【2021年12月の運気予報】射手座の新月&双子座の満月で「解放と繋がり」の一ヶ月

Pocket

2021年12月19日にコールドムーン(双子座の満月)が到来。一年を振り返り、2022年をスタートダッシュするための基盤づくりの一ヶ月にすると良いでしょう。

2021年12月は解放と繋がりの一ヶ月

  • 2021年12月1日:海王星逆行終了
  • 2021年12月4日:射手座の新月
  • 2021年12月19日:双子座の満月
  • 2021年12月19日:金星逆行へ

天王星が逆行する中、12月1に海王星が逆行から順行へ。月は、12月4日に「射手座の新月」、12月19日に「双子座の満月」が到来。12月19日から年明けまで金星が逆行します。

12月上旬は、移動が多くなるムード。年末に向かって街がにぎわいを見せ、楽しい雰囲気になりそうです。一方で、12月下旬になると金星逆行で人間関係やお金について慎重になる必要が出てきそう。

12月の開運日には、氏神様(うじがみさま)やいつもお世話になっている神社に足を運び、一年のお礼をすると良いでしょう

星ひとみの天星術開運カレンダー

元グラビアアイドルの星ひとみさんは、巫女の血筋を持つ天星術の開祖。タレント活動の傍ら行なっていた占いが共演者やスタッフの間で話題に。東洋占星術・統計学・心理学・人間科学などから独自の占術「天星術」を編み出し、これまでの鑑定実績は2万人以上。結婚時期やバンドの解散やブレイク時期などを的中させています。

星ひとみさんは「天星術開運カレンダー」を発表。2021年下半期の開運日と注意すべき日について解説

2021年12月の天星術開運日

  • 2021年12月3日:一粒万倍日、母倉日、友引
  • 2021年12月4日:一粒万倍日、大安
  • 2021年12月17日:一粒万倍日、赤口
  • 2021年12月18日:一粒万倍日、先勝
  • 2021年12月29日:一粒万倍日、大明日、赤口
  • 2021年12月30日:一粒万倍日、先勝

2021年下半期の開運日は、日本の暦では「天赦日」「一粒万倍日」と呼ばれる日で、天から「許される」日なので、何かを「決断する」「スタートさせる」という気が高まる日です。後回しになっていたことに再チャレンジしてみると、良い方向へと進んでいくはず。

開運日は、勇気を持って一歩踏み出すことが大切になります。具体的には、恋愛であれば告白・プロポーズ、仕事であれば起業や転職、また、引っ越しにも最適です。

2021年下半期の天星術注意日

  • 2021年12月2日:大明日、母倉日、先勝、不成就日
  • 2021年12月8日:寅の日、先負、不成就日
  • 2021年12月16日:大安、不成就日
  • 2021年12月24日:大明日、先勝、不成就日

2021年下半期の注意日は、日本の暦では「不成就日」と呼ばれる日で、「期待が外れる」という気が高まります。特殊な行動は控えて「普段通り」を心がけると、運勢が安定します。

契約事や大きな決断は、もし別日に変更が可能であれば、なるべく控えた方が良いです。ただ「流れに任せる」という事も大切になってきますので、あらかじめ決まっていた予定などは無理に変更する必要はないでしょう。

関連記事:
2021年11月30日『ゲッターズ飯田の「五星三心占い」新・決定版』が発売へ
【ゲッターズ飯田の2022年五星三心占い】時代が大きく変化する「五黄の寅年」の一年に
ゲッターズ飯田「2022年3月にコロナ収束」過去の予言が現実味を帯びる
【2022年の妊活風水】シウマ流の開運数字「24」で子宝運アップ
【星ひとみの2022年占い】運命がわかる天星術12タイプの調べ方&令和4年の運勢
【2022年の運勢】ゲッターズ飯田の五星三心占い12タイプ別総合運&ラッキーカラーを鑑定
【2022年ラッキーカラー】五星三心占い12タイプ別の開運色は? 財布や手帳で運気アップ
【突然ですが占ってもいいですか?】番組の主題歌&挿入歌・全BGMプレイリスト一覧まとめ
【星ひとみの天星術開運カレンダー】2021年下半期の開運日と注意すべき日とは?
【星ひとみの天星術占い】2021年下半期は「しなやかさ」がテーマに
【星ひとみの天星術占い】2021年下半期の恋愛運「新時代の恋の見つけ方」

姉妹サイトの関連記事:
【2021年12月吉日カレンダー】縁起の良い日&最強開運日
2021年12月の新月・満月・ボイドタイム

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です