2018年3月9日は「蠍座の木星逆行」で大きな変革へ🔮💫

Pocket

2018年は様々な変革が起こる時期。3月9日には、蠍座にいた木星が逆行へ。安倍晋三首相が、トランプ米大統領と電話協議で、4月に首脳会談を行うことを合意したのも3月9日。個人レベルでも「変革の兆し」を感じる一日になりそうです。

蠍座の「木星逆行」で殻を破る

蠍座の木星逆行期間は、これまで見過ごしてきたことに一歩踏み込む必要がありそう。 友人や恋人と「腹を割って話す」時間によって、これまで引っかかっていた胸のつかえが取ることができますよ。

また、置き去りにしてしまった過去や、忘れてしまっていた何かを思い出すこともある時期です。いままで「やりたい」と思っていたことや「やりたい」と思っていたことさえ忘れていたことを思い出し、実現へと向かいはじめる時。

復縁を願い・過去の恋を捨てる時

復縁をしたい人はチャンス。二人が幸福だった思い出を呼び起こすことができれば、今まで以上に良い関係になれるはず。自分の気持ちと対話して、恋人との関係が「不要な過去」だと思うのであれば、スッパリと捨てることができる時期でもあります。

2018年7月11日まで続く「木星逆行」

2018年3月9日から 7月11日という長い期間に渡り「木星逆行」が続きます。何かに縛られているような、集団から抜け出せないようなもどかしさがあるかもしれません。それはある意味「安定」であるのかもしれませんが、変化を求めている人にとっては苦痛になってしまいます。

そのため、木星逆行の期間は、周囲に対して「変化」を求めるのではなく、自分の「内面」にフォーカスを当てていく方が賢明です。4ヶ月の間に、自分のライフプランを考えてみると良いでしょう。

幸せの再配達を依頼しよう

蠍座の「木星逆行」は「やり残してきたことをやる」というイメージですが、一方で「受け取れなかった幸せギフトを再配達してもらう時期」でもあります。昔に行った功績が今になって認められたり、しばらく貸して忘れていた物やお金が戻ってきたりということもありそう。

2018年3月17日は「魚座の新月」が到来

木星逆行は「過去と向き合う」が主題のテーマとなってくるのですが、3月2日に訪れた「乙女座の満月」や3月17日に訪れる「魚座の新月」からも似たようなテーマが投げかけられています。

これまで逃げてきた「トラウマ」や「劣等感」を消すことはできませんが、過去は過去と割り切り前を向くことができれば、幸福への道が開かれます。

関連記事:
3月17日は魚座の新月!先入観や価値観を捨てて一歩進める時期に
2018年3月の運勢!乙女座の満月「ワームムーン」で苦手克服を

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です