【2022年を占いで大予想】水晶玉子の大予言!恋愛&結婚&仕事&危険日は?

Pocket

新型コロナウイルス感染症との遭遇で「人々の意識が刷新される」と予言的中し話題となった水晶玉子さん。2022年についての予言が公表されました。

2021年の振り返り&最大注意日

土の時代から風の時代へと切り替わりを見せた2021年。地球温暖化、LGBTQ、SDGs、拉致問題……前々からあったものの、なかなか動きがなかった問題が本格的に解決へと動き始めた気がします。

觜宿の年は「クチバシの年」

2021年は、オリエンタル占星術で「觜宿(ししゅく)」の年。コロナ感染予防でつけていたマスクは人間の「觜(クチバシ)」のようでした。

十干では、2020年が陽の「庚(かのえ)」で、2021年は陰の「辛(かのと)」でした。陽の年は精神面の変化があり、陰の年は「目に見えるものが変化する」という傾向があります。

振り返ってみると、2020年はコロナウィルス感染拡大で「精神的なショック」の印象が強く、2021年は「現実的な生活や経済面の問題」が明確になっていきました。いずれも、これまで経験したことのない辛い状況だったと思います。

土星と天王星の影響

西洋占星術では、土星と天王星が水瓶座と牡牛座の90度になり、困難を示す角度をつくる日が2021年は3回もありました。

1回目の2月18日は、コロナウィルスの変異株が発見されてパンデミックがより深刻化した時期。2回目の6月15日は、東京オリンピック開催の準備が進む中、不祥事の発覚、コロナの感染者も急拡大……と多方面で不安を感じる頃でした。

クリスマスイブは注意日

3回目は、クリスマスイブの12月24日。コロナウィルスの感染者数が落ち着きを見せる中で「オミクロン株」が拡大をしており、第6波が来る気配があります。

ただ、觜宿の年は間もなく終わり、十干でみると2022年は「壬(みずのえ)」で、2023年は「癸(みずのと)」と、五行で「水の気」の年です。コロナウイルスや過去が水に流されて、新しい展開が始まるような期待があるので、来年は今年よりはコロナの状況も落ち着くのではないかと考えられています。

2021年8月4日「河村たかし市長のメダル噛み騒動」

金メダルを噛んだ名古屋・河村市長の運勢ランキングは324位中322位

大炎上した「河村たかし市長のメダル噛み騒動」を占いでみてみると、河村市長は箕宿の蠍座で2021年の運勢ランキングは322位。「壊の年」と言われ年で、お調子者やお茶目なキャラクターが裏目に。今まで許されてきたことが通用しなくなり、変えなければいけない時期だったと言えます。水晶玉子さんの占いを参考にして、自制していれば騒動は回避できていたのかもしれませんね。

2021年10月末の「自民党の総裁選」

日本にとって、時代の大きな分岐点となった歴史的な日「自民党の総裁選」をオリエンタル占星術で分析。岸田さんは「軫宿」で、人の力を上手に使って物事を回していく傾向があります。今後、内閣でどのような仕事をしていくかに注目です。

オリエンタル占星術で、岸田文雄さんは「軫宿(しんしゅく)」で、事務処理能力が高く、手際よく多くの仕事をこなすタイプ。一方で、河野太郎さんは「星宿(せいしゅく)」で、長期的な目標達成に向かって地道に進んでいく人です。六十干支では、河野さんは2022年から天中殺。占い上は、当選していたら国が不安定になってしまっていたかもしれないという運勢でした。

岸田さんと河野さんの相性は「安懐」という関係。河野さんから見て岸田さんは「安」、岸田さんから見て河野さんは「壊」となるので、本来なら河野さんが強い相性ですが、河野さんに油断があったのかもしれません。

12月8日は「真珠湾攻撃から80年」

2021年12月8日は「真珠湾攻撃(第二次世界大戦で日本海軍が行なった奇襲攻撃)から80年」で大きな話題となりました。中国の武漢で新型コロナである原因不明の肺炎発症例が初めて認められたのは2019年12月8日だったという報道もあり、12月8日は色んな意味で「開戦の日」だったのかもしれません。

水晶玉子の2022年大予言

2022年は、古いものを打ち壊して新しいものを立ち上げる年

2022年を水晶玉子さんが、オリエンタル占星術、西洋占星術、十干十二支、五行で分析。時代が大きく変わっていく一年になりそうです。

2022年は、古いものを壊す&新しいものを創造していく一年に。オリエンタル占星術では「参」、干支では「寅年」となり、西洋占星術では幸運の星・木星が魚座と牡羊座を行き来します。

開運のカギは「新しい挑戦を続ける行動力」で、過去に執着せずに変化していく勇気を持てるかが大事になってきそうです。アイデアが思いついたら、失敗を恐れずに一歩踏み出してみましょう。

