【2019年10月の運気予報】牡羊座の満月&蠍座の新月で「2020年が見え始める」

Pocket

天秤座の新月の影響を受けて始まった10月。2020年の運命サイクルが、9月にも増して本格化していく気配。開拓運や始まりを呼び込む「牡羊座の満月」と、心の奥底で繋がる「蠍座の新月」がキーポイントに。

2020年の運命サイクルが本格化

2020年の始まりが見えてきた2019年10月。波乱の幕開けに感じていた令和元年が大昔のようにも感じます。

2020年の日本は大転換期で、特に経済・政治で変化を体感するでしょう。お盆を過ぎた9月頃から徐々にシフトし、来年の夏頃には新たな時代となっていきます。

バラバラになったパズルを一つずつは探し始めた今、時代の変化の全体像はまだ掴めない状態。パズルが完成する頃には、誰が見ても「未来」のヴィジョンが明確になっていくでしょう。

2019年10月3日「冥王星の順行」

2019年10月3日、 4月25日から逆行していた冥王星が順行に。これまでの慌ただしさから抜け出し、落ち着きを取り戻すような感覚になるでしょう。

冥王星は「生と死」「破壊と再生」を意味する惑星。逆行期間中、余計なことに足をとられて、なかなか前に進めなかった人も、本質に集中することが出来てきます。一つの着地点が見つかり、ようやく地に足がつき、前に進む準備ができるでしょう。

2019年10月14日「牡羊座の満月」

牡羊座の満月が到来する10月14日は、職場での変化が起きやすい時。人間関係、部署の異動、仕事への考え方や向き合い方が変わっていき「2020年モード」に意識が切り替わっていきます。

環境が変化するというのは、誰にとっても気持ちの変化があります。不安に思う人もいれば、楽しみと思う人もいるはず。ただ変化に対して、イライラしてしまっても、ワクワクしても、周囲に対して「子どもっぽい態度」はNGな時期です。感情のままに行動するのではなく、感情を一回受け止めることで、冷静に対処することができるでしょう。

2019年10月28日「蠍座の新月」

2019年10月後半は、蠍座の新月が到来。人との関わりはより深いものになっていくでしょう。例えば、食事をする場で、これまで話してこなかった過去や思っていたことが溢れてくる……といったこともあります。これまで押し込んでいた気持ちが相手に伝わり「絆」を感じるはず。

恋愛や仕事で「これしかない」という明確な目標や未来への道がひらけてくるような暗示。2020年、その先の未来、自分がどうなりたいかを考えてみると良いでしょう。

関連記事:
【ゲッターズ飯田の五星三心占い】2020年の運勢!性格/恋愛/結婚/仕事を徹底鑑定
【ゲッターズ飯田の令和占い】2019年下半期の運勢を五星三心のタイプ別に発表
【2020年ラッキーカラー】五星三心占い12タイプ別の運気アップ色とは
【細木数子の六星占術占い】2020年の運勢を鑑定し発表!
【ゲッターズ飯田の五星三心占い2020年度版 】書籍の予約開始!予約特典&イベント日程を発表
【ダウンタウンDX】旅行で開運効果!幸運を呼ぶ2019年/2020年のおでかけ吉方位一覧
【最強運決定戦SP2019】全576通り「星座・血液型・干支」最強運勢ランキング
【水晶玉子のオリエンタル占星術】開運暦2020を発売!幸運を呼ぶ365日メッセージつき
【アッコにおまかせ】2019年下半期「星座×干支」強運ランキング
2019年8月30日「乙女座の新月」で問題の調整と秩序を取り戻す
【2019年9月の運気予報】魚座の満月&天秤座の新月で、2020年のサイクルが始まる

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です