【2022年9月9日】子孫繁栄&健康長寿を祝う「重陽の節句(菊の節句)」


9月9日は「重陽の節句(菊の節句)」です。古来から子孫繁栄や健康長寿を祝う節目の日とされています。世界では、中国、香港、マカオ、台湾、ベトナムでも行われている年中行事です。

重陽の節句は「五節句」の一つ

  • 人日の節句(1月7日)
  • 桃の節句(3月3日)
  • 端午の節句(5月5日)
  • 七夕の節句(7月7日)
  • 重陽の節句(9月9日)

重陽の節句(菊の節句)は、江戸時代に定められた「五節句」の一つです。

1月7日の「人日の節句(七草)」、3月3日の「上巳の節句(桃の節句/雛祭り)」、5月5日の「端午の節句」、7月7日の「七夕の節句」に並び、節目の日としてお祝いをしていました。

9月9日は、縁起が良い「不吉な日」

9月9日は、陰陽五行思想において、陽の数字である「9」が重なる日です。本来は「陽の気が強すぎる不吉な日」として邪気を払っていましたが、陽の重なりが吉日に転じて現在に至ります。

菊の節句と言われるのは、中国で「菊は邪気を払う力を持っている」と信じられているためだと考えられます。

重陽の節句の気軽な楽しみ方

気軽に行事を取り入れるなら、9月9日は食用菊を使ったレシピを取り入れると良いでしょう。菊の花を日本酒に浮かべた菊酒、お刺身の付け合わせとして、飾ってみてください。栗ご飯、秋茄子のお浸しを食べて、夏から秋へのうつろいを感じるのもおすすめです。

行事を彩る和菓子「着せ綿」

和菓子店では、菊や栗を取り入れたお菓子も販売されます。食材を使用したものや、優雅な風習にちなんで作られた「着せ綿(きせわた)」と言われるものも。その店ごとに工夫した季節限定の和菓子を楽しんでみてください。

厄祓い&長寿を願う「菊湯」

厄祓いや長寿を願って入る季節のお風呂「菊湯」は、体調を崩しやすい初秋にぴったり。菊に含まれるカンフェンという成分が、血行を良くしてくれます。

その他にも、干した菊の花で作る「菊枕」、菊花を使った遊び「菊合わせ」、呉茱萸(ごしゅゆ)という植物の実を緋色の袋に納めた「茱萸嚢(しゅゆのう)」などがあります。

9月9日の記念日&年中行事

  • 菊の節句(重陽の節句)
  • 救急の日
  • 世界占いの日
  • チョロQの日
  • 吹き戻しの日
  • カーネルズデー
  • 手巻寿司の日
  • ロールケーキの日
  • 栗きんとんの日
  • 食べものを大切にする日
  • 温泉の日
  • 男色の日
  • SMAPの日
  • 片貝まつり

9月9日は、日本占術協会が1999年に制定「占いの日」であるので、占い館や占いサイトで自分の運勢と向き合ってみるのも良いかもしれません。国民的スター「SMAP」の結成日が9月9日ということで、毎年TwitterなどのSNSでも話題となっています。

関連記事:
【2021年9月9日】重陽の節句(菊の節句)は家族の無病息災&不老長寿を願う日
【2020年9月9日】重陽の節句は食用菊、栗ご飯と秋茄子で運気アップを
9月9日は「重陽の節句(菊の節句)」お米を食べて金運アップ効果を
5月5日は「端午の節句(菖蒲の節句)」柏餅を食べて子宝運アップ🎏


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です