフチャネリングとは 💫

セルフチャネリングは「チャネリング」と似ていますが、感覚としては全く違うもので、脳から「α(アルファ)波」を発生させ、高次の存在とチャンネルを合わせるというものです。

脳波の一種である「α波」は、安静時に誰もが発生させているものですので、難しく考える必要はありません。セルフチャネリングは、誰もが簡単にできる「自分との対話方法」と言えるでしょう。

マインドフルネスとの違い🙏

アップル社のスティーブ・ジョブスは、日本に強く影響を受けて「禅(ZEN)」の思想を取り入れ、マインドフルネス瞑想を実践していたとされています。現在では、グーグル社やイギリス国会などでも取り入れられているそうです。

マインドフルネス瞑想は、シンプルに言えば呼吸を整えて「無心」になることで、言い換えれば「邪念を捨てる」ということになります。チャネリングとは違い「メッセージを受信する」という概念はなく、心を落ち着かせて集中力を高める「リラックス方法」に留まります。

目の前にある仕事や作業などに集中するには「マインドフルネス瞑想」を利用し、未来や未知の世界と対話する際には「チャネリング」をするというのが良いでしょう。

宇宙からのメッセージを受け取る方法

宇宙からメッセージを受け取る際には「マインドフルネス瞑想」ではなく「セルフチャネリング」を行うと良いでしょう。現在は、CD付きの書籍も販売されており、聞き流すだけで「高次の存在からメッセージを受け取れる」という時代になっています。

セルフチャネリングの手順

  1. 寝た状態で軽く目を閉じる
  2. 全身の筋肉に力を入れる
  3. しばらくしたら全身の力を抜く
  4. ゆっくりと深呼吸をする

セルフチャネリングは、しずかな波音や心地良い音楽を聞きながらすると良いでしょう。そして、心と体をリラックスさせるために、全身の筋肉にグッと力を入れてパッと力を抜くを繰り返します。穏やかに呼吸を続けることで「α波状態」に自身を誘導していきます。すると、突然メッセージが舞い降りてくるはずです。

メッセージは、映像であったり、言葉では言い表せることができない「直感」のような形で届きます。そのメッセージは「今のあなた」に必要な情報なので、どんな情報でも感謝して受け取るようにしましょう。

最初はチャンネル合わせに苦戦するかもしれませんが、何度も挑戦することで「メッセージ」を受信しやすくなります。無理のない範囲で続けてみてください。

チャネリングは「引き寄せ」の一種

チャネリングを実際にやってみるとわかるのですが、良いことや情報が自然と舞い込む現象「引き寄せの法則」と似ているように感じるはず。たとえ、チャネリングで受け取ったメッセージが身の危険を知らせる「不幸なシグナル」だったとしても、感謝することで「幸福への道」が見えてくるはずなのです。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です