【2022年4月後半の運気予報】天秤座の満月の意味&願い事が叶うスピリチュアルウィッシュ

Pocket

2022年4月17日に「天秤座の満月」が到来。出会いが増えて、対話をする機会が自然と増えるかも。社会的な動きもありそうな雰囲気なので「GoTo(ワクワクイベント)」の拡大なども増えていきそうです。4月下旬からはゴールデンウィークも始まり、5月に向けて流れが変わっていくでしょう。

値上げ増加&大きな地震の増加

4月上旬は、コロナ感染拡大が収束しない中、ロシアによるウクライナ侵攻の影響が値上げという形で出始め、大きな地震が連発……と目まぐるしい日々が続きます。

そんな中、芸能界では、2月17にチャンネル『ガーシーch【芸能界の裏側】』を開設した東谷義和さん、 3月21日に市川海老蔵さんに関する過激な暴露を行った小林麻耶さんが注目を集めています。

4月1日の「牡羊座の新月」が到来する前後で、これまで貯めていたパワーが一気に解放されたような感じです。まるでブレーキが壊れた暴走列車のように、ぐんぐんとスピードを上げて加速していきます。まだまだこのドタバタは続きそう。

寅年は「弱肉強食時代」とも言われ、ライバルが「虎視眈々(こしたんたん)」と足元を狙ってきます。来年の2月までは、荒れ狂う波の中で「どう地に足をつけるか」がテーマとなってきそうです。星まわりを読むと、大きな流れは4月30日からじわじわ変化していきます。秋までにかけて、人生を左右するジャッジを求められるでしょう。

2022年4月17日「天秤座の満月」で社会も動く

4月後半に入ると「天秤座の満月(ピンクムーン)」が到来。個人レベルで言えば、出会いが増えて、対話をする機会が自然と増えるかも。社会が変化していくタイミングでもあるので、働き方に対する議論がなされそう。

政府が、ワクチン接種済みの人向けに割引サービスを検討中。名称も「GoToイベント」から「ワクワクイベント」とするとしています。ゴールデンウィークに向けて、議論が活発になっていきそうです。

2022年04月30日「冥王星の逆行」で改革へ

2022年から2023年に向けて、自分改革が始まるのが30日の「冥王星の逆行」です。個人の生き方だけではなく、社会の変化へ順応していくことが求められそう。逆行は10月9日まで続き、秋まで大きなテーマとして残ることになります。

4月末は、新社会人たちが、早くも「なんとなく仕事が嫌になった」と言い出しそうな時期。昭和生まれの古臭いやり方に嫌気がさしてくるかもしれません。今年は独立心・個性が重視されるので、働き方についても「もっと自由でもいいよね」「もっと人それぞれでいいよね」という価値観が重視されていく感じです。

これは不思議なのですが、自由であればあるほど、ルールやマナーは厳しくなってくもの。「最近のテレビはつまらない」と言われるのは、全ての人に配慮するようになったから。革新的で面白いと思えるデザインのファッションが一般向けしないように、大衆化されたものは「つまらないもの」になってしまうのです。ただ、そんな「つまらなさ」の中から面白みをどう作っていくかが、今後は重要になってくるのでしょう。

昔は良かったなんて思わずに「どう未来を良くしていこうか」と前向きに考えて「新しい価値観」を作っていくことが必要なのかもしれません。

関連記事:
【星ひとみの天星術開運カレンダー】2022年4月の開運日と注意すべき日とは?
【2023年にコロナ収束】ゲッターズ飯田「さらに長引く可能性がある」と予言も
【2022年の星占い】癒し&創造の一年!下半期は驚くスピード感に
【ダウンタウンDX】水晶玉子の「芸能界2022最強運ランキング」トップ48の全解説
【ゲッターズ飯田の2022年五星三心占い】時代が大きく変化する「五黄の寅年」の一年に
【2022年の妊活風水】シウマ流の開運数字「24」で子宝運アップ
【星ひとみの2022年占い】運命がわかる天星術12タイプの調べ方&令和4年の運勢
【2022年の運勢】ゲッターズ飯田の五星三心占い12タイプ別総合運&ラッキーカラーを鑑定
【2022年ラッキーカラー】五星三心占い12タイプ別の開運色は? 財布や手帳で運気アップ
【2022年の春から始める運気アップ術】福山雅治が参拝&結婚で話題の西野神社!金運&健康運のラッキーカラーを紹介
【ゲッターズ飯田の占い】2022年の家庭運!夫婦親子運&子どもの運気を上げる方法
【ゲッターズ飯田の占い】12タイプ別ラッキースポットを発表【五星三心占い】
【星ひとみの天星術開運カレンダー】2022年の開運日と注意すべき日とは?

姉妹サイトの関連記事:
2022年の満月・新月・ボイドタイムカレンダー

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です