【2018年下半期ゲッターズ飯田の占い】山羊座(やぎ座)の運勢

Pocket

2018年6月15日、お笑いコンビ・アンジャッシュ渡部健さんがパーソナリティーを務めるラジオ番組「GOLD LUSH」で、ゲッターズ飯田さんが「2018年下半期の12星座運勢ランキング」を発表。12星座運勢をそれぞれ深掘って独自解説していきます。

山羊座:2018年下半期運勢

悪いというよりも、ひとりの時間が非常に増えるので、悪く言えば「孤独になる」というときなんです。ちゃんとひとりで勉強するとか、自分の時間が持てるという意味では、学ぶとか、積み重ねる時間がとれるという意味でもあります。あとは失恋に注意。調子に乗って失敗しやすいので、相手の気持ちを考えて行動しましょう。

2018年は、前半が「攻め」で、後半が「守り」の流れになる年。結婚をするなら上半期中がオススメなので、下半期は相手の気持ちを考えて行動を。

山羊座:2018年下半期の仕事運

2018年下半期の仕事運は、一人の時間を大切にするのがテーマとなります。2019年に向けて、挑戦する機会や初めての体験が次々と増えていくので、体調管理や心の整理をしていきましょう。

勉強や自分がやりたかったことに時間が使えるようにもなる時期。自分としっかりと向き合って進んでいきましょう。

山羊座:2018年下半期の恋愛運

2018年下半期の恋愛運は、失恋に注意。調子に乗って失敗しやすいので、相手の気持ちを考えて行動しましょう。

自分の弱さやコンプレックスを相手にぶつけてみるといいでしょう。心の奥深い場所で繋がれるチャンスにもなります。

山羊座:2018年下半期の結婚運

2018年下半期の結婚運は、相手に任せてみましょう。上半期は活発な運でしたが、下半期から運勢は「守り」に入ります。調子に乗ると相手に幻滅される可能性もあるので、慎重に行動してみてください。

ゲッターズ飯田とは

芸能界最強占い師としての呼び声も高い、今注目されている占い師。目元を隠すような赤いマスクとハンチング帽にスーツ姿がトレードマーク。

ゲッターズ飯田さんは、1975年4月4日で「銀のインディアン」タイプ。芸能界最強占い師としての呼び声も高い占い師。赤いマスクとハンチング帽にスーツ姿で、テレビやラジオ番組やトークライブなども行うことから「占い師タレント」とされることも多いのですが占いはかなりの本格派である印象。

ゲッターズ飯田の略歴

  • 1975年4月4日:静岡県磐田市に誕生
  • 1999年:お笑いコンビ・ゲッターズを結成
  • 2005年4月:お笑いコンビ・ゲッターズを解散
  • 2009年8月:公式携帯占いサイトをオープン
  • 2011年9月:書籍『ボーダーを着る女は95%モテない!』を出版
  • 2013年06月18日:株式会社Gオフィスを設立

日本福祉大学を卒業したのち、名古屋吉本4期生に。1999年から2005年4月の間、津村英世(つむらひでよ)さんとお笑いコンビ・ゲッターズとして活動しており、現在の芸名は元々結成していたお笑いコンビの名前が由来となっているようですね。コンビ解散後は、作家、放送作家、タレント、占い師とマルチな活動を行っていましたが、2013年6月に「株式会社Gオフィス」を二番弟子兼マネージャーの中込(なかごめ)さんと設立後、占い師としての活動を本格化しメディアに多数出演しています。

関連記事:
【ゲッターズ飯田の占い】2018年下半期の12星座運勢ランキングを発表

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です