9月9日は「重陽の節句(菊の節句)」お米を食べて金運アップ効果を

Pocket

9月9日は「重陽の節句」で、菊が咲く季節であることから「菊の節句」とも言われています。日本では「桃の節句」や「端午の節句」が有名ですが「重陽の節句」は、とてもパワーの強い開運日なのです。

重陽の起源と意味とは

9月9日の重陽(ちょうよう)は、旧暦で菊咲く季節のため「菊の節句」と呼ばれる五節句の一つ。五節句とは、3月3日の上巳の節句(桃の節句)、5月5日の端午の節句(菖蒲の節句)、7月7日の七夕の節句、9月9日の重陽の節句のこと。

9月9日は、陰陽思想で「奇数の重なる月日は陽の気が強すぎるため不吉」とされ邪気を払う行事を行っていましたが、時代と共に陽の数字である「9」の重なりを吉祥とする考え方に変化。現在では、お祝いの日となっています。

重陽では、長寿を願って、菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべたお酒を飲んだりしてお祝いをします。前夜には、菊の花にかぶせた綿に菊の露や香りを含ませ、身体をぬぐう習慣も。また、お風呂に菊の花を浮かべる「菊湯」や、菊を詰めた「菊枕」などで菊を楽しんでしました。現在では、知る人ぞ知る節句の行事となっています。

重陽の節句に食べたいラッキーフード

重陽の節句に食べると運気が上がるという食材がいくつかあります。菊の節句というくらいですから「食用菊のおひたし」は良いとされています。

菊という漢字をよく見ると「米」という漢字があるので、お米を食べると運気がアップすると言われています。江戸時代頃からは、重陽の節句を「栗の節句」とも呼ばれ、時季だった「栗ごはん」を食べる風習も。

お酒を飲める方なら、お米から出来ているお酒「日本酒」がオススメ。食用菊を飾って「菊酒」にし、お清めを。

秋茄子も旬の野菜です。焼きナスや煮びたしにして食べると、季節のパワーを取り入れることができますよ。

財布の新調すると金運アップに効果

今使っている財布が、3年以上使っているのであれば「財布の新調」も検討を。財布のパワーは3年までと言われているので、3年以上使用し続けていると金運がダウンしてしまう可能性も。

新調する際に財布は捨てなくてもOK

ブランド物やお気に入りの財布であれば、新調する時に「もったいない」と思ってしまうもの。財布を新調すると「捨てなければならない」と考える人も多いのですが、捨てたくない財布であれば、キレイな箱に入れて保存する「寝かせ」をすれば、また使うことができます。

新調した財布を2〜3年使った後、寝かせていた財布を使い直すことができます。ただ、汚れすぎていたり、一部が破損してしまっている財布はNG。再び使うのであれば修繕してから使い始めましょう。

新調する財布は、大人っぽい雰囲気のものをチョイス。安っぽいものより、身の丈よりも少し背伸びした財布を選ぶようにした方が、金運アップに良いとされています。

9月9日は国民的アイドル「SMAP」の日

9月9日は、日本占術協会が1999年に制定「占いの日」であるので、占い館や占いサイトで自分の運勢と向き合ってみるのも良いでしょう。

また、驚くのは、国民的スターの「SMAP」も結成日が9月9日。TwitterなどのSNSで話題となっています。

関連記事:
新・SMAPが「新しい地図」で再始動!水晶玉子の予言が的中へ
2018年9月6日に北海道地震「土星逆行の終了」で社会的課題が浮き彫りに
【2018年9月の運勢予報】変革への準備期間!食生活改善と大人っぽさを意識して
【ゲッターズ飯田の五星三心占い】2018年下半期の運勢を発表
【ゲッターズ飯田の占い】2018年下半期の12星座運勢ランキングを発表
【ゲッターズ飯田の五星三心占い】2019年の運勢を鑑定し発表
「水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2019」を発売!幸運を呼ぶ365日メッセージつき

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です