恋愛&結婚は、年の差婚や格差婚など意外性のある二人が繋がりやすい年。マッチングアプリでの出会い・婚姻も増えていきそうです。恋愛は、ピュアがテーマとなり、現実よりもロマンが優先される一年になります。結婚を求めている人は、生活や環境を一新すると縁が生まれやすくなるでしょう。一方で、リアルな恋愛から遠ざかる傾向もあり、芸能人やキャラクターにリア恋や推し活をして、抜け出せなくなる人も出てきそう。

仕事は、新しい働き方やアイデアが重視されます。また「社会貢献」の意識が強くなるので、介護、福祉、スピリチュアル、心理カウンセラーなどの分野が注目を集めそうです。

2022年のキーワード「浄化&刷新」

2022年は、オリエンタル占星術で「参宿(しんしゅく)」の年。

参宿は「嵐の神」により「問題や状況がシャッフルされ、洗い流される」という一年になります。参宿が司る体の部位「目」ですが、ゴミが入った時に自然と涙で押し流してきれいになるというイメージに近いです。

参は「なじむ」「まじわる」という意味を持ち「氵(さんずい)」をつけると「滲」という漢字になり「にじむ」「しみる」という意味になります。2020年から新しい時代に戸惑いながらも少しずつ順応してましたが、2022年はその新しいスタンダードからまた違った何かが生まれてくる「浄化と刷新」の年となるでしょう。

2022年の干支占い「早春&水の年」

2022年の干支は「寅年」で、虎が薮から飛び出してくるように、新しいものや人が飛び出してくる年になります。季節で例えれば「春」で、冬(子年・丑年)を越えて、本格的な春に向けて芽吹いていく早春にいあたるのです。

十干十二支は「壬寅(みずのえとら)」で、2023年の「癸卯(みずのとう)」に繋がっていきます。この2年間は「水の気」の年で、水というのは「知恵」を意味し、形を自由に変えることができるものです。「リモートワーク」や「電子マネー決済」などに加え、これから登場する生活を刷新させる技術や概念に、柔軟に対応していくことが運気アップに繋がります。

2022年の西洋占星術「木星魚座期&木星牡羊座期」

  • 2021年12月29日:木星の魚座入り
  • 2022年5月11日:木星の牡羊座入り
  • 2022年10月28日:木星の魚座入り
  • 2022年12月20日:木星の牡羊座入り

西洋占星術では、2022年は幸運の星「木星」が12星座最後の「魚座」と、最初の「牡羊座」を往来するのが特徴的です。

木星の動きは、2021年12月29日に魚座入り、2022年5月11日に牡羊座へ移動。10月28日に魚座に戻り、12月20日に牡羊座入りします。

魚座のキーワードは癒し・共感・共有で、温泉旅行や趣味に没頭するなど、自分を癒してあげる時間にすると良い期間です。一方で、木星に「牡羊座入り」すると、新規立ち上げが展開してくるので流れになり、空気感が一気に変わるかもしれません。

上半期は癒し、下半期はアイデアを生かして新しいものを誕生させるといったメリハリのある一年になりそうです。

2022年の恋愛テーマは「癒し&推し活」

2022年は「癒しの年」と言えるので、恋愛は駆け引きよりも純粋な気持ちで楽しむ雰囲気になりそう。結婚も収入や学歴で選択するよりも、一緒にいると落ち着くかが決め手になっていきます。

癒しを求めるという意味では、リアルな恋愛よりも「推し活」「ペット」がブームになる可能性も。誰かを大切にしたり、共感する気持ちが大切なので、恋心を途絶えさせず、心に潤いを得て、そこから活力をもらうというのも良さそう。

今までの「恋愛」という形にとらわれずに「自分が愛する気持ち」を大事にすると良いでしょう。

2022年のテーマ「スクラップ&ビルド」

2022年の参宿は嵐の神が宿り「浄化と刷新」がテーマになる年で、つまり「スクラップ&ビルド」の年です。水晶玉子のオリエンタル占星術では、生まれた年月日によって「宿」というタイプに分類されます。この宿ごとに「手放すもの、獲得するもの」があるので、日々の暮らしの中で意識すると良いでしょう。

参宿は「アイデアの星」なので、常識にとらわれない自由な発想が未来をつくっていきます。自分が「当たり前」と思っても、実は優れている考えであることもあるので、新しいことをどんどん考えてみましょう。

2022年は七曜陵逼が2回

  • 第1回:6月7日から28日
  • 第2回:7月5日から31日

2022年は「七曜陵逼(しちようりょうひつ)」が2回、巡ってきます。第1回が「6月7日から28日」で、第2回が「7月5日から31日」です。

七曜陵逼は、社会に大きな影響を与え、吉凶が逆転する期間のこと。「普段やらないこと」「大胆な決断」控えるようにすると良いでしょう。小さなことでも、化粧品やシャンプーを変えると思わぬ肌トラブルになる可能性もあります。

