【星ひとみの天星術】大晦日の開運行動「赤い下着で運気アップ」

Pocket

2021年12月19日20時~21時40分に生放送された『星ひとみのオールナイトニッポンPremium』で、星ひとみさんが開運アドバイスを伝授していました。大晦日は、バスソルト入浴&赤い下着で運気アップ。

大晦日の開運行動

12月31日は大晦日(おおみそか)で、年越しそばを食べたり、旅行先でくつろいでいる人も多いことでしょう。それぞれの家庭で恒例行事があると思いますが、せっかくなら新年の運気を上昇させるための開運行動を取り入れてみると良いでしょう。

お塩で入浴をしよう

一年の穢れを祓うために、お塩で入浴するのがおすすめ。最近では、コンビニでも「バスソルト」が販売されています。好きな香りのバスソルトを購入して、お風呂でゆっくりくつろぎましょう。

家庭によっては、塩が風呂釜を痛めてしまうケースがあるので、十分に気をつけながら行ってください。気になる方は、大量の塩を入れずに「ひとつまみ」程度でも大丈夫です。首まわりに悪い気が溜まりやすいので、少量の塩で洗ってあげるとスッキリするかもしれません。

新品の「赤い下着」を身につける

バスソルトを入れたお風呂で体を清潔にしたら、新品の赤い下着を着て新年を迎えましょう。

2022年の開運カラーとは別に「赤い下着」は、勝ち運をアップさせて、パワーがみなぎってきます。肌に密着している下着は、良い気を取り入れやすいと言われています。

悪循環から抜け出す浄化法

大晦日を迎えて「2021年はあまり良いことがなかった」と感じる人も少なくないと思います。満足のいく結果が出せなかった人も、不機嫌でいたり、ネガティブな気持ちで新年を迎えると、悪循環に入って抜け出せなくなります。大晦日で浄化し、過去を断ち切ることで、良い気の流れに入ることができるはずです。

ポジティブな言葉を3回唱える

まずやっていただきたいことが「自分に対してポジティブな言葉を3回唱える」と良いです。ネガティブな言葉ばかり考えてしまう人は、うまくポジティブに変換してみてください。

いいかげん=おおらか、気が多い=好奇心旺盛、つき合いが悪い=Noと言える……というように、プラスの言葉に変えてみてください。

不運が続いたと感じる人も、それは「経験値が上げるための試練」「人生の勉強だった」と考えてみてください。きっとチャンスを掴んだ時に「あの時の試練や勉強があったお陰」と思えるはずです。今は「幸せになるための途中」なので、過去に執着しすぎないことが、幸運に繋がります。

目をつむって3回深呼吸をする

目をつむって3回深呼吸をすることで、気持ちから毒素が抜けていくことを感じられるはず。ゆっくりと吸って、ゆっくりと吐くを繰り返し、負のオーラを体の外に出し、良い気を空気から取り込んでみてください。

おりんを鳴らす

もし近くに「おりん」や「鈴(すず)」があれば、音を鳴らしてみてください。目をつむって深呼吸をしながら手を合わせると、心に平穏が戻ってくるでしょう。余裕があれば、自分の心臓の音、脈の音を感じます。すると、良い気の流れに入っていくことができるはずです。

天星術の開祖・星ひとみとは

元グラビアアイドルの星ひとみさんは、巫女の血筋を持つ天星術の開祖。タレント活動の傍ら行なっていた占いが共演者やスタッフの間で話題に。東洋占星術・統計学・心理学・人間科学などから独自の占術「天星術」を編み出し、これまでの鑑定実績は2万人以上。結婚時期やバンドの解散やブレイク時期などを的中させています。また、石田純一さんと東尾理子さんの結婚、カジサックさんの子供を命名、山田裕貴さんもTwitterでラブコールを送るなど、芸能人や有名人の間でも注目されている凄腕占い師です。

関連記事:
【星ひとみのオールナイトニッポンPremium】満月の過ごし方&お悩み解決アドバイス
【星ひとみの天星術開運カレンダー】2021年下半期の開運日と注意すべき日とは?
【星ひとみの2022年占い】運命がわかる天星術12タイプの調べ方&令和4年の運勢
【星ひとみの姓名判断】星ひとみに占ってもらう方法&鑑定受付と口コミ評価
【星ひとみの天星術姓名判断】話題の占い師、星ひとみの監修サイトは当たる? 当たらない?
【星ひとみの天星術開運カレンダー】2022年の開運日と注意すべき日とは?
【星ひとみの姓名判断】星ひとみに占ってもらう方法&鑑定受付と口コミ評価

【2022年の運勢】ゲッターズ飯田の五星三心占い12タイプ別総合運&ラッキーカラーを鑑定
【ゲッターズ飯田の2022年五星三心占い】時代が大きく変化する「五黄の寅年」の一年に

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です