【カバラ数秘術】誕生数・運命数「11」の性格と恋愛傾向とは

Pocket

2018年6月27日、日本テレビ「今夜くらべてみました」に小林麻耶さんが登場し、小林麻耶さんが資格を取得するほど熱中していると紹介した「数秘術」が話題になりました。今回は、カバラ数秘術の誕生数・運命数「11」の性格と恋愛傾向について解説してきます。

小林麻耶も熱中する「数秘術」とは

数秘術とは、生年月日を全部足し算して、ある1桁の数字を導き出す占い。生年月日のそれぞれ一桁の数字とみなして足すことで、誕生数・運命数を導き出し、算出されたナンバーから運命を紐解いていきます。

誕生数・運命数の算出手順

例:生年月日「1974年6月18日」の場合
1 + 9 + 7 + 4 + 6 + 1 + 8 = 36
3 + 6 = 9

生年月日「1974年6月18日」の場合、それぞれの数字を足すと「1+9+7+4+6+1+8=36」となります。2桁になる場合は、さらに分解して「3+6」を計算。算出されたナンバー「9」が、あなたの誕生数・運命数となります。

計算の過程で、マスターナンバー「11、22、33、44」が出てくる場合があります。マスターナンバーは、特殊エネルギーの持ち主であると言われており、数々の名スポーツ選手や歴史上の偉人に多いそうです。

誕生数・運命数の基本的な意味

1:才能がある小心者
2:直感的な性格
3:芸術肌の開拓者
4:まじめな働き者
5:マイペースな人気者
6:愛情深い八方美人
7:理論的お調子者
8:頑固な実力者
9:妄想好きな天才肌
11:好奇心旺盛な強運
22:偉業を成し遂げるリーダー
33:宇宙人的カリスマ
44:国の命運を抱える選ばれし者

算出された誕生数・運命数から、性格や運命を紐解くことができます。マスターナンバーを持っている人は、2桁を分解した数字と足した数字も性格を読み解く際の参考になります。例えば「11」の場合、数字の「1」として生きることもできますし、足した数字「2」も性格に影響すると言われています。ただ、占い師によっては分解した数字や足した数字を含まない場合もあります。

誕生数・運命数「11」の性格と恋愛傾向

11:好奇心旺盛な強運

誕生数・運命数が「11」の人は、一言で示すと「好奇心旺盛な強運」で、俳優やタレントなど特殊な専門職や芸能関係で成功する人に多いです。

誕生数・運命数「11」の性格

性格は、繊細で感受性が豊かなタイプ。芸術的なセンスを持っており、周囲から神秘的な人だと思われていそう。目的を達成するために努力することができ、生まれ持った多彩な能力を発揮することができるでしょう。

一方で、生まれ持って有能なので、周囲を下に見てしまい自己中心的になることもしばしば。理想が高すぎるあまり、自分の立ち位置を見失うという危険性もあります。関わってくれた人への感謝を忘れないことを意識しましょう。

誕生数・運命数「11」の恋愛傾向

恋愛に関しては「精神的な繋がりを重視する」でしょう。寂しがり屋で優しい性格なので、異性から一目置かれているはず。

結婚するなら、温厚で穏やかな誕生数・運命数「4」の人が良さそう。二人でいると自然体でいることができ、理想的な夫婦になれるでしょう。

関連記事:
小林麻耶が資格取得した「数秘術」とは?計算&診断方法を解説
小林麻耶が当たると絶賛する占い「数秘術」とは?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です