【ゲッターズ飯田の占い】2020年下半期を鑑定「緊急事態宣言解除」予言的中か

Pocket

ゲッターズ飯田さんの占いで、2020年下半期、新型コロナウイルスの収束や緊急事態宣言解除の時期についての予言が的中。過去に、アフターコロナの世界についても語っていました。

5月に「緊急事態宣言解除」へ

5月14日、安倍総理が、39県における緊急事態宣言の解除を発表しました。感染予防をしながらも生活をする「新たな日常」がスタートしたのです。

5月が目処になるというゲッターズ飯田さんの占い通り、新型コロナウイルスの収束が見えてきたように感じています。

しかし、夏以降、そして2020年の下半期についてのゲッターズ飯田さんの予言で、気になるポイントがありました。

関連記事:
【ゲッターズ飯田の占い】新型コロナウイルスは5月に区切りを迎える

ゲッターズ飯田の「2020年の世相占い」

  • 世の中の価値観がガラリと変わる
  • ライブや儚いモノへの価値観が上がる
  • 土の時代から、風の時代へ

ゲッターズ飯田さんの予言が的中し、大きく世界が変わっていく現在。今後はどのように世界が動いていくのでしょうか。

2020年から「世の中の価値観がガラリと変わる」

2020年の世相占いについて語られていたのは、大きく3つ。世の中の価値観がガラリと変わるというのは、ラジオやテレビ番組で「フランス革命が起きるほど」「200年の一度の運気」と語っており、大改革の時代となると予言していました。

この予言について、当初は海外からの文化の到来や大規模なイベント開催することでの「大改革」だと誰もが思っていましたが「全世界が共通の状態」となることで、日本と海外の違いが浮き彫りになり「日本はもっとこうあるべきだ」という思想が強くなっていったように思えます。

番組によっては「病院や社会システム」が壊れる・なくなるという言い方もしていました。人と人との距離感や価値観が変わったことで、消えゆくものも今後はさらに増えていきそうです。

2020年から「ライブや儚いモノへの価値観が上がる」

ライブや儚いモノへの価値観が上がるのは、コロナウイルスによってライブが開催できなくなってしまったからという点と、そのことによってアーティストが「ライブ配信」をすることにシフトしていった点が上げられます。

全国の緊急事態宣言が解除された「アフターコロナ」の世界では、これまで手売りしていたようなCDも配信や配送という形で受け渡しをすることになり、エンターテイメントそのものの形がリアルからバーチャルな世界へと変わっていくような流れです。もちろん、全てのリアルがなくなる訳ではないですが、今後拡大していくのはライブ・儚いモノになっていくのでしょう。

2020年から「土の時代から、風の時代へ」

ゲッターズ飯田さんの他にも多くの占い師が発信している「土の時代から、風の時代へ」という言葉。風というのは、西洋占星術の「風のエレメント」から来ています。

土の時代というのは、物質やお金などの形があるものに価値があるとされている時代です。欲望で言えば、所有欲。どれだけ多く物を持っているかで、裕福さが決まってくるような感じです。

一方で、風の時代というのは、土の時代で価値があったとされる物が「パラダイムシフト」し、大げさに言えば「全く価値がなくなる」ということ。知恵や知識・コミュニケーション・愛・絆など、見えないけれど大切なものが、より価値が高まってきます。

例えば、仕事については、Youtuberやネット事業で「お金」は稼ぎやすい時代になっていますから、お金では買えない「やりがい」「安全性」「信頼性」を求めていくということかもしれませんね。

ゲッターズ飯田の「2020年下半期」占い

  • 夏に大事故が起きる
  • 団体から個人の時代になる
  • 2021年に向けてさらなる変化

2020年はあくまで「スタート」の年。十二支も「子年」で、一番最初の干支。ここから段々と新しい時代が始まっていくような流れになると言います。

ゲッターズ飯田さんは「2020年の変化」に続き「2020年下半期」についても、公式Youtubeやラジオで語っていました。

夏に大事故が起きる

日本は、夏の運気が悪く、事故や事件が起きやすい星回り。2020年に限らず、毎年です。大変革の年である今年はさらに注意が必要で、注意が必要となるでしょう。夏の大事故という言葉を聞いて、多くの人は「新型コロナウイルス」「南海トラフ(大地震)」などを考えており、その他には「自然災害(台風や大雨)」「第2波」とも予想されています。

