石井ゆかりが語る「2022年下半期の星の時間」時代の流れと12星座の運勢とは?


フィガロジャポン8月号「占いで整える2022」の袋綴じ付録「2022年下半期 石井ゆかり星占いスペシャル。」を執筆した石井ゆかりさんによるオンラインイベントを6月20日に開催。2022年下半期のキーワードやターニングポイント、12星座それぞれのトピックについて語ります。

フィガロジャポン2022年8月号

時代がゆっくりと変わり、それに合わせて人々の生活に以前とは異なる風が吹き始めているいま。現在の世界で起こっていることから2022年後半~23年を予想し、よりよく暮らしを整えるメッセージを届けます。天星術の星ひとみ、数字占いのシウマ、数秘術のAZ、西洋占星術の猫星ラピス、風水の李家幽竹が、心と身体、家、仕事など、具体的な「整え秘策」を語ります。自己のエスプリと向き合う学びであるインド占星術は本誌初登場!

フィガロジャポン2022年8月号は、人気占いによる2022年後半〜2023年の運勢鑑定特集。天星術の星ひとみ、数字占いのシウマ、数秘術のAZ、西洋占星術の猫星ラピス、風水の李家幽竹が、心と身体、家、仕事など、具体的な「整え秘策」を語ります。

袋綴じ付録では「2022年下半期 石井ゆかり星占いスペシャル。」と題して、これからやってくる転機について語っています。

石井ゆかりと語る2022年下半期の星の時間

声のみで出演した石井ゆかりさんは、手書きのホロスコープで2022年下半期について解説していきます。手始めに、イベント開始時(2022年6月20日20時)の星で、今回のイベントがどのように始まり、そして終わっていくのかを鑑定。

ホロスコープで、東京の星空(世の中)には星が一つもなく、大地の中(心の内側)に星が点在している状況。昼のイベントであれば、空に太陽が登り、火星や水星その周りを取り囲んでいる形になりますが、今回は夜のイベントというもあり違った雰囲気になると説明。今回のイベントでは「より自分ごとにして考えるといい」とアドバイスをしていました。

続いて、最近ニュースになっている「惑星直列」についてもホロスコープで解説。星占いで使う惑星が見られる可能性が高いとしていました。

2022年下半期の星の動き&キーワード

  • 火星が双子座に長期滞在(8/20 – 2023/3/25)
  • 牡牛座火星・天王星 90度 水瓶座土星
  • 牡羊座木星→魚座木星(10/28-12/20だけ)
  • 蠍座日食(10/25)、牡牛座月食(11/8)

火星が双子座に、8月20日から長い期間滞在。戦いの星がコミュニケーションの星座に滞在するため、議論や論破がキーワードとなり、古来では「論争」としても扱われていました。さらに、牡羊座に木星が滞在するので、大切なことを論争されていく、戦争に関するコミュニケーションやビジネスがピックアップされていく流れになる可能性も。

牡牛座に滞在する戦いの星「火星」と天王星は「革命」が影響。水瓶座土星とバキバキな角度「90度」をとり“古いものと新しいものがぶつかり合う”ようなイメージに。ウクライナ侵攻が今の時代とは思えない「古い戦争だ」という声もあり、古い価値観と新しい価値観が戦っていくことが起きそう。

木星が牡羊座に滞在、10月28日から12月20日は「魚座」に移動。終わりの星座と始まりの星座が混ざり合い、新しい方向性に向かっていくことになりそう。

2023年は「大物が動く」という流れに突入。冥王星の影響で2008年頃くらいの流れが終わりを迎え、土星の影響で2020年頃からの流れに終止符が打たれることになりそう。

近いタイミングで起こる、10月25日の蠍座日食と11月8日の牡牛座月食。大事なことが始まったり、実ったり、満ちる流れになりそう。蠍座・牡牛座は「それは誰のものか?」が問い直すようなタイミングになり、世界が驚くようなことになるかもしれません。

12星座それぞれのトピック

  • 牡羊座:翼の生えた靴を履いて、12年の1回の大転機を翔る
  • 牡牛座:意気地をたてるための、生命力に満ちた選択
  • 双子座:荒ぶる衝動、熱い思いをひたむきに生きる時
  • 蟹座:大活躍の季節、新旧の感情が入れ替わる
  • 獅子座:新しい世界の発見と、人間的成長と
  • 乙女座:経験のすべてを懸けられる、勝負時
  • 天秤座:人との関わりが、別世界への扉になる
  • 蠍座:他者や自分を、本当の意味で助けること
  • 射手座:愛とクリエイティビティを生きる、ということ
  • 山羊座:人をケアすること、自分をケアすること
  • 水瓶座:愛のために出かけていく、勇敢な季節
  • 魚座:夢のお城を作ること、幸福に生き抜くこと

石井ゆかりとは

ライター。星占いの記事やエッセイなどを執筆、「12星座シリーズ」(WAVE出版)は120万部のベストセラーに。 Twitterのフォロワー数は30万を越える。著書多数。

占星術師、著作家として活躍する石井ゆかりさんは、星占いの記事やエッセイなどを執筆し、「12星座シリーズ」(WAVE出版)は120万部のベストセラーに。

関連記事:
【石井ゆかりがTwitterアカウント終了】体力的・時間的を理由に、LINEやnoteは継続へ
【2022年下半期の運勢】ゲッターズ飯田の五星三心占いで鑑定する全体運・仕事運・恋愛運・金運
2022年下半期「しいたけ占い」6月20日に配信決定! 今年は先行配信なし
【星ひとみの天星術占い2023】天星12タイプでわかる2023年の運勢&2023年予測
【2022年の星占い】癒し&創造の一年!下半期は驚くスピード感に
【2023年にコロナ収束】ゲッターズ飯田「さらに長引く可能性がある」と予言も


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です