【ゲッターズ飯田の占い】コロナか南海トラフか「夏に大事故が起きる」が話題に

Pocket

2020年の「ゲッターズ飯田の世相占い」を分析してみると、新型コロナウイルスの予言以外にも「夏の大事故」というキーワードが。5月11日に、首都直下地震(南海トラフ)が発生するという噂もあり、注目を集めています。

関連記事:
【ゲッターズ飯田の占い】新型コロナウイルスは5月に区切りを迎える

ゲッターズ飯田の「2020年の世相占い」

  • 世の中の価値観がガラリと変わる
  • ライブや儚いモノへの価値観が上がる
  • 土の時代から、風の時代へ

ゲッターズ飯田さんは、2020年を「200年に一度の革命期 」としています。世の中の価値観がガラリと変わりましたが、新型コロナウイルスによって日本のみならず世界的に「リモート」や「社会の仕組み」について考える必要が出てきたと当時に「ウィズコロナの時代」へと突入することになりました。

世の中の価値観がガラリと変わる

ウィズコロナの時代では、本格スタートした「5G」や「テレワーク」の活用、ドームなどでの大規模な催し物やイベントもリスク軽減の対応が必要となってくるなど、これまで通りには行かないことが増えてきそうです。

マイナンバー制度、ネットカフェ難民、DV問題、転売ヤーなど、これまでも議論されてきた問題にも注目が集まり、議論が活発に行われています。まさに「世の中の価値観がガラリと変わる」という予言通りに動いているような気がします。

ライブや儚いモノへの価値観が上がる

これまでもライブ配信は行われてきましたが、新型コロナウイルスによって、多くのアーティストがライブ配信をする時代に突入しました。密を避けながらも文化活動をする大切な場所となってきています。

リアタイ(リアルタイム)とテレビ番組との連動も目立ってきていますし、お取り寄せできないグルメ(飲食店業界)も希少となっていきそうです。これらを見ると、今後もますます「ライブ」や「儚いモノ」に価値が上がっていくような気がします。

土の時代から、風の時代へ

占いの一つである西洋占星術には「エレメント(四元素)」という考え方があり、風・火・水・土の4つの元素から世界が構成されていると言われています。

土の時代というのは、モノやお金などの物質的な価値観のことです。今までの200年は、富の象徴が多くの物を持ち、多くのお金を持っていることでした。

これから200年の「風の時代」に入ると「情報」「知識」「信用」「コミュニケーション」など目に見えない物が大切であるという価値観に移行します。数年前から普及し始めた「キャッシュレス」も「風の時代」に移行するシグナルにも思えます。

ゲッターズ飯田の予言「夏に大事故が起きる」

立夏を迎えて、本格的な夏になった今。ゲッターズ飯田さんの「夏に大事故が起きる」という予言が気になります。1月と言えば、新型コロナウイルス が発生した2019年の年末の直後で、このような状況になるとは誰も思っていない頃。日本人の多くは「対岸の火事」だと思っていたことでしょう。

夏に大事故が起きるという予言は「新型コロナウイルス 」のことだったという指摘もありますが、シリアスな状況となったのは3月後半から4月頃で、暦上だと春か夏ということになります。

これは、太陽暦では、6月から8月で、陰暦では4月から6月となるためです。ただ、多くの占いは「旧暦」を使用するため、新型コロナウイルスがゲッターズ飯田さんの予言した「大事故」である可能性は高いのです。

ただ、新型コロナウイルスでこの予言がクリアされていれば良いのですが、5月11日に首都直下地震(南海トラフ)が発生するという噂を聞いて、地震や自然災害による「大事故」である可能性も否定できないと考えます。

5月11日は「逆行天体ショー」のスタート

5月11日に首都直下地震(南海トラフ)が発生するという噂が広がっている理由は、イルミナティーカードの予言の他に、おそらく逆行天体ショーのスタートであることだからだと考えられます。

イルミナティーカードの予言

イルミナティーカード(Illuminati: New World Order)とは、もともとカードゲームとして発売されたものですが、カードの絵柄が「アメリカ同時多発テロ」や「 ドナルド・トランプが大統領になる」ということを予言していたという都市伝説が流れているもの。新形コロナウイルスや南海トラフ(首都直下地震)についても、カードが予言しているという話もありますが、信じるか信じないかはあなた次第。

土星逆行で地震が発生する可能性

5月11日に首都直下地震(南海トラフ)が発生するという話を聞いた時に、西洋占星術で考えると「逆行天体ショー」と関わりを感じます。

5月11日から土星逆行が開始し、9月29日まで続きます。さらに、5月13日「金星逆行」、5月14日「木星逆行」、5月23日「双子座の新月」という流れは、占いを知っている方なら不安になってしまうでしょう。

イルミナティーカードの予言、コロナウイルス による精神的なストレス、占い上で不安定になる「逆行天体ショー」が重なり、5月11日に首都直下地震(南海トラフ)が発生するという噂が、より真実味を帯びてしまったのではないでしょうか。

社会や会社のルールが変化

逆行天体ショーでやや不安定になりやすい状況ではあり、大地を揺るがすという意味合いもありますが、社会ルールや会社組織を見直し、再出発をする流れになっていくのがメインだと思います。また、芸能人や有名人の失言や行動により「炎上」して、地位が揺らぐというパターンもあります。

5月の前半後半で流れは大きく変わっていき、6月に入ると時代の変化を実感することとなるでしょう。

5月後半で変貌を遂げる

5月後半に入ってくると、ネット上でのやりとりもスムーズとなり、新しい時代への一歩を踏み出していることを実感するでしょう。

備えあれば憂いなし

ゲッターズ飯田さんの予言は、最短でも6月まで。考えられる準備をしながら、ストレスを溜めないことを意識すると、開運に繋がっていきます。また、逆行中は、懐かしい人や連絡を取っていなかった人に電話をしてみると、良い知らせが届きますよ。

ゲッターズ飯田とは

芸能界最強占い師としての呼び声も高い、今注目されている占い師。目元を隠すような赤いマスクとハンチング帽にスーツ姿がトレードマーク。

ゲッターズ飯田さんは、1975年4月4日で「銀のインディアン」タイプ。芸能界最強占い師としての呼び声も高い占い師。赤いマスクとハンチング帽にスーツ姿で、テレビやラジオ番組やトークライブなども行うことから「占い師タレント」とされることも多いのですが占いはかなりの本格派である印象。

関連記事:
【2020年5月の運気予報】蠍座の満月&双子座の新月で「収入」に変化が訪れる
【水晶玉子の占いが的中】新型コロナウイルス感染症との遭遇で「人々の意識が刷新される」
【2020年ラッキーカラー】五星三心占い12タイプ別の運気アップ色とは
【細木数子の六星占術占い】2020年の運勢を鑑定し発表!
【ゲッターズ飯田の五星三心占い2020年度版 】書籍の予約開始!予約特典&イベント日程を発表
【水晶玉子のオリエンタル占星術】開運暦2020を発売!幸運を呼ぶ365日メッセージつき
【LINE占い】2020年最強運ランキング!血液型×干支×星座で占う『水晶玉子の2020年開運ランキング』を発表
【ダウンタウンDX】水晶玉子の「芸能界2020最強運ランキング」トップ48の全解説
【ダウンタウンDX】水晶玉子が「芸能界2020最強運ランキング」トップ48を発表へ
【ゲッターズ飯田の令和2年占い】2020年上半期の運勢を五星三心のタイプ別に発表
子年の2020年は京都の大豊神社へ!狛ねずみが鎮座する大黒社に開運祈願

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です