大事なことはなるべく避けて、日程調整できない場合は慎重に進めることが大事です。恐るあまりに警戒しすぎるのも良くないので、程よく気にしないのも効果的かもしれません。何かあっても「そういう時期だから仕方ない」と、前向きに考えるようにしましょう。

2022年は6月7日〜28日、7月5日〜31日と約2ヶ月の間を、常に気を張って過ごすのは難しいかもしれません。その時は、七曜陵逼の期間に訪れる大凶運日「六害宿」となる日を意識して、最大の注意を払うようにすれば良いです。感情のコントロールができない日だと思って、冷静になることを心がけましょう。

2022年の開運アクション「日記&入浴・洗濯」

2022年は「今日の出来事」をメモして、自分の運気の傾向を分析すると運気アップに繋がります。「変化が起こりがちな日」「忙しさを感じやすい日」と、オリエンタル占星術の開運暦(開運カレンダー)を見比べると、自分のリズムが見えてきます。

例えば、業の日は、テキパキ用事を済ませて、リラックスする時間を作るなど、運気に合わせて行動パターンを変化させると良いです。

また、2022年のテーマが「浄化と刷新」であるので、入浴・洗濯もラッキーアクションの一つ。毎日の生活で必ずやることなので、意識するだけで運気がアップします。

2022年の開運スポット

オリエンタル占星術の書籍では、宿と呼ばれるタイプごとに、開運スポットやアイテム、カラーなどが記載されていますが、万人に共通の2022年の開運スポットは「海」です。

時間がなくて開運スポットになかなか行けないという人は、心の中に描くだけでもOK。海や湖のある風景などお、水に関係する待ち受け画面にするのも効果があります。

2022年の開運アイテム

開運アイテムは、水に関係のある年なので「形が定まっていないもの」「目に見えないもの」「ふわふわしたもの」が良いとされています。例えば、香水やアロマ、ルームフレグランスなどを生活に取り入れると運気がアップ。

2022年は浄化の年でもあるので「バスソルト」を強いようするのもおすすめ。満月や新月の日には、お気に入りのバスソルトで入浴してみてください。

水晶玉子さんは、ラッキーを後押しする「マルラニハワイ」とのコラボブレスレットを考案。ラッキーモチーフの虹をイメージした「夢をかなえるレインボーブレス」、参宿のパワーストーンであるブルートパーズをセンターに配置した「HAPPYブレス」、浄化をイメージした「新しい自分になれるホワイトブレス」を発売しています。

また、厄を払いのけてくれる貴金属もアイテムとして取り入れやすいと思います。水晶玉子さんは、パープル(アメジスト)とブルー(スイスブルートパーズ)の石を配したもの、ラッキーモチーフの虹、角度によって虹色が見えるものがおすすめなようです。

2022年の開運ファッション

2022年「参宿」が示す体の部位は「目」なので、アイメイクに凝ってみると運気がアップ。ラッキーカラーがパープル(紫)なので、ワンポイントメイクで取り入れてみるのもありです。

2022年のラッキーカラー

2022年のラッキーカラーはパープル。全身パープルにしなくても、開運色が柄のどこかに入っているものを着たりするだけでもいいそうです。ネイル、靴下、小物など、取り入れやすいところから始めてみましょう。

2022年の不運を避ける方法

どの占いでも運は常に巡っているものです。そのため「運が良い年」より「運が悪い年」をどう生きるかが、人生全体の幸運を左右するとも言えます。では、運勢ランキングで下位の人はどうしたらいいのでしょうか。

オリエンタル占星術27宿×西洋占星術12星座のランキングは、324位まであります。最下位のランキングの人は、占星術の年運が「壊」になる宿の人がきており、変化の年=変化に対応する必要があるのです。

不運を避けるには、今までのやり方や考え方に執着せず、柔軟に変化を受け入れることが大切。前向きに行動することで、凶運が強運に転じて、結果を残すことができます。

周囲の人を変えるのは難しいですが、自分の考え方や行動は変えられるはず。本を参考に、少しでも変化できるよう努力してみるとよいでしょう。

また、運勢ランキング下位な人は「受け身」になりがち。いい運気も、悪い運気も永遠に続くわけではないので、がっかりしないことも大切です。周囲の状況を見て柔軟に対応していくようにしましょう。

2022年の買い物運アップ方法

オリエンタル占星術の暦で、買い物におすすめの日は、栄・親・友・安です。一方で、危の日は高額なものを買ってしまいやすいので注意が必要。また「壊の日」「魔のウィーク」、六十干支で年に2回くる「天中殺の月」は避けた方が無難です。

