国内各地で通信障害!ネット接続障害は水星逆行が影響している可能性も?

Pocket

8月25日、国内各地で通信障害が発生し、ネットサービスやアプリ、ゲームなど「通信」を使用した各サービスが利用できない状況になっているようです。その状況は深刻で、NTT東日本やKDDI、OCN、任天堂といった大手各社が影響を報告しています。スピリチュアルな観点で捉えなおすと、関係する現象が視えてきました。

水星逆行でネット接続障害が発生

2017年8月13日~9月5日は、水星が逆行状態となる期間になります。この水星逆行が発生する期間中は「当たり前」が「当たり前じゃなくなる」といった現象が起こります。

2017年8月12日には、羽田発伊丹行きの全日空(ANA)37便が「緊急着陸」しています。日程的には「水星逆行」の前日にあたりますが、影響があったように感じてしまいます。

2017年8月15日には、広島空港発台北行きの中華航空113便が福岡空港に緊急着陸しており「発電機に異常が確認された」と報告されています。

いずれも「水星逆行」の期間中の事故となっており、なんだかの関連性を感ぜずにはいられない状況となっています。

水星逆行で発生する障害

  • 電車や飛行機などのトラブル
  • コンピューターのトラブル
  • 株式取引などで相場が荒れる
  • インターネットのサーバーが止まる
  • 宅配便の再配達のタイミングが悪い
  • 通信トラブル

近年の場合は「ネット」に関連する障害によって引き起こされる様々な問題が発生すると言われています。また、コミュニケーション上で「通じ合えない」といった場面も多く見られます。

水星逆行の「水星」が意味

水星は、知性とコミュニケーションを意味する惑星で、以下のようなことに影響すると言われています。

  • 最先端技術
  • テクノロジー
  • 通信
  • コミュニケーション
  • 連絡
  • 旅行
  • 輸送

順行時は「通常モード」として、大きな影響は起きないとされていますが「逆行期間」に入ると、途端に「うまくいかない」と思う場面が多いと言われています。

終了による影響も

8月25日は、土星の逆行でくずれかけた「法律」や「組織」という動きが順行に戻る瞬間のため、とても不安定になるように思えます。これまで規則正しく動いていたシステムが混沌とし「見える障害」となって、私たちにメッセージを伝えているのかもしれません。

水星逆行期間は引き続き9月5日まで続きますが、土星順行の切り替わる時期は、これまでの停滞感や不安定さが解消するタイミングとなっています。この期間中に、システムの見直しをすると今後の活動をスムーズに進めていくことができるはずです。

22日「獅子座の新月」の影響

22日の「獅子座の新月」には、世界各地で大きな発表がなされました。それぞれの発表で共通点は「はじまり」で、新規サービスの「開始」を多くの人に「広める」のに適した日取りだったのです。

新月は「スタート」や「リセット」という意味を感じる時期でもあります。そのため、大きな障害によって、新しい何かを始めてほしいというメッセージがあるのかもしれません。

32年前の8月22日には「ブリティッシュ・エアツアーズ28M便火災事故」が発生しているように、現在になっても「影響力」は変わっていないはず。今回の大規模な障害は、新しい時代への「ゆがみ」なのかもしれないと感じてしまうのは、私だけではないはずです。

関連記事:
全日空機の緊急着陸「御巣鷹」日航機事故との奇妙な共通点とは?
4月6日から8月25日までは土星逆行で「人生の大掃除」の期間

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です