【2019年12月の運気予報】山羊座の木星入りで「未来の自分を描く」

Pocket

12月3日「木星山羊座期」に入ると、本格的な変革期へ。転職を考える人やすでに動き出している人も多い時期。12月は、これまで堅実に努力してきた人にスポットが当たっていくでしょう。12月22日の「冬至」を迎える頃には、次の時代への目標を持っていたいところ。

2019年12月3日「山羊座の木星入り」

2019年12月3日に木星が山羊座に移動し、いわゆる「木星山羊座期」に入ります。12月3日木星が山羊座に移動すると、2020年12月19日まで滞在。

12月は、木星・土星・冥王星が山羊座に集結。これは「トリプル・グレートコンジャンクション期」とも言われており、大きな変革が起こることを示唆しています。

2020年は、国際的なカラーが押し寄せますし、大きな時代の波で次々と変化が訪れます。そのため、目の前のことばかりに集中してしまうと、行き着いた先で「結局は何を手に入れたかったのか」と迷いが生じてしまいます。

長期的な目標を立てると、時代の多くの変化は小さいようにも感じてきます。自分が数年後に「手に入れたいもの」「なりたい人物像」を描いて、一歩一歩進んでいきましょう。

木星山羊座期は、自分の欲望を満たすという生き方よりも、人のために手を差し伸べると自分に返ってくる期間です。社会の様々な問題に対して、真面目に向き合うことで、運気がアップするでしょう。

1212日「双子座の満月」

12月12日に、満月が双子座へ。コミュニケーションが盛んになり、人との交流が増える流れ。太陽星座が「牡羊座」の人は満月から4日間で小旅行を計画しても良いでしょう。

星を読むと、捨てきれない「不安要素」が、フッと心を重くする瞬間がある暗示。ただ、それは「被害妄想」の可能性もあるので、考えすぎないように。情報収集がしやすい時でもあるので、自分で見て聞いた確実な情報のみを信じて。

楽しい中に、いつも以上にセンシティブな部分が顔を出すので、少しだけ気を配ると運気が安定します。

1226日「山羊座の新月」

年末を締めくるのは、12月26日「山羊座の新月」の到来。さらに「金環日食(部分日食)」なので「2020年の幕開け」にも大きく影響してきます。

ピリッとした雰囲気が漂い、地に足がつくような感じ。やることばかりを積みすぎて先行きが見えないのなら「やらないこと」を決めて、気持ちを整理すると良いでしょう。

書店に立ち寄った時は「外国メディア」「海外旅行」「思想」「宗教」に関するジャンルの雑誌や書籍をとってみると、運気がアップ。2020年にも繋がってくるテーマでもあり、後に役立つ思わぬ発見がありそう。

関連記事:
【木星山羊座期の到来】射手座木星期最後の新月!結婚ラッシュ&時代変革へ
【ゲッターズ飯田の五星三心占い】2020年の運勢!性格/恋愛/結婚/仕事を徹底鑑定
【ゲッターズ飯田の令和占い】2019年下半期の運勢を五星三心のタイプ別に発表
【2020年ラッキーカラー】五星三心占い12タイプ別の運気アップ色とは
【細木数子の六星占術占い】2020年の運勢を鑑定し発表!
【ゲッターズ飯田の五星三心占い2020年度版 】書籍の予約開始!予約特典&イベント日程を発表
【ダウンタウンDX】旅行で開運効果!幸運を呼ぶ2019年/2020年のおでかけ吉方位一覧
【最強運決定戦SP2019】全576通り「星座・血液型・干支」最強運勢ランキング
【水晶玉子のオリエンタル占星術】開運暦2020を発売!幸運を呼ぶ365日メッセージつき
【アッコにおまかせ】2019年下半期「星座×干支」強運ランキング

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です