【2019年12月後半の運気予報】山羊座の新月&日食「海外と宗教に関する書籍」が2020年への鍵

obatea占い
Pocket

2019年12月、木星山羊座期が開始された前半。様々なことが変化していくことは、もう止まりません。地球規模で、これまでにない転機がやってきます。

12月は、これまで堅実に努力してきた人に光が集中。20日頃に、実感があるはず。12月22日に冬至、そして12月26日に山羊座の新月&日食が到来します。2020年を迎える前に、次の時代への鍵「海外と宗教に関する書籍」を手にして。

木星山羊座期の序章

EU離脱問題、環境問題など、様々な変化が時代を見ても明らかな現在。各国ではデモが開催されています。これまでも、これらの問題はありましたが、多くの問題が「表面化」しているのです。

木星山羊座期は序章。10月頃から段々と変わっているニュースの内容は、2019年よりも、大きく変化する2020年を表しているように感じます。

2019年12月22日「冬至」

冬至は、北半球では一年の中で最も夜が長くなる日。二十四節気で最も重要な日とされ、日本では柚子風呂を楽しんだり、カボチャや小豆粥を食べる地域もあります。

穴八幡宮で「一陽来復御守」

冬至のことを「一陽来復(いちようらいふく)」とも呼び、新宿区早稲田に鎮座する「穴八幡宮(あなはちまんぐう)」では「一陽来復御守」を授かるために毎年長い行列が出来るそうです。

健康運アップの行動を

22日から「陽の気」が戻ってくるため、何かを始めたり、これまでをリセットしたりするには良い日。何事も心と体の健康が一番ですから、季節の食材を取り入れて健康運アップを。

2019年1226日「山羊座の新月」

12月26日に「山羊座の新月」が到来。さらに「金環日食(部分日食)」なので「2020年の幕開け」に大きく影響します。

大掃除はきっちり!時代変化への準備

山羊座は、マナーやルール遵守や社会性が強い星座。大掃除をする、人との待ち合わせには時間に遅れないなど、きっちりとしていくことが重要です。また、これまで許されていた嘘や偽りも、2020年では通用してこなくなります。次の時代に進むためには、これまでの穢(けがれ)を祓い、正しい道を行く……くらいの覚悟が必要になってきます。

これは「あくまでも占い」と楽観視は出来なくなってきていると思っています。例えば、バイトテロ。これまではきっと悪ふざけや若気の至りと言われて許されてきましたが、SNSに掲載されることで社会的責任を負うことになっています。

今後、先進的なAI技術で、人々のスコアが算出されることになります。信用や可能性の評価が人生を左右していく時代が、もう現実的に来ているのです。2020年への準備はしっかりと進めていきましょう。

海外や宗教に「幸運の種」が

書店に立ち寄った時は「外国メディア」「海外旅行」「思想」「宗教」に関するジャンルの雑誌や書籍をとってみると、運気がアップ。2020年にも繋がってくるテーマでもあり、後に役立つ思わぬ発見がありそう。

関連記事:
【2019年12月の運気予報】山羊座の木星入りで「未来の自分を描く」
【木星山羊座期の到来】射手座木星期最後の新月!結婚ラッシュ&時代変革へ
【ゲッターズ飯田の五星三心占い】2020年の運勢!性格/恋愛/結婚/仕事を徹底鑑定
【ゲッターズ飯田の令和占い】2019年下半期の運勢を五星三心のタイプ別に発表
【2020年ラッキーカラー】五星三心占い12タイプ別の運気アップ色とは
【細木数子の六星占術占い】2020年の運勢を鑑定し発表!
【ゲッターズ飯田の五星三心占い2020年度版 】書籍の予約開始!予約特典&イベント日程を発表
【ダウンタウンDX】旅行で開運効果!幸運を呼ぶ2019年/2020年のおでかけ吉方位一覧
【最強運決定戦SP2019】全576通り「星座・血液型・干支」最強運勢ランキング
【水晶玉子のオリエンタル占星術】開運暦2020を発売!幸運を呼ぶ365日メッセージつき
【アッコにおまかせ】2019年下半期「星座×干支」強運ランキング

Pocket