2023年「どんな年?何が起きる?」最強占い師の運勢鑑定&大予言


2023年「どんな年?何が起きる?」気になる最強占い師の運勢鑑定&大予言をまとめてみました

占い師オバティの2023年占いトピック

  • 木星移動&逆行による変化
  • 火星の移動で「議論&論争」
  • 2023年「革命」が起こる

木星移動&逆行による変化

2022年下半期は魚座&牡羊座で揺らぐ

2022年5月11日に牡羊座へ移動した木星が、10月28日に魚座に戻り、12月20日に牡羊座入りします。魚座のキーワードは癒し・共感・共有で、温泉旅行や趣味に没頭するなど、自分を癒してあげる時間にすると良い期間です。一方で、木星に「牡羊座入り」すると、新規立ち上げが展開してくるので流れになり、空気感が一気に変わるかもしれません。

火星の移動で「議論&論争」

議論が活発化してバトル勃発!?

2022年下半期のキーワード「コミュニケーションと戦い」が重なり、議論や論争が巻き起こりそうな流れに突入。日本の政治、ウクライナ侵攻、コロナ対策、円安……様々な課題に向けて、話し合いが活発になりそう。

2023年「革命」が起こる

根こそぎぐぐっと引っこ抜く

2023年は「根こそぎ変わる」みたいなことが起きそう。多くの占い師が「革命が起こる」といった言葉でそれを表現しています。古い価値観から新しい価値観を受け入れる心構えを、2022年下半期を過ごす中でつくっていくといいのかも。

関連記事:
【2022年下半期の運気予報】運命のターニングポイント&三大トピックス

ゲッターズ飯田の五星三心占い&コロナ予言

2023年は「春に世界が終わる」

2023年は、春頃に「コロナの終息」が期待される年。アフターコロナではなく、コロナネクストのような気配もあり、インフルエンザの流行、サル痘ウイルスなど、新たな脅威やリスクも気になるところでしょう。

2023年に世界が終わる

コロナより危険な未知のウイルス

2023年は、2022年を土台にさらなるステップをする年。ゲッターズ飯田さんは「コロナよりも危険な未知のウイルスが全世界を襲います」としており、コロナは本番でなく新たな時代への準備だったことを示唆しているのです。

春に世界が終わるという言葉は「地球滅亡」ではなく、時代の一区切りとなり、違った流れに入って行くことを意味しているのでしょう。

恋愛&結婚ブームが到来

恋愛&結婚をしたい人たちが急増するかも

卯年(うさぎ)は、子沢山(子孫繁栄)の象徴とされており、2023年は“恋愛&結婚をしたい人たちが急増するかも”。過去の恋愛や固定観念にとらわれず、積極的に動いて見てください。コロナ禍でなかなか恋愛できなかった人も、気持ちを切り替えて行動していくと良いでしょう。ただし、望まぬ妊娠や性感染症のリスクも増える傾向があるようなので、注意しましょう。

おひとり様&ソロ活が増加

ソロでも極められる遊びを見つけて

数年前だと“友だちがいない寂しい人”という認識もあった「おひとり様」ですが、2023年に運気が上がる鳳凰座は、一人で過ごすのが好きなタイプ。その流れで、自分のリズムを大切にしたり、少数派の人たちの声が広まったりすることがありそう。「普通」とか「常識」に縛られなくなり、気持ちが楽になっていきそう。一人で出来る趣味や楽しみを増やしていくと良いかもしれません。

知的好奇心&向上心を高める

資格試験などの地道な勉強に向いている年

落ち着きのある時期でも、ダラダラ生活するのはもってのほか。知的好奇心や向上心、探究心を高めて、コツコツと勉強してみてください。少しでも興味をもったものは徹底的に調べてみると良いでしょう。

平和と安定の時代へ

自分のセンスや楽しみを追求して

戦争や暴力から解放されやすい一年。穏やかな生活が戻ってきて「平和の大切さ」を実感することがありそうです。人の目を気にするよりも自分軸を大切にしていきましょう。

クリエイティブ&トレンドな時代

生活に変化をつけていく

五星三心では鳳凰座と共に、インディアン座も運気上昇中。インディアン座のキーワードは、クリエイティブや新しい体制づくり。新しいトレンドをキャッチして、フットワークを軽くしていくと、チャンスが巡ってくるかもしれません。

ロングより短めの髪がモテる

鳳凰座の人には、短めのヘアスタイルが人気です。肩ぐらいまでの長さにするとモテ度アップ。ロングの人は、暗い印象にならないように工夫しましょう。人気運を狙うならセミロングがおすすめです。

関連記事:
【ゲッターズ飯田の2023年五星三心占い】時代が大きく飛躍する「癸卯」の年へ
【2023年ラッキーカラー】五星三心占い12タイプ別の開運色は? 財布や下着で運気アップ
【2023年にコロナ収束】ゲッターズ飯田「さらに長引く可能性がある」と予言も
書籍『ゲッターズ飯田五星三心占い2023年版』が9月2日に発売決定!表紙はラッキーカラー
渡部篤郎が22年ぶりの大河出演決定!ゲッターズ飯田の占いが的中と話題に

星ひとみの2023年占い&芸能人鑑定

2023年は「闘いの時代の集大成」

  • 広瀬すず:恋愛がグチャグチャになる
  • 水野美紀:2023年に海外運
  • 岸優太:2023年は“岸優太の時代”
  • 馬淵優佳:2023年に大きな決断をする
  • 伊達みきお:病気になる可能性も

星ひとみさんの占いによれば、これまで好調に思えていたことが急展開を迎えたり、努力を続けていた人が表舞台に立つようなこともありそう。

広瀬すずの恋愛がグチャグチャになる

恋愛がグッチャグチャ

広瀬すずさんは「恋愛がグチャグチャになる」という予言がされています。要注意人物は「東京タワー近辺に住む男」「タワーマンションに住む人」「お金を持っている人」と言う面々。騙されてしまうと、その後の人生にも悪影響がありそうです。

関連記事:
【星ひとみの天星術】広瀬すずを鑑定、2023年「東京タワー近辺に住む男」に注意

岸優太の時代&伊達みきおの病気

岸優太の時代が来る

King&Princeの岸優太さんについては「岸優太の時代が来る」と予言。さらなる活躍が期待されています。一方で、サンドウィッチマン・伊達みきおさんは「病気になる可能性も」と、健康に不安が出てくることが指摘されています。

関連記事:
【星ひとみの天星術】岸優太は「2023年に時代が来る&メチャクチャモテる」
【星ひとみの天星術占い2023】天星12タイプでわかる2023年の運勢&2023年予測
書籍『星ひとみの天星術2023』10月30日にシリーズ12冊発売!初の12天星別の年間運気本
【星ひとみの姓名判断】星ひとみに占ってもらう方法&鑑定受付と口コミ評価

水晶玉子の2023年占い&世相予言

2023年は「大事なものを“取り戻す”」

  • オリエンタル占星術:井宿(せいしゅく)の年
  • 2023年の干支:癸卯(みずのとう)
  • 西洋占星術:木星が牡羊座から牡牛座へ

占術家・水晶玉子さんは、様々な占術で2023年を分析。

オリエンタル占星術「井宿の年」

コツコツと小さな積み重ねが必要

2023年は、オリエンタル占星術で「井宿の年」。井戸から水を汲むように、水脈を探して“深掘り”し、大事なものを取り戻すような一年になりそう。大きく動いていくというよりも、コツコツと小さな積み重ねが必要になってきます。

十干十二支「癸卯」

一つのサイクルが終わっていく

干支は、十干十二支で「癸卯」。癸(水の弟)は、十干の一番最後で陰の水の気で、壬(みずのえ)が海・河・湖に例えられるのに対して、雨・雫・霧といったイメージ。一つのサイクルが終わっていく時期だと考えられます。また、卯(うさぎ)は、小さくかわいい印象ですが、強い繁殖力があることが知られています。結婚や出産が増えたり、弱い者が団結し大きな者を倒していくといったことが起きるかもしれません。

西洋占星術「木星が牡牛座へ」

終わりと始まりがテーマに

西洋占星術では、幸運の星・木星が牡羊座から牡牛座へ。試練の星・土星が、水瓶座から魚座へと移動します。最初と最後の星座が動くことから「終わりと始まり」がテーマになってきそうです。さらに言うと、2024年~2026年は、破壊と再生の星・冥王星、癒しと幻想の星・海王星、改革の星・天王星が、次々に移動していくため、全く違う価値観が生まれて、新しい世界が広がると考えられます。

関連記事:
【水晶玉子のオリエンタル占星術】開運暦2023を発売へ!激動の年をサバイバルする方法とは

石井ゆかりの2023年占い&星の動き

2023年は「大物が動く」

  • 火星が双子座に長期滞在(8/20 – 2023/3/25)
  • 牡牛座火星・天王星 90度 水瓶座土星
  • 牡羊座木星→魚座木星(10/28-12/20だけ)
  • 蠍座日食(10/25)、牡牛座月食(11/8)

火星が双子座に、8月20日から長い期間滞在。戦いの星がコミュニケーションの星座に滞在するため、議論や論破がキーワードとなり、古来では「論争」としても扱われていました。さらに、牡羊座に木星が滞在するので、大切なことを論争されていく、戦争に関するコミュニケーションやビジネスがピックアップされていく流れになる可能性も。

牡牛座に滞在する戦いの星「火星」と天王星は「革命」が影響。水瓶座土星とバキバキな角度「90度」をとり“古いものと新しいものがぶつかり合う”ようなイメージに。ウクライナ侵攻が今の時代とは思えない「古い戦争だ」という声もあり、古い価値観と新しい価値観が戦っていくことが起きそう。

木星が牡羊座に滞在、10月28日から12月20日は「魚座」に移動。終わりの星座と始まりの星座が混ざり合い、新しい方向性に向かっていくことになりそう。

2023年は「大物が動く」という流れに突入。冥王星の影響で2008年頃くらいの流れが終わりを迎え、土星の影響で2020年頃からの流れに終止符が打たれることになりそう。

近いタイミングで起こる、10月25日の蠍座日食と11月8日の牡牛座月食。大事なことが始まったり、実ったり、満ちる流れになりそう。蠍座・牡牛座は「それは誰のものか?」が問い直すようなタイミングになり、世界が驚くようなことになるかもしれません。

12星座の2022年下半期トピック

  • 牡羊座:翼の生えた靴を履いて、12年の1回の大転機を翔る
  • 牡牛座:意気地をたてるための、生命力に満ちた選択
  • 双子座:荒ぶる衝動、熱い思いをひたむきに生きる時
  • 蟹座:大活躍の季節、新旧の感情が入れ替わる
  • 獅子座:新しい世界の発見と、人間的成長と
  • 乙女座:経験のすべてを懸けられる、勝負時
  • 天秤座:人との関わりが、別世界への扉になる
  • 蠍座:他者や自分を、本当の意味で助けること
  • 射手座:愛とクリエイティビティを生きる、ということ
  • 山羊座:人をケアすること、自分をケアすること
  • 水瓶座:愛のために出かけていく、勇敢な季節
  • 魚座:夢のお城を作ること、幸福に生き抜くこと

関連記事:
石井ゆかりが語る「2022年下半期の星の時間」時代の流れと12星座の運勢とは?

木下レオンの2023年運勢&転機

2023年は「大きく成長できる飛躍の年」

  • 十二支は卯:活発に伸び行く
  • 帝王占術:大きな飛躍の年

卯は「茂(しげる)」の意味

卯という漢字は「茂る」を意味しますバイ

2023年の干支は「卯(うさぎ)年」です。漢書・律暦志によれば「冒」、史記・律書によると「茂」の意味。若葉が茂ってきた状態や草木が地面をはっていく様子が表されています。生い茂る=活発に伸び行くことができる一年にすることができそうです。

卯年は大きく飛躍できる年

兎のようにチカッパ飛躍できる年になる

ウサギというのは、全身を使って跳ねる動物。今まで積み重ねた経験や技術を存分に使うことで、大きく成長できる飛躍の年となるでしょう。先祖や両親に感謝することで、背中を押してもらえるはず。

関連記事:
【木下レオンの吉方位の旅ガイド】浄化&開運で最強運を手に入れる開運本が発売へ
【突然ですが占ってもいいですか?】木下レオンに占ってもらう方法!経歴&プロフィールまとめ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です