お財布の買い替えは、1月から立春以降、3月、4月頃の買う財布を「春財布」と呼び、財布がお金で張るという意味で、良い時期とされています。

スマホの買い替えは「七曜陵逼」の期間を避けるのがおすすめです。2021〜2022年に大きく刷新される流れなので、急ぐ必要がないなら、もう少し様子を見ても良さそう。

占術研究家・水晶玉子とは

水晶玉子(すいしょう・たまこ)さんは、ゲッターズ飯田さんが唯一尊敬する占い師として話題になった占い師で、占術研究家西洋・東洋の枠を超え、多様な占術を研究する占術研究家として活動しています。空海が伝えた宿曜経を元にした「オリエンタル占星術」、人気雑誌に特集される「マンダリン占星術」「ペルシャン占星術」などが好評で、「ダウンタウンDX」などテレビにも出演しています。

関連記事:
【水晶玉子の占い】北川景子の未来予言「45歳まで突っ走っていける」と鑑定
ザ・因縁に登場し話題となっている「日本一当たる占い師」とは?
ザ・因縁に水晶玉子が登場!保阪尚希の結婚時期を鑑定

水晶玉子の夢を叶える60アニマル占い

  • 60アニマル超詳細占い:性格・恋愛傾向、夢を叶える方法など
  • 10年運勢グラフ:2032年までの運気バイオリズムを解説
  • キュンエピソードまんが

水晶玉子さんと少女まんが誌『マーガレット』のコラボで誕生した2022年注目の新占い。登場するアニマルは60種類で、生まれ年ではなく生まれた日の干支をもとにした新しい干支占い。お馴染みの子・丑・寅……が登場しますが、ネズミの中にもハツカネズミやカピバラがいるという占いです。

例えば、ある金メダリストは「職人気質なカピバラ」、あるお笑いのカリスマは「大御所感のあるトラネコ」、ある大河ドラマのイケメン俳優は「リーダーシップのあるシマウマ」と分類されます。

新占いのテーマは「夢を叶える」で、恋や仕事、進路など、やりたいこと・達成したいことを実現させるためのアドバイスが満載。また、キュンなエピソードが漫画家されています。

関連記事:
【水晶玉子の夢を叶える60アニマル占い】新占術の特徴&60アニマルの割り出し方とは?

水晶玉子のオリエンタル占星術の開運暦2022

『水晶玉子のオリエンタル占星術』の開運暦2022年では、来年に起きる全てを水晶玉子さんが鑑定しています。

関連記事:
【水晶玉子のオリエンタル占星術】開運暦2022を発売!幸運を呼ぶ365日メッセージつき

水晶玉子の運景カレンダー2022年

水晶玉子さんは、2022年のカレンダー『水晶玉子の運景カレンダー2022』を発売。毎月の「運景」をイメージした絶景写真と、運景タイプ別の2022年の運勢とラッキーデイがマーキングされています。

関連記事:
【水晶玉子の運景】コロナ予言的中で話題の占い師が新占術を発表

水晶玉子の「呪術廻戦占い」が爆誕

水晶玉子さんは、メンズノンノの1、2月合併号で、大人気漫画の『呪術廻戦』をモチーフにした占いを発表。誕生日から、キャラタイプ、宿敵、得意な領域がわかるというもの。

ちなみに、水晶玉子さん自身は、釘崎野薔薇タイプで、宿敵は組屋鞣造。得意領域は心霊スポット(!?)なんだとか。

関連記事:
占術研究家・水晶玉子の『鬼滅の刃』占いがメンズノンノに登場! 全60パターンのキャラタイプで診断

関連記事:
【ダウンタウンDX】水晶玉子の「芸能界2022最強運ランキング」トップ48の全解説
【水晶玉子の占いが的中】新型コロナウイルス感染症との遭遇で「人々の意識が刷新される」
【水晶玉子のオリエンタル占星術が当たる理由】宿曜経とインド占星術が起源の最強占い
【水晶玉子の相性占い】生年月日で片思いが実る確率も!完全無料で恋愛成就鑑定の方法
【水晶玉子の書籍】婚期や今後の幸運がわかる「水晶玉子の寿ゾーン」発売開始
【ダウンタウンDX】水晶玉子の12星座別「2021下半期の運勢ランキング」
ゲッターズ飯田「2022年3月にコロナ収束」過去の予言が現実味を帯びる
【ゲッターズ飯田の2022年五星三心占い】時代が大きく変化する「五黄の寅年」の一年に
【2022年ラッキーカラー】五星三心占い12タイプ別の開運色は? 財布や手帳で運気アップ
【木下レオンの吉方位の旅ガイド】浄化&開運で最強運を手に入れる開運本が発売へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です