【細木数子の六星占術占い】2020年の運勢を鑑定し発表!

Pocket

細木数子が「六星占術占い」で鑑定する2020年運勢!恋愛、結婚、金運、仕事、そして運命の変え方を独自解説していきます。

六星占術で2020年の運勢を鑑定

2020年は「庚子」で、六星占術で言えば「水星プラス」の年。新しい時代の幕開けで、驚くような展開となりそう。植物に例えれば、新しい芽を出し成長していくような段階。これまで溜め込んでいたエネルギーが開花に向けて進んでいくでしょう。これまでの努力が目に見えてくるような局面となります。

六星占術で占う2020年の世相

2020年は、株価の上昇に向けて進む年。キーワードは「繁栄」で、本格的に運命サイクルが始まっていきます。異常干支の年でもあるので自然災害も多いです。特に、海・大河、水に関する災害が多くなるので、注意してみてください。

土星人プラスの2020年運勢

土星人プラスの2020年運勢は、大殺界から抜け出し、様々な我慢が報われる時期となります。新しいことにチャレンジすると、運気が好転していきます。

土星人マイナスの2020年運勢

土星人マイナスの2020年運勢は、最後の大殺界の一年。後半になるに連れて、運が段々と上昇していくことを実感していきます。健康を気づかい、体をゆっくり休めると良いでしょう。

金星人プラスの2020年運勢

金星人プラスの2020年運勢は、心が沈みがちになる一年。周囲からは悪い状況だと思われませんが、漠然とした不安を感じることでしょう。周囲の力を借りると運気が上昇します。

金星人マイナスの2020年運勢

金星人マイナスの2020年運勢は、新しいサイクルに突入。2019年の幸運期が続きます。目の前のことよりも、自分の人生を大きなスケールで考えると良いでしょう。変化を恐れないことが開運の鍵です。

火星人プラスの2020年運勢

火星人プラスの2020年運勢は、大殺界を抜ける年。新たなステージで、多くの出会いやご縁が生まれるでしょう。この時期に出会った人は長い付き合いになる可能性も。

火星人マイナスの2020年運勢

火星人マイナスの2020年運勢は、一時休止の時期。これまでの疲れが出て、体に不調が現れる場合も。軽い運動をしてストレス発散をする、食生活を見直すと運気が上昇します。

天王星人プラスの2020年運勢

天王星人プラスの2020年運勢は、積極的なチャレンジをすると良い年。これまで努力したことの結果が出やすい時期ですが、周囲に感謝することを忘れると足元をすくわれるので注意を。

天王星人マイナスの2020年運勢

天王星人マイナスの2020年運勢は、運気が乱れやすい時期。これまでうまくいっていたことが急にうまくいかなくなる可能性もあるので、変化を受け入れるようにしましょう。流れに身をまかせると、物事がスムーズにいきます。

木星人プラスの2020年運勢

木星人プラスの2020年運勢は、周囲から評価が得られやすい時期。腐らず努力した人は、結果が出てきます。積極的に動くことで、才能が開花します。

木星人マイナスの2020年運勢

木星人マイナスの2020年運勢は、仕事運や金運がアップする時期。ボーナスなどの嬉しい臨時収入があるでしょう。趣味の延長が副業になって収入が増える可能性も。

水星人プラスの2020年運勢

水星人プラスの2020年運勢は、やりたいことを見つけると良い時期。新しいチャレンジや忘れかけていた自分の魅力を思い出すことが出来ます。

水星人マイナスの2020年運勢

水星人マイナスの2020年運勢は、大殺界に突入。急なブレーキでストレスを感じてしまうでしょう。思い通りにいかないことも多いですが、周囲への感謝を忘れなければ、大きなトラブルに発展することはないです。

六星占術占いとは

六星占術は、算命学・万象学などの統計から編み出され、人間の運命を予知することができます。数多ある占いの一つで、農耕や狩りをしている時代から天体や暦などで誰しもが知りたい未来予測をしていました。幸運を掴みたい、そして災いから逃れたいというのは昔も今も変わらない願望なのかもしれません。

六星占術占いの仕組み

人々の運命と大自然・大宇宙とは、密接な関係があると言われています。その理由は、人間もまた大自然・大宇宙の一部であるからです。

六星占術占いは、大自然・大宇宙のリズムを解き明かすことによって、人間の運命を読み解くことができています。雨が降り、風が吹くのと同様に、人間の運命が変わりゆくという考え方です。

六星占術占いの「12の運勢」

人生のリズムは、種子、緑生、立花、健弱、達成、乱気、再会、財成、安定、陰影、停止、減退という12の運気によって示されています。運命の流れを知ることで、不運や幸運を事前に知ることにより、来たる災いに備えをすることができるのです。

12の運勢の意味

  • 種子:種をまくスタートの時期
  • 緑生:まいた種が芽を出す時期
  • 立花:花を咲かせる時期
  • 健弱:疲れが出てくる小殺界
  • 達成:目的を達成できる時期
  • 乱気:運気が乱れる中殺界
  • 再会:再チャレンジに適した時期
  • 財成:財を成せる時期
  • 安定:運気の冬に備える時期
  • 陰影:運気が下がる大殺界
  • 停止:運気が停止する大殺界
  • 減退:運気が上昇していく大殺界

12の運勢は、日本の四季「春・夏・秋・冬」のように推移していきます。春は種をまいて花が咲き、夏は強い日差しを浴びながら成長していく。秋には収穫を迎え、冬は寒さに耐えて春を待ちます。

秋の再会・財政・安定の3年間(3か月)は、これまで苦労してきたことを振り返る時期と共に、大殺界に備える時期。そして大殺界である陰影・停止・減退は、様々な縁が切れて、新しい運命サイクルに変わっていく時期になります。

六星占術占いの「運命星」

12の運気は、誰でも同じ順序でやってきます。年・月・日にどの運気が訪れるかは運命星(=六星)によって異なります。

運命星は、土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つ。どの運命星に支配されているかは、生年月日と「運命数表」をもとに割り出します。

六星占術占いの「運命星の陽陰」

支配される運命星によって、性格や気質が決まり、生まれ持った運命の傾向が決まります。この時、同じ運命星を持っていても、生まれ年の干支によって「運命星の陽陰」が分かれるのです。細木数子さんはわかりやすいように、陽を「プラス」、陰を「マイナス」と呼んでいます。

陽(プラス)は、生まれ年の干支が子・寅・辰・午・申・戌。陰(マイナス)は、丑・卯・巳・未・酉・亥です。ただ、占命盤の上で「停止」の人は「霊合星人」と呼び、運命星と区別します。

六星占術占いの「霊合星人」

霊合星人は、占命盤の上で向かい合う運命星に強く影響を受けます。運命星の運気に加え、向かい合う運命星の運気が影響するため、複雑な運命をたどるケースが多いです。

生まれた年の干支が「停止」となる霊合星人は、運命だけではなく性格も複雑になります。また、通常12年で一巡する運命サイクルですが、6年で運命が推移していきます。

霊合星人は、自分の運命星だけではなく、占命盤の対角線上にある運命星もチェックする必要があることに注意。運気の組み合わせは次のようになります、種子-再会、緑生-財成、立花-安定、健弱-陰影、達成-停止、乱気-減退。

六星占術占いの「占命盤」

六星占術占いには、6つの運命星とプラス・マイナスの全12種類の「占命盤」があります。占命盤によって、タイプ別の生まれてから死ぬまでの運命を全て読み解くことができ、示された運気により、年・月の運命の状態、吉方位、相性の地運、相性の天運など様々なことを占うことができます。

六星占術占いの「相性」

六星占術占いには2種類の「相性」があります。

  • 地運:生まれた時に決まる相性
  • 天運:年月日によって変わる相性

地運は、相手の干支が、自分の占命盤で好運気になっていれば相性がよく、殺界の運気であれば相性がよくないと判断されます。

六星占術では、地運の影響力は相性の約30%程度だと考えられており、その時々の相手と自分の相性である天運を相性鑑定では重視しています。

大殺界の過ごし方

大殺界とは、運気が低下する冬の時期(陰影・停止・減退)。誰にでも、12年間に3年間、12ヶ月に3ヶ月間、必ずやってきます。

大殺界はケガや病気に悩まされ、積極的な行動は裏目に出てしまい、災厄を招き寄せると言われています。そのため、運命の変化を受け入れて、健康を気づかい、ゆっくりと生活する必要があります。中殺界(乱気)、小殺界(健弱)も同じように、運気が下がっているように感じる時期です。

 

関連記事:
【細木数子の六星占術占い】2019年の運勢を鑑定し発表!
【2020年ラッキーカラー】五星三心占い12タイプ別の運気アップ色とは
【水晶玉子のオリエンタル占星術】開運暦2020を発売!幸運を呼ぶ365日メッセージつき
細木数子の後継者・細木かおりテレビ初登場が話題に!原田泰造もタジタジ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です