新型コロナウイルスの感染拡大は暦上で、春か夏になりますが、場合によっては「立夏」以降とも考えられるので「夏に大事故」がすでに終わっているかは定かではありません。

関連記事:
【ゲッターズ飯田の占い】コロナか南海トラフか「夏に大事故が起きる」が話題に

団体から個人の時代になる

新型コロナウイルスの影響もあって「みんなで乗り切ろう」「みんなで頑張ろう」というフレーズを多く耳にしました。誰もが「収束(終息)」を願い、感染拡大を予防するために一致団結するという雰囲気に。

現在の価値観は「みんなで同じことをする」「みんなでルールを守る」というポイントが重要になり、少しの間違いも許容されないような状況です。

一方で「2020年下半期」に入ってくると「みんなと一緒に」というよりは、個人個人が「どう生きたいか」という点にフォーカスされていく流れになります。

一人一人の個性・個人・生きがい、自分に合った生活環境(ライフスタイル)に注目が集まり、リモートワークが可能となったことで、地方に転職する人も増えてきそうです。フリーランス、フリーター、クリエイターなどが、より生きやすい世の中になるきっかけがあるでしょう。

2021年に向けてさらなる変化

2020年前半で「すごい変わった」と思う人が大半だと思いますが、2020年下半期に入ってくると、さらに変化は加速していきます。ゲッターズ飯田さんは、2021年に変化が起き、2022年が到来すると「華やかな時代」になってくると語っています。

5G、マイナンバー制度、働き方、リモートワーク、キャッシュレス、デリバリー、地方移住の増加、ネットカフェ難民の問題など、思いつくだけでも今は変化するタネが撒かれている状態です。2020年下半期から大きく動いていく流れとなっていくでしょう。

2022年は「華やかな時代」に

2020年下半期、2021年は大きな変革期へ。2021年の干支は「辛丑(かのとうし)」で、安定感がありつつも変化が多い年となってくると予想されます。2020年下半期は、そんな2021年の影響を受けて、より変化している実感があるようです。

ゲッターズ飯田さんの占いで、2022年は「華やかな時代」になると語っていましたが、2022年に開催される世界が注目するイベントやエンターテイメント分野、経済活動などを通して、熱狂するシーンが見られるのかもしれません。

ゲッターズ飯田とは

芸能界最強占い師としての呼び声も高い、今注目されている占い師。目元を隠すような赤いマスクとハンチング帽にスーツ姿がトレードマーク。

ゲッターズ飯田さんは、1975年4月4日で「銀のインディアン」タイプ。芸能界最強占い師としての呼び声も高い占い師。赤いマスクとハンチング帽にスーツ姿で、テレビやラジオ番組やトークライブなども行うことから「占い師タレント」とされることも多いのですが占いはかなりの本格派である印象。

水晶玉子×ゲッターズ飯田の対談

水晶玉子さんの書籍で、ゲッターズ飯田の「2020年ズバリ大予測対談」と題して、対談企画が行われており、世界と日本の政治経済や芸能について語っています。

関連記事:
【2020年下半期の運勢】12星座の総合運・恋愛運・仕事運を鑑定!
【ゲッターズ飯田の令和2年占い】2020年下半期の運勢を五星三心のタイプ別に発表
【水晶玉子の2020年下半期占い】今年も後半戦!幸運を引き寄せる雑誌まとめ
【水晶玉子の占いが的中】新型コロナウイルス感染症との遭遇で「人々の意識が刷新される」
【2020年ラッキーカラー】五星三心占い12タイプ別の運気アップ色とは
【細木数子の六星占術占い】2020年の運勢を鑑定し発表!
【ゲッターズ飯田の五星三心占い2020年度版 】書籍の予約開始!予約特典&イベント日程を発表
【水晶玉子のオリエンタル占星術】開運暦2020を発売!幸運を呼ぶ365日メッセージつき
【LINE占い】2020年最強運ランキング!血液型×干支×星座で占う『水晶玉子の2020年開運ランキング』を発表
【ダウンタウンDX】水晶玉子の「芸能界2020最強運ランキング」トップ48の全解説
【ダウンタウンDX】水晶玉子が「芸能界2020最強運ランキング」トップ48を発表へ
【ゲッターズ飯田の令和2年占い】2020年上半期の運勢を五星三心のタイプ別に発表
子年の2020年は京都の大豊神社へ!狛ねずみが鎮座する大黒社に開運祈